こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

おべんとうの時間

5.0 5.0 (レビュー3件)
カテゴリー: 食品、料理
定価: 1,470 円

土屋継雄さん―集乳;酒匂茂さん―霧島町蒸留所;越智日出子さん―みかん栽培;石井春美さん―看護師兼馬体重測定係;松井利夫さん―大学教授;里見幸子さん―海女;北原孝訓さん―手延べ素麺職人;田宮芳子さん―砂かけさん;立花夏希さんと馬のナナ―馬牽き;村崎新八さんと猿の勘平―猿まわし〔ほか〕

いいね! kentoman

    「おべんとうの時間」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      ふと思いついて、「お弁当」をキーワードに検索したとき、この本と出会いました。

      見聞きしたことのないお仕事をされている方も多く登場され、人柄や地域の"色"にも興味が湧きます。
      そして、お弁当。凝ったものも、おにぎり一つでも、なんでこんなに、見ていて幸せになれるのでしょう。
      誰かの想いを感じられるからかなぁと思いました。

      写真とお一人お一人のお話に、心温まる一冊です。
      続編ももちろんオススメです!
      >> 続きを読む

      2016/07/13 by

      おべんとうの時間」のレビュー

    • 見ていて幸せになりそうな本ですね

      2016/07/13 by 瑠李凛

    • 評価: 5.0

      おべんとうっていいと、改めて思った。
      こうやって見て行くと、弁当箱から始まって、お箸にも目が留まる。
      ご飯・おかず・・・そして、皆さんの写真とかで、その方のご家庭の雰囲気とか、考え方とか、いろんなものが伝わってくるようだ。
      一方で、へえ~こんなお弁当もあるんだとか、そうだよね~と納得したり、飽きることがない。
      我が家も、職場に食堂がありながらも弁当だ。
      始まりは、今、大学3年の娘(読んだ当時で、今は社会人1年生)の高校入学。
      一つも二つも三つも同じだという、かみさんの一言で始まった。
      弁当のふたを開ける時の楽しみは、毎日のこと。
      >> 続きを読む

      2014/09/06 by

      おべんとうの時間」のレビュー

    • >こうやって見て行くと、弁当箱から始まって、お箸にも目が留まる。

      最近はスープジャーなるものもあり、スープも持ち運べるとか。こんな製品もあるのかと雑貨店のお弁当コーナーに行くと驚かされます。 >> 続きを読む

      2014/09/06 by hiyoko

    • けんとまん さん

      このおべんうの時間の第2弾が既に発売されてますよ。

      新たな39ものおべんとうが覗けます・・・・・よ。
      >> 続きを読む

      2014/09/07 by ごまめ

    • 評価: 5.0

      阿部了・直美夫妻が綴る、ANA機内誌「翼の王国」の人気NO1エッセイ。
      なぜかしら、ふしぎに、心あたたまる本である。

      おべんとうの時間・・・・一人4ページ、
      まずは、お弁当のもちぬしの全身写真と、大写しの主役、おべんとう。
      次の見開きには、それを食べているところと、そしてべんとうにまつわるお話しが、
      おべんとう同様にシンプルな構成だが、おべんとうの蓋をとるのが楽しみなように、
      ページをめくるのにワクワクする。

      人様のお弁当、それも、運動会とか遠足とかのハレの日のお弁当ではなく、
      毎日、毎日の昼の食事として食べている、いたって飾気のない普段のおべんとうである。

      仲間といっしょにおしゃべりしながら食べるお弁当。
      仕事の合間に一人で食べるお弁当もあるが、
      そこには、作り手の妻や母の想いが、そばにある。

      ある損保の営業さんは、・・・「中身のことは何も言いません。うん、それはもう
      言わないことにしている。もし嫌なことを言われたら、作らないよね、
      やっぱり、弁当ってふたりして食べるものだと思うんです。
      作る人と作ってもらう人のふたり。作ってくれる人の気持ちは伝わるから
      ありがたいなぁと思います。そしたら、何も言えないです。」

      愛妻弁当は、つまり愛情弁当なんですな。

      39人、39個の、おべんとうが紹介されてます。

      わたくしめも、今度の休みには、妻に愛情をこめておべんとうをつくり、
      近くの公園にでも行って二人いっしょに、ゆっくり40番めを食べたくなりましたな。


      追伸

      この本が、2011年の私のBEST・1でおました。
      >> 続きを読む

      2013/06/03 by

      おべんとうの時間」のレビュー

    • >やっぱり、弁当ってふたりして食べるものだと思うんです。
      >作る人と作ってもらう人のふたり。

      素敵ですね。お互いがそういう風に思っているなら、作る側も作ってもらう側も気持ちよくご飯の時間を過ごせますし、毎日のささいな習慣が嬉しい一時に変わる予感がします。
      >> 続きを読む

      2013/06/04 by kurumin

    • ごまめさんのレビュー見てたら、おなかすいてきましたw

      2013/06/04 by evitceted


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    オベントウノジカン
    おべんとうのじかん

    おべんとうの時間 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本

    阿部直美の作品