こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

妖精たちが見たふしぎな人間世界

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: スヴェータ・ドーロシェヴァ
いいね!

    「妖精たちが見たふしぎな人間世界」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      人間は実在する!妖精たちが証拠を集めた本。



      誕生日に娘に買ってもらった本
      まず、自分じゃ買わない分野の高い本(〃艸〃)ムフッ


      マール国に住むグノーム、エルフ、フェアリー達(妖精界)の
      《石の花》の国(人間界)に住む住人達の観察日記。

      ひょんな事でおとぎ話の世界である
      人間界に紛れ込んでしまったマールの国の人達が見た人間の実態とは!?

      "臆病者"タンテロボブスの[人体解剖図]に
      なるほど!!と…結構的を得ているよ

      人間の胸の中には【心臓】が入っています
      心臓は《なんでもお見通し》です。
      また翼を持ちます。
      なぜなら胸から飛び出して行くことがあるからです。
      心臓はルビーでできているので、
      《打ち砕かれる》ことがあります。



      【内面の世界】
      豊かな世界と貧しい世界があります。
      全ての人間はそれぞれに異なる世界を持っていて、
      ただ1つとして目にすることができませんでした。
      人間は、内面世界を箱の中にしまい込み、
      誰にもみせないのです。


      【カエル】
      人間の腹の中がからっぽの時には、
      カエルが鳴き声をあげ、
      腹から「くわっくわっという音」聞こえてきます


      【心】
      精巧な金銀細工構造、
      それぞれの人間にとって唯一無二のもの。
      一説によると、心は心臓のそばにあるそうです。
      また別の説では
      全身を貫いてるのだとも言います。

      などなど↑
      その通り(。-`ω´-)キッパリ!!
      よく人間をここまで観察したもんだ\(◎o◎)/


      鉄の昆虫(車)や
      人の思考を読める箱(手のひらに収まる魔法の小箱)など
      的確に本質をついてたり…
      読んででなるほど!!と思う事が多かった。


      ウクライナのアーティストのイラストで不思議な世界観
      まぁ~妖精が見た人間界だからね!(b^ー°)



      >> 続きを読む

      2017/12/27 by

      妖精たちが見たふしぎな人間世界」のレビュー

    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    妖精たちが見たふしぎな人間世界 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    小暮写真館I

    最近チェックした本