こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

魔斬姫伝退魔師たちの淫獄

カテゴリー: 小説、物語
定価: 935 円

日本を古来より霊的に守護してきた組織「神器省」に所属する斬魔師・鷹城八雲。かつて自らを陵辱した淫魔への復讐心を漲らせ、戦い続ける彼女だったが、上司の裏切りによって淫罠へと搦め捕られてしまう。淫魔との戦いで敗北し、女としての快楽を味わわされた八雲は自らの内に燃えあがる肉欲の炎に身を焼かれる。彼女は魔を断つ刀と信頼関係を維持するため、セックスを禁じられていたのだ。そんな八雲に淫魔が取り引きを持ちかけてくる。彼女の暴行事件を揉み消す代わりに、一度セックスして欲しいというものだ。揉み消しのためと自分に言いきかせながら取り引きに応じる八雲。だが触手と肉根がもたらす快楽に狂わされ、女は肉悦の虜にされ堕ちていく。

いいね!

    「魔斬姫伝退魔師たちの淫獄」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    マザンキデンタイマシタチノインゴク
    まざんきでんたいましたちのいんごく

    魔斬姫伝退魔師たちの淫獄 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本