こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

青木功物語

誰も書けなかった、ちょっといい話。
4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 青木功を心から愛する友の会
カテゴリー: 球技
定価: 1,890 円
いいね!

    「青木功物語」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      ゴルフに関する本ですが、
      技術的なことではなく人間“青木功”の物語。

      1000試合出場記念に出版された本で、
      103名の方から頂いたお手紙、原稿から青木功のゴルファーとしての凄さ
      人間としての魅力のあれこれを紹介。

      ひとことで言えば、出会った人が皆、
      人間臭くていつも真剣な青木功にぞっこん虜になる。



      鶴瓶さんが、ホノルル・インターナショナル・CCで一緒にゴルフを楽しんだ時のこと。

      18番で青木選手のセカンドショットは池を越え、
      「テレビCMをみているような、スーパ―ショット」

      「なんで遊びやのに、そんな凄いとこ見せまんねん」とツッコミ入れる鶴瓶さんに、
      青木さん、得意の大阪弁で
      「遊び時やから真剣にしまんねん。 真剣にせんと、本番のためになりまへんのや」と。

      顧問弁護士の方には、同じように
      「ボクはプロ。ゴルフが仕事なんでうよ。遊びでゴルフはできないんですよ。
      特に、パッティングの時は左手を強く握っていなければならないから、
      いつもの試合と同じようにしているだけですよ。」・・・・と。


      一方、40年来の付きあいしている著名人の言葉・・・
      一緒にハワイでラウンドしているとその方が打つ度に「それ、貸して」と
      使ったクラブを青木に渡す・・すると、青木は、そのクラブについた土をきれいに拭く。

      なぜなら、ハワイの土は赤土で、そのままにしているとすぐに錆びるから・・・、
      「いいよ、自分でやるから」というと「ダメ、口だけだから」と・・・最後まで続けた。

      世界の青木さんに、こんなことされたら、誰もがファンになってしまう。



      こんな、ちょっといい話が、たっぷり、の本でおます。
      >> 続きを読む

      2014/03/12 by

      青木功物語」のレビュー

    • >誰も書けなかった、ちょっといい話。

      せっかく本にするんだったら、すごいいい話にすれば良かったんじゃないかと思うんですよねーw >> 続きを読む

      2014/03/12 by makoto

    • 何事も真剣に取り組んでいる人って人間が出来ていくんでしょうね~

      2014/03/12 by ◆空太◆


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    アオキイサオモノガタリ ダレモカケナカッタチョットイイハナシ
    あおきいさおものがたり だれもかけなかったちょっといいはなし

    青木功物語 - 誰も書けなかった、ちょっといい話。 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本