こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

億男

3.3 3.3 (レビュー14件)
著者: 川村 元気
定価: 1,512 円
この書籍に関連するページ
第12回 本屋大賞 / 10位
いいね!

    「億男」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      お金に縁遠いせいか鈍感なのか、話題になったほど面白さ分からず。オチの出来も「芝浜」のが見事なだけにボヤケた感じに映った。映画は未観。

      2019/04/12 by

      億男」のレビュー

    • 評価: 3.0

      弟の借金を肩代わりして返済するため、昼も夜も働き、妻と子供に出ていかれてしまった主人公。ある日、福引で当たった宝くじで3億円を手に入れる。ベンチャー企業を起こし成功した学生時代の親友に相談しに行くも・・・。お金と幸せの答えを見つけるためにさまよう物語。しかし結局主人公がそれを見つけたかがよくわからなかった。

      2018/12/08 by

      億男」のレビュー

    • 評価: 3.0

      弟の借金を肩代わりし、その事で妻子と別居状態になり溝が深まっていく主人公。
      そんな彼が宝くじで三億円を当てた!
      ただ、急に舞い込んだ巨額のお金をどのように扱えばいいか分からず、彼は大金持ちになった大学時代の親友のもとを訪れるが…。

      お金と人間というテーマとして面白い内容だった。それぞれお金に対する考え方が違う人物と会っていく主人公。
      お金について考え方が変わっていくが、まぁ最終的な結論は予想通り。

      仕方ないのかもしれないが、各キャラが設定を説明するための人物像、という感じがして人間味がなかった。
      妻に至っては意見の押し付けがひどくて主人公を突き放して勝手に諦めてるだけ。

      設定や発想は面白くて、あれこれ想像しながら読むことができる。
      >> 続きを読む

      2018/10/24 by

      億男」のレビュー

    • この作品、映画化されますよね。
      地元のローカル番組の映画新作情報で予告観ました。

      お金に纏わるお話だからエグかったり身につまされるような描写もあるのですかね。

      お金は生活引いては生きていくのに切っては切り離せないものなのでそういう部分がエンターテイメントにどう昇華されているのか凄く気になりますっ!

      億男と聞くと億人、同じ男がいるのかとか億男(おくお)くんの半生かなとかちょっと思ってしまいますが(笑) そこはストレートにお金、それも宝くじで億万当選というど直球な設定で好感が持てます。

      ただ、お金の話だから自分も「ウッ・・!」と思うようなシーンなどがあって読みたいけど読むの怖い・・・みたいな二律背反的な気持ちがレビュー拝見させて頂いてグルグルと脳内を駆け巡っています(笑)
      >> 続きを読む

      2018/10/25 by 澄美空

    • 澄美空さん、コメントありがとうございます。
      映画化されるみたいですねー。けっこう映画向けな作品な気がします。

      本作ではエグさはないです。お金に振り回された人達がどう変わってしまったのか(良かれ悪かれ、やはりお金は人を変えるみたいです)が見所だと思います。
      そういう意味では読む人によっては「ウッ・・!」となるシーンもあるかもしれません(笑)

      タイトルは少し変わってますね。まんま、億のお金を手に入れた男だと思いますが、億男(おくお)くんはなかなか鋭い意見です。
      ネタバラシという程でもないですが、本作に出てくるキャラは全員数字が入っているのです。主人公は一。そこから十、百、千、万がつく人達と会っていく。そして…。

      映画にもなったことですし、読んで損はないかと思います。
      >> 続きを読む

      2018/10/25 by 豚の確認

    • 評価: 3.0

      身内の金事情により家庭が崩れ始めていた主人公・一男が、ひょんなことから三億円を手に入れる。そこから一男は、「お金と幸せの答え」を探していく。

      読了後とても面白かった!!とはならなかったものの、登場人物それぞれのお金の関わり方や世界の有名人のお金の名言等があり、知識を増やすことできて満足です。

      最後の一男と娘のシーンは、一男なりの「お金と幸せの答え」を見つけられたようで、心温まりました。

      しかし、妻の「欲がない」主張は理解しがたかった…。。。 >> 続きを読む

      2018/09/16 by

      億男」のレビュー

    • 評価: 3.0

      カネの亡者の精神の旅について

      川村さんは仕掛け人、ヒットメーカーである。
      「電車男」「モテキ」「おおかみこどもの雨と雪」、いま話題になってる「寄生獣」などの制作、プロデューサーだ。
      で、本作。またコレが万人が興味をそそる内容。
      「宝くじが当たったらどうなるか」である。
      小説というほど堅苦しいところもなくサラリと読む感じで誰しも興味深い「お金」というものをエンタメ要素にしちゃってる。
      読後感は...あたらしい価値観や教訓はのこらなかった(;´Д`)

      (Amazon解説)
      宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。浮かれる間もなく不安に襲われた一男は、「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。だがその直後、九十九が失踪した―。ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ…数々の偉人たちの“金言”をくぐり抜け、一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。人間にとってお金とは何か?「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?
      >> 続きを読む

      2018/09/03 by

      億男」のレビュー

    もっとみる

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    億男 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本