こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

親を殺したくなったら読む本 (親に疲れた症候群の治し方)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 石蔵 文信
定価: 1,404 円
いいね!

    「親を殺したくなったら読む本 (親に疲れた症候群の治し方)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      親を殺したくなった読む本(親に疲れた症候群の治し方)。石蔵文信先生の著書。殺人事件の半分以上は家族間で起きていて、家族に殺意を抱く理由には毒親による過干渉問題や介護問題がある。少子高齢化で過干渉家族が増えているのは間違いないこと。適度な距離感の家族関係が大切です。

      2018/11/04 by

      親を殺したくなったら読む本 (親に疲れた症候群の治し方)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    親を殺したくなったら読む本 (親に疲れた症候群の治し方) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本