こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

日本人の99%が知らない戦後洗脳史 嘘で塗固められたレジーム

3.5 3.5 (レビュー2件)
著者: 苫米地 英人
定価: 1,300 円
いいね!

    「日本人の99%が知らない戦後洗脳史 嘘で塗固められたレジーム」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      タイトルと内容は少々異なっており、前半は戦前・戦後直後の金融資本について語られている。主に後半に、日本の「戦後レジーム」についての記述があり、この辺り勉強になった。

      戦後レジームといえば、発足間もない第二次安倍政権が「戦後レジームからの脱却を・・・・・」と標榜していたことを思い出す。当時は「支持層へのアピール」と軽く捉えていたが、本書を読むとその重要性が窺える。

      いまさら米国からの独立なぞ考え難いが、自国が生き残るために、自国の置かれている状況を把握することは重要だ。というのも、国民の意識・気質が国防に大きく寄与するからだ。そしてそれらは、情報へのアクセスによって形成される。特に、昨今の泥沼化するシリア情勢や、緊迫化する朝鮮半島のニュースを聞く度にそう思う。

      最後に、本書でも記述のある国際連盟の敵国条項には恐怖を覚えた。国家間における本条項の重要性は測りかねるものの、憲法改正のみならず、こちらに対する方策も立案しないと再軍備は難しく感じる。
      >> 続きを読む

      2017/04/12 by

      日本人の99%が知らない戦後洗脳史 嘘で塗固められたレジーム」のレビュー

    • 評価: 4.0

      やっぱりね。
      日本は”敗戦国”としてアメリカの利益のために上手~く利用され続けているのね。正確にはアメリカの大資本家、ウォール街の大金持ちに。で、日本の権力者も自分の利益のためにアメリカを利用(対米従属)する。まあ、そんなとこでしょうね。社会なんてそんなものですよ。今の政治のなぜ?がよく分かります。腑に落ちます。

      でも、どうしたら日本がJAPAN(大日本帝国)ではなく日本(NIHON、NIPPON)という真の独立国として世界から認められ、(みんなと仲よく)自立して生きていくことができるか、その一つの方法も提案されているので希望はあります。

      それにしても、日本の権力者というのは・・・・

      日本の一般大衆は(権力者の利益のために)貧乏であるべきですと~!?

      メディアも権力だからね・・・ 一般大衆はしてやられてるわけだ・・・

      まあ権力者も(だから?)煩悩だらけの人間ですから・・・

      そんなもんだ。

      人は人、自分は自分。社会をあてにせず、向上心と慈悲の心だけもって清く生きていくんだもんね~。

      あてにはしない。期待もしない。でも、できる協力はしますよ。貢献はしたいと思う。
      人(人間)はしかたない。でも、社会はなんとかなるかも知れない。真実が見えれば。

       >日本国民の真の敵は、自分の利益のためにアメリカを使う、日本の権力者たち

      でも権力者たちも気の毒ですよ。エゴから抜け出せないのだから・・・

      日本人なら読んでおくといいと思います。洗脳されて?見えてないことが多いから。知らないとびっくりします(ええ~ホントに~!?)。
      >> 続きを読む

      2014/12/02 by

      日本人の99%が知らない戦後洗脳史 嘘で塗固められたレジーム」のレビュー

    • >知らないとびっくりします(ええ~ホントに~!?)。

      たいていのことは知らないので、よほどのことがないと、びっくりできないんですよねーw >> 続きを読む

      2014/12/02 by makoto


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    日本人の99%が知らない戦後洗脳史 嘘で塗固められたレジーム | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本