こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

最凶の恋人

ルームメイト
5.0 5.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 893 円

「おまえだけは最初からまっすぐに俺を見てきた」全寮制の学園で千住組組長の息子・柾鷹と寮の同室となった遙。閉ざされた密室で、遙は柾鷹に欲望のまま犯され続ける。抗いつつも、淫らに蕩ける快楽に浅ましく反応してしまう身体と、柾鷹に対して感じる苦しく甘い不可解な気持ち。卒業とともに柾鷹から逃げた遙の前に、十年の時を経て柾鷹が現れ...!BL史上に名を刻む伝説のシリーズ、新作書き下ろしストーリーを加えてついに登場。

いいね!

    「最凶の恋人」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      最凶の恋人シリーズ1
      極道ものにはほとんど食指が動かない私を夢中にさせてくれそうな予感がする。全巻揃えたくなった。

      『roommate ルームメイト』
      朝木遥は全寮制の学園で高校の3年間、千住組組長の息子柾鷹と同室になり体を支配され続けるが、心は自由だった。卒業と同時に柾鷹から逃げた遥は10年後、母校の教え子国香知紘の父親として現われた柾鷹と再会する。

      『My Load 支配者』
      柾鷹の息子知紘は、本家で暮らす同い年の生野に抱いてほしいと迫るが...。

      『in the bathroom そのあと』
      熱い夜を過ごした知紘と生野の後朝の入浴。

      『line 体育祭にて』(書き下ろし)
      知紘の体育祭に出向いてきた柾鷹の目当てはもちろん担任の遥だった。

      遥に対して愛情ダダ漏れの柾鷹がほほえましい。はじめから対等に柾鷹と渡り合う遥も潔くて好感がもてる。
      あとがきによれば、このシリーズはお笑い度高めで肌色シーン多めだそうで、大人のカップルのエピソードはもちろん、若いカップルが成長していく過程も楽しめそうである。
      この作者の本を読み終わるたびに思うことだが、何を読んでもハズレがなくて楽しませてくれる。
      >> 続きを読む

      2016/11/09 by

      最凶の恋人」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    サイキョウノコイビト ルームメイト
    さいきょうのこいびと るーむめいと

    最凶の恋人 - ルームメイト | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本