こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

熱く生きる

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 天野 篤
カテゴリー: 個人伝記
定価: 1,680 円
いいね!

    「熱く生きる」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      河崎一夫先生の言葉
      「君に強く求める。医師の知識不足は許されない。知識不足のまま医師になると、罪のない患者を死なす。知らない病名の診断は不可能だ。知らない治療をできるはずがない。そして自責の念がないままに『あらゆる手を尽くしましたが、残念でした』と言って恥じない。(中略)医師に知らざるは許されない。医師になることは、身震いするほど怖いことだ。」

      経験の積み重ねによって、若手と私とでは判断と技量のゾーンが違うのだから、「お前に任すよ」という言葉は、自分に対する甘えと妥協の言葉になるので、私は言わない。

      自分で選んで行っている仕事に常に「完璧な完成度」を目指し、そこをひたすら求めていく限り、飽きるということは全くなく、もし飽きるという感覚があるとしたら、中途半端に妥協していることにほかならず、それは「このくらいでいいだろう」という甘えにもつながる。

      過去の失敗を思い悩んでいるなら、隣の人の役に立つことをして、感謝されると、また新しい景色が見えてくる。

      部下の医師に執刀を任せる時には、手術の準備を怠りなく重ねていること、患者さんについて「自分が1番よく知っている」という思いがあること、そのプライドをさりげなくアピールできること、の3点が整っているかをまず判断し、その上で技術的に問題ないかどうかの判断をする。

      医学の知識だけでなく、世間の教養も身につけておかないと、患者さんの気持ちに寄り添うことはできない。
      >> 続きを読む

      2015/05/23 by

      熱く生きる」のレビュー

    • 医者って責任のすごく重い職業ですよね。尊敬します。

      2015/05/25 by tenbin-kun

    • >iceさん
      コメントありがとうございます!
      これだけ技術も持っている方が、技術は最後、っていうのが重いですよね。

      >tennbin-kunさん
      コメントありがとうございます!
      フォローさせてください。
      >> 続きを読む

      2015/08/14 by oga


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アツク イキル
    あつく いきる

    熱く生きる | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本