こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

魔法にかかった男 (ブッツァーティ短篇集)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: ディーノ ブッツァーティ
いいね!

    「魔法にかかった男 (ブッツァーティ短篇集)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      【名手による極上の短編を堪能あれ】
       本書は、プッツアーティの短編20作を収録した作品集です。
       日本で独自に編纂されたものだそうで、時代的には初期から中期にかけての作品になるそうです。
       中にはショート・ショ-ト的な非常に短い作品もありますが、どの作品も質の高さが感じられます。
       非常に短い作品もあるため、ネタばれしないようにご紹介するのは難しいのですが、雰囲気だけでもお伝えしましょう。

      〇 チェーヴェレ
       7年ごとにチェーヴェレと呼ばれる不思議な男が川を船に乗ってやって来ると言われています。
       チェーヴェレは、森の中から死んだ者を集め、船に乗せてどこへともなく消えて行くというのです。
       今年はその7年目の年。
       それを確かめようとする男の話です。
       大変幻想的な作品。

      〇 変わってしまった弟
       いたずら者の弟が寄宿舎に入れられることになります。
       寄宿舎なんてとんでもないところだと考える兄弟は、弟が寄宿舎から脱走するための準備として、秘密の連絡の仕方、暗号などを予め決めておきました。
       その後、兄は弟との取り決め通り、寄宿舎にいる弟と連絡を取ろうとするのですが、弟は一向に反応しません。
       一体どうしてしまったというのか?

      〇 新しい警察署長
       新しい警察署長が町に着任しました。
       署長は町を一望できる塔に登り、町を見渡しました。
       すると、一本の旗が風になびいているのが見えたのです。
       あの旗は何だ?
       署長は、副所長を伴って旗が立っている家に行き、その旗は何だ?と問いただすのですが、誰もはっきりしたことを話しません。
       署長が町並みに目をやってみると、そこには……。

      〇 エレブス自動車整備工場
       ろくでもない男が急に人生の成功を手に入れました。
       その男は、エレブス自動車整備工場の親父と契約を交わしたのです。
       その親父、実は悪魔でして、魂と引き換えに男の望みを叶えてやったというわけです。
       主人公は優れた男でしたので、魂を売り渡すようなことは絶対にすまいと固く心に誓いました。
       しかし、主人公は老境を迎え、うらぶれてしまった自分に気付くのです。
       今こそ魂を売り渡して幸せを手に入れる時だ。
       エレブス自動車整備工場に行き、親父に話を切り出したところ……。

      〇 屋根裏部屋
       画家である主人公は、ある日、家の屋根裏部屋に美しい林檎が山積みになっているのを見つけます。
       誰がこんなにたくさんの林檎を運び入れたんだ?
       主人公が林檎を一つ食べてみたところ、驚くほど美味なのです。
       もう恍惚となってしまう程に。
       主人公は、その後この林檎に取り憑かれてしまうのですが、他方で林檎を食べ終わると強い罪悪感のような感情を抱くようにもなります。
       また、無気力に襲われてしまい、絵もまったく描けなくなってしまいます。
       もう林檎を食べるのをやめなくては。
       ちょうどその頃、町にペストが蔓延し始め、多くの人が命を落としていました。
       怖くなった主人公は、二度と林檎を食べないのでペストにかからないようにしてくださいと神に祈ったのです。
       これは一石二鳥の願いだと思いながら。
       しかし、主人公の耳には「神なんかいないんだから林檎を食べてしまえ」と囁く悪魔の声が聞こえてきます。
       何度も誘惑に負けてしまう主人公。
       こんなに神との約束を破ってしまったのだから、一時に大変な不幸が訪れても文句は言えない……。

       様々なタイプの作品が収録されており、皮肉な結末の話、少しうすら寒くなるような怖さをもった話、寓話的な話、SFっぽい作品もあります。
       また、神と悪魔を取り扱った作品も何作かあります。
       うまいなぁと感心してしまうような作品ばかりであり、十分に楽しめる一冊だと思います。


      読了時間メーター
      □□□     普通(1~2日あれば読める)
      >> 続きを読む

      2020/09/09 by

      魔法にかかった男 (ブッツァーティ短篇集)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    魔法にかかった男 (ブッツァーティ短篇集) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本