こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか?

カテゴリー: 政治史・事情
定価: 2,520 円

かつての世界の憧れの国は、根底から変わってしまった。アメリカン・デモクラシーは姿を消し、人口の13%が飢え、16%が医療保険に入れず病院に行けない超格差社会となり、教育の場では宗教が科学と入れ替わろうとしている。これは、“彼ら”が「四つのM」(マネー、メディア、マーケティング、マネジメント)を駆使し、財団、シンクタンク、ロビー活動、政党、弁護士、活動家組織を通して、じっくりと戦略的にアメリカを乗っ取る「長征」を行なってきた結果である。本書は、米国社会と権力にメスを入れ、“彼ら”の戦略と戦術を詳細に分析した、欧米で話題の書である。

いいね!

    「アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか?」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アメリカワキリストキョウゲンリシュギシンホシュシュギニイカニノットラレタノカ
    あめりかわきりすときょうげんりしゅぎしんほしゅしゅぎにいかにのっとられたのか

    アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか? | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本