こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

修羅の棲む家

カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,680 円

作家とは、狂気が乗り移り、その狂気によって何ものかをつくる人なのだろうが、好子はひさしの姿を見るたびに、どこか現世離れしていて、可哀相に思えてならない。「今度はいつまで待つのだろうか、いつ鬼がいなくなってくれるのだろう」と息を殺してひさしを見張っている自分に気づく好子。狂気の番人の役だった。

いいね!

    「修羅の棲む家」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シュラノスムイエ
    しゅらのすむいえ

    修羅の棲む家 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    蛇頭

    最近チェックした本