こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

アニメと生命と放浪と

「アトム」「タッチ」「銀河鉄道の夜」を流れる表現の系譜
カテゴリー: 映画
定価: 840 円

若き日に手塚治虫の『鉄腕アトム』のTV化に携わり、「命なきものに命をあたえる」というアニメの極意を感受した杉井ギサブローは、その真髄の表現を求めて、求心的に歩んできた。時には、その高い理想のためにアニメの世界を離れ、10年の放浪の旅を続けた。やがて、日常と生死の繊細且つ静謐な世界を描くあだち充の『ナイン』『タッチ』の世界をアニメ表現の土壌で開花させるために復活し、そして遂に、この孤高のアニメ師は、宮沢賢治に辿りつく。もちろん、その本当の意味での旅は、まだ、終わっていない。日本アニメの歴史の深淵的な一面を伝える待望の一冊。

いいね!

    「アニメと生命と放浪と」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アニメトセイメイトホウロウト アトムタッチギンガテツドウノヨルオナガレルヒョウゲンノケイフ
    あにめとせいめいとほうろうと あとむたっちぎんがてつどうのよるおながれるひょうげんのけいふ

    アニメと生命と放浪と - 「アトム」「タッチ」「銀河鉄道の夜」を流れる表現の系譜 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本