こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

窓から逃げた100歳老人

2.8 2.8 (レビュー3件)
定価: 1,620 円
この書籍に関連するページ
第12回 本屋大賞 / 翻訳小説部門3位
いいね!

    「窓から逃げた100歳老人」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      アラン・エマヌエル・カールソンは
      2005年5月2日に
      100歳になった

      思うところがあって
      老人ホームの誕生パーティーの前に
      窓から逃げ出す

      そして
      ユニークな面々と
      ユニークな出会いをする

      この本編に
      1905年から様々な歴史を彩る
      アランの人生が挟まってくる


      アランを筆頭に
      登場人物どれもこれも強烈

      ある有名な人物の弟が
      私にはツボで、
      通勤電車で笑いをこらえながら読んでいる身としては
      この弟がネックだった


      エピローグはあるものの
      6月16日でお話は終了する

      けれども
      たったの1ヶ月半ではなく
      100年の出来事を楽しめる為、
      読み終わった後の満足感は
      尋常じゃなかった
      >> 続きを読む

      2020/07/11 by

      窓から逃げた100歳老人」のレビュー

    • 評価: 評価なし

      これゼッタイ面白いと元書店員のカンがしきりに訴えてくる。
      主人公ほど波乱万丈でなくとも、たとえば日本でもご老人は皆、戦争をくぐり抜けており、おじいちゃんのほとんどは生き残って帰ってきてるんだし。
      この本の趣旨とはズレてるかもしれないが、ご老人は尊敬に値するってことを再認識できるような感じがした。だれひとりとして歴史を背負っていない人間はいないんだ、ってことも改めて思う。
      元気も与えてもらえそうだ。この本を読むと。

      2014/09/27 by

      窓から逃げた100歳老人」のレビュー

    • >これゼッタイ面白いと元書店員のカンがしきりに訴えてくる。

      そのカン、素敵ですね!
      私は自分の勘を信じると外すことが多いので、羨ましいです~ >> 続きを読む

      2014/09/28 by chao

    • 評価: 2.0

      邦訳が出た。と思ったら日本で映画公開されるらしい。読んでから見るか、見てから読むか。

      タイトルだけで、ぞくぞく感が湧き起こる。高齢化社会の深層をどこまで描いて愉しませてくれているのだろう。

      2014/06/29 by

      窓から逃げた100歳老人」のレビュー

    • 最近、田舎の町内放送で高齢者の失踪をよく耳にしますが、何が高齢者をそうさせているのかが分からなかったりします。

      認知症等で片づけていいのかな?と思ったり…
      >> 続きを読む

      2014/06/30 by moon_light

    • たしかにタイトルに惹かれますよね.....笑

      2014/06/30 by Ject


    最近この本を本棚に追加した会員

    9人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    窓から逃げた100歳老人 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本