こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 大西つねき
いいね!

    「私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      痛快。
      おもしろい。

      しかし、日本の戦後の復興から成りあがった貿易黒字がアメリカの国債にだいぶ流れていることは勿体ないですね。
      転換の発想は代議士でなくともやり方もありんじゃないかとも思うのですが...
      日本も大統領制だったらこういうビジョンも具現化しそうな気もしますが「大西総理」はどう考えても遠い道のりになりますね(;´Д`)

      (Amazon)
      日本人は300兆円以上タダ働き? 国の借金という大ウソ! 政府の借金の本当の原因と税金で返してはいけないワケ。資本主義は我々を幸せにするか? 格差はなぜ拡大するのか? 憲法を殺したのは誰か? 我々は何のために生き、死ぬのか?…… 政府の借金、格差、環境破壊──全てお金の発行の仕組みが原因! 国際金融の中心にいた元J.P.モルガンの為替ディーラーが、「フェア党」を旗揚げ。党首として掲げる本物の解決策が一冊に。こんな答えを待っていた! 夢と希望の政策実行宣言書。
      >> 続きを読む

      2019/08/12 by

      私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本