こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

壁にぶつかったら僕は漱石を読む

著者:
カテゴリー: 日本文学
定価: 950 円

悩みは深い浅い、重い軽いでは測れません。おおもとにある、心の苦しみが問題なのです。漱石の小説は、夫婦関係や親子関係、進学や職場の問題、恋愛・友情、癒しと、現代の私たちに通ずる悩みや問題が描かれていて、それらを今の状況にあてはめて考えることで、ヒントや解決策を探るものになっています。

いいね!

    「壁にぶつかったら僕は漱石を読む」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    カベニブツカッタラボクワソウセキオヨム
    かべにぶつかったらぼくわそうせきおよむ

    壁にぶつかったら僕は漱石を読む | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本