こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

赤い夕陽の追憶

カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,050 円

旧満洲―昭和の始め、亮介は混沌とした大陸に生を受ける。複雑な世相の中でも、両親は強く優しく導いてくれた。だが父が関東軍勤務という関係で、亮介は鉄嶺から北安、孫呉、ハルピンと大陸を転々とすることになる。信頼する人びととの別れ...。しかし、憲兵伍長の山岡に教えてもらったハーモニカが、亮介の生活の大きな支えとなってくれたのだ。そんな亮介を見守るかのように赤い夕陽がかがやいていた...。

いいね!

    「赤い夕陽の追憶」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アカイユウヒノツイオク
    あかいゆうひのついおく

    赤い夕陽の追憶 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本