こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

フジ子・ヘミングの「魂のことば」

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 音楽史、各国の音楽
定価: 1,260 円
いいね!

    「フジ子・ヘミングの「魂のことば」」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      ピアニスト、フジ子・ヘミングさんの本。
      魂の叫びともいえる言葉を綴る。

      音楽そのものに対してよりは、人生そのものに対して語られる。

      それは、芸術とは精神の積み重ねで、人生体験を経てできるものだと。

      十数年前のNHKのドキュメンタリーの番組で初めて知りましたが、
      あの、自宅での猫と戯れ、音楽と戯れ、草木と戯れ、
      部屋と戯れておられたのを思いだします。

      沢山の「魂のことば」の中から、一番気に入ったのを書き写すと

      人生に無駄なことなんか、ひとつもない。
      生きるってことは、いろいろ経験すること。
      その時は、自分とはまったく関係のないことのようでも、
      その経験が大切に思える時がきっとくる。

      谷あり、山あり・・・・人生いろいろ。

      人生は諦めたら終わり、希望を捨てず、クヨクヨ渡らぬこと。

      to be continued でおますな。
      >> 続きを読む

      2013/12/19 by

      フジ子・ヘミングの「魂のことば」」のレビュー

    • >to be continued

      そんなグループいましたよねー

      2013/12/20 by makoto

    • > to be continued

      ボーカルだった岡田浩暉さんが、淡路鋼材の社長・板橋役で半沢直樹にも出てましたね。 >> 続きを読む

      2013/12/21 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    フジコヘミングノタマシイノコトバ
    ふじこへみんぐのたましいのことば

    フジ子・ヘミングの「魂のことば」 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ダーリンの東京散歩: 歩く世界