こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

十八番の噺ー落語家が愛でる噺の話

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 三笑亭夢丸桃月庵白酒春風亭昇太瀧川鯉八春風亭昇々柳家わさび立川生志立川こはる林家正蔵柳亭小痴楽柳家喬太郎
いいね!

    「十八番の噺ー落語家が愛でる噺の話」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      落語家さんの十八番(オハコ)の噺はと、御本人さんに聞いたはなし。

      普通周りからで、自ら十八番というのも、なんだかといいながら、
      単にウケルネタ、得意ネタというだけではなく、
      創意工夫もし、思い入れのあるネタ、解釈・工夫・しやべりの楽しさ、
      企業秘密ともいううべきことをご披露。

      一番、こと細かにお教え願ったのが「立川生志」さん。
      落語は「お見立て」「紺屋高尾」「柳田格之進」

      春風亭昇太さんが、「ストレスの海」「権助魚」
      桃月庵白酒さんが、「松曳き」「火焔太鼓」「幾代餅」
      柳家喬太郎さんが、「ハワイの雪」「按摩の炬燵」
      林家正蔵さんが、「しじみ売り」

      未来の十八番と若手が六人、

      三笑亭夢丸、「あたま山」
      立川こはる、「金明竹」
      春風亭昇々、「雑俳」
      瀧川鯉八、「科学の子」
      柳亭小痴楽、「一目上がり」
      柳家わさび、「桃太郎」「佐々木裁き」

      十八番とは、是非聴いてみたいもんですな・・・・・・。


      >> 続きを読む

      2018/09/15 by

      十八番の噺ー落語家が愛でる噺の話」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    十八番の噺ー落語家が愛でる噺の話 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本