こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

宮澤賢治『銀河鉄道の夜』の物語構造

著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,050 円

夜と昼、文学と宗教、三次元と四次元、知ることとわかること、幼児的自我と新しい自我、西洋と日本...。『銀河鉄道の夜』のポリフォニー的世界。

いいね!

    「宮澤賢治『銀河鉄道の夜』の物語構造」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ミヤザワケンジギンガテツドウノヨルノモノガタリコウゾウ
    みやざわけんじぎんがてつどうのよるのものがたりこうぞう

    宮澤賢治『銀河鉄道の夜』の物語構造 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本