こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

淫堕の姫騎士ジャンヌ

カテゴリー: 小説、物語
定価: 935 円

魔術師ジェリクの陰謀により、男たちから媚肉を貪られる王女ジャンヌは、騎士長キースの手で救出される。恋心を抱く若き忠臣に己の身体を捧げ、一時のやすらぎを得るジャンヌだが、彼女の肉体は、すでにオーガの巨根を欲するまでに淫らに調教されていた。再び囚われた王女は、キースの目前でオーガの族長ギドーから犯される絶頂姿を晒してしまう。さらに強制受胎の魔術を施され、オーガの子を宿したジャンヌは、精液を求めて疼く子宮に翻弄されるのだった。幼いオーガの子どもたちから母性を刺激される母子姦調教、そしてついには、国民の前で孕み腹を晒す出産披露宴まで体験させられるジャンヌ。気高き姫騎士を陵辱劇の末に待つものとは?待望の完結編。

いいね!

    「淫堕の姫騎士ジャンヌ」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    インダノヒメキシジャンヌ
    いんだのひめきしじゃんぬ

    淫堕の姫騎士ジャンヌ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    GANTZ - 1

    最近チェックした本