こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ジョットという名の少年

羊がかなえてくれた夢
4.0 4.0 (レビュー1件)
定価: 1,890 円

ジョットは今から700年くらい前に活躍したイタリアの画家です。聖書や聖人の話を、だれにでもわかるように、生き生きとえがきました。ジョットが世を去って100年以上たった1450年ごろ、ギベルティという彫刻家が、彼の話をかき残しています。少年ジョットが羊の番をしながら、だれに習うこともなく羊の絵をかいていると、画家チマブーエが通りかかり、その才能におどろいて、弟子にしたというのです。この絵本の物語は、この「羊の伝説」をもとにしたものです。フランスEspace Enfants特別賞、ドイツThe White Ravens特別賞受賞。

いいね!

    「ジョットという名の少年」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      今から七百年ぐらい前のイタリア。
      ルネサンスの最も最初の頃の偉大な画家・ジョットは、ただの羊飼いの少年だった。

      ジョットがどうやって才能を発揮し、見いだされるようになったか。
      伝説をもとに描いた絵本。

      とても面白かった。

      もう十年ぐらい前、一度イタリアに行った時に、アッシジの教会でジョットの絵を見たことがあったことを思い出した。
      またいつか行って見てみたくなった。

      人は、夢を持ち続け、その夢に向かって扉を叩き続ければ、いつか開く時もあるのだと思う。
      >> 続きを読む

      2013/05/03 by

      ジョットという名の少年」のレビュー

    • 画家で、生きている間は評価されなくて、何十年何百年と経ってから評価をされるみたいなこともけっこうありますよね。認められたよってその人に教えてあげたくなります☆ >> 続きを読む

      2013/05/04 by chao

    • <iceさん

      ジョットっぽい雰囲気ではあるのですが、表紙はジョット自身ではなくてこの絵本を描いた方の絵です^^
      ジョットは独特の雰囲気の絵で、たとえばこんな感じです。
      http://www.salvastyle.com/menu_gothic/giotto_compianto.html


      <makotoさん

      本当ですね^^
      そして、たぶん、それぞれなんらかの夢や希望や理想はちゃんと持っているはずなんですよね。
      ただ、世の中の冷たい風や厳しさに、それらを失いかける時があるということなんだと思います。
      若者の夢や理想を大切に育む世の中であって欲しいし、自分自身もまたそうあるべきですよね^^


      <chaoさん

      本当にそうですよね。
      ゴッホとかは、特にそうですよね。
      幸い、ジョットは生きている間にわりと認められたみたいです^^
      >> 続きを読む

      2013/05/05 by atsushi


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ジョットトユウナノショウネン ヒツジガカナエテクレタユメ
    じょっととゆうなのしょうねん ひつじがかなえてくれたゆめ

    ジョットという名の少年 - 羊がかなえてくれた夢 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本