こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

鏡の法則

人生のどんな問題も解決する魔法のルール
3.7 3.7 (レビュー7件)
カテゴリー: 人生訓、教訓
定価: 1,000 円

インターネットで爆発的に広まっている愛と感動の真実のストーリー。この短い物語には、あなたの悩みを解消し、運を開くヒントがあります。

いいね!

    「鏡の法則」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

       人生において何か非常に困った問題を抱えている方には
      その解決の一助になるかもしれない本です。
       
       他人の考え方や行動を変えることはできません。
      自分に変えることができるのは自分の考え方や行動だけです。
       
       「だからなんだ」「そんなの分かっている」
      とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、
      本書が端的に教えてくれることは
      現実に起こっていることはすべて自分の言動の結果である
      ということです。
       
       ですから「非常に困っている問題」もおおもとを正すと、
      自分ではまったく関係がないと考えていた
      なにかと深くつながっていることが往々にしてあるのです。
        
       本書は特に、何かとても許せないことやものがある方、
      誰かに対して根強い怒りをもっている方にオススメな本です。
      思いあたる方は是非 読んでみてください。
      宗教色はありませんので、その手の本が嫌いな方でも大丈夫です。 
      >> 続きを読む

      2017/10/29 by

      鏡の法則」のレビュー

    • 評価: 2.0

      この本に出会った当初本当に意味がわからなかった。
      どうして、親族に起きている災難事なのに、
      自分が悔い改める必要があるのか。

      どうして、謝って欲しい人に謝る前に
      自分が裏切られたと感じた人に謝る必要があるのか。

      つまりは、今までの概念で物を考えてたらこの謎は
      一生解けなかっただろうw

      全部逆ってね。本の中の許しのワークは既に実体験済み。
      かなり強力だけだと、やるにはエネルギーもいることよね。

      >> 続きを読む

      2016/04/04 by

      鏡の法則」のレビュー

    • >iceさん

      そうですね。自分を痛めていく事は確かに辛いですよね。
      ただ、私これ何でもそうだと思うんです。何でも出す事ってエネルギーを放出する行為なので、とても力を要すると思います。それも、自分が拒絶したい相手に対してそれを認める行為は想像を絶する程だと思うのです。

      ただし、逆にいえば普段そこに対して意識をしているわけで、無駄にエネルギーを消費していたりもするでしょうし。
      さらには、現在の固定観念がその出来事をきっかけに起きている訳で、本当は手放した瞬間とても楽になると思うのです。

      つまり、それが出来ない=手放したくない→あの人を敵にする事で現状維持が図れる→あの人と今に感謝みたいな図式で本心は解放される事を望んでいないのだと思います。

      ただ、多くは感謝までいかないので、この感謝を知らせる出来事が身内に起きている事柄であり、サインであると私は受け取っております。
      >> 続きを読む

      2016/04/06 by トナミン

    • 「かわいそうなのこの子でござい!親の因果が子に報い…」
      みたいな因果説って嫌いなんです。
      「情けは人のためならず」の本来の意味の方なら賛成ですが。
      心理学的にもあまりに自罰的すぎる思考回路は病気と診断されます。くれぐれもバランスが大事かと…。
      >> 続きを読む

      2016/04/06 by 月うさぎ

    • 評価: 評価なし

      良くも悪くも、会社の本仲間のあいだで話題になったので読んでみました。
      私にはピンときませんでした。
      評価のいいレビューが多いので、こそこそ投稿します。

      <著者からのコメント抜粋>
      ストーリーの主人公は、息子のいじめで悩む主婦・栄子です。彼女は、不思議なコンサルタント矢口氏から「鏡の法則」というゴールデンルールを教わって実践します。その結果、息子の悩みを解決するばかりか、長年ゆるせなかった父親と劇的な和解をします。そしてその過程で、幸せな人生を実現するための“最も重要な秘訣”まで手に入れます。
      ---------------------------------------------------------------------

      まず、「鏡の法則」と聞いて私が思ったのは、
      『自分が誰かに行ったことが、自分にそのまま返ってくる』
      というものでした。
      この本だと少し違う気がします。

      父←→自分←→息子(もしくはご主人)の中で、
      『ものごとはお互いにシンクロ(ここが著者による「鏡の法則)する』と書かれています。
      そのカウンセリングの中で、相談者と父との葛藤が一種解決を見たのと同時期に 息子に対するいじめが解決の兆しを見せる、というのがいかにもスピリチュアルで違和感を覚えました。

      相談者の中で考え方が変わる→息子への態度が変わる→息子が他者への接し方を 変える→いじめなくなる
      ならまだわかるのですが…

      もちろん、今までのわだかまりをこらえて、父に対して勇気を出したことは素晴らしいと思うのです。
      でも、これだけで全てが変わるのなら楽ですよね。

      なので、私にはどうも合わなかったようです。
      感覚に合えば感動の体験になるだろうし、 一切波長が合わなければ、「??? で????」という感想しか持てない本だと思いました。
      >> 続きを読む

      2015/09/07 by

      鏡の法則」のレビュー

    • 題名を見ると面白そうですね。
      あわないときレビューを書くのが面倒で、勇気が要ります >> 続きを読む

      2015/09/07 by 空耳よ

    • 空耳よさん
      合わない本のレビューはなかなか書く気になれませんね~。
      評価高い本だとなおさら。
      合わないと書きながら「評価なし」にしているのは、心の弱さの表れです。笑
      >> 続きを読む

      2015/09/07 by あすか

    • 評価: 5.0

      泣きました。
      鏡の法則。わかるような所と、理解できない所がありました。
      遅くならないうちに、後悔しないように伝えようと思いました。

      2015/01/19 by

      鏡の法則」のレビュー

    • 泣ける自己啓発本ですかー。
      心に残りそうなので、読んでみたいです。

      2015/01/19 by nuts

    • 評価: 5.0

      本当に涙した!
      「読んだ人の9割が涙した!」の帯とおりだった。
      人生は自分の心を映し出す鏡。
      自分の心の波長にピッタリな出来事が起きるということ。
      人生の問題を根本的に解決するには、自分の心の中の原因を解消する必要がある、と。
      解決するには、「ゆるす」ことが大事と説明している。
      ゆるすことで、やすらぎを得る、と。
      人生のどんな問題も解決する魔法のルール、それが鏡の法則。
      この短い物語を誰かに伝えたくてしかたがない。
      >> 続きを読む

      2014/09/18 by

      鏡の法則」のレビュー

    • そうですね!本当に心がやすらかになりますね!!
      この本を読んだのでしたら、次作の「三つの真実」をおすすめしますよ!! >> 続きを読む

      2015/05/07 by pike

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    16人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    カガミノホウソク ジンセイノドンナモンダイモカイケツスルマホウノルール
    かがみのほうそく じんせいのどんなもんだいもかいけつするまほうのるーる

    鏡の法則 - 人生のどんな問題も解決する魔法のルール | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本