こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ゾーンに入る技術

「驚異の集中力」が最高の能力を引き出す!
2.5 2.5 (レビュー3件)
著者:
カテゴリー: 普通心理学、心理各論
定価: 945 円

ゾーンとは超集中状態。メンタルトレーニングを専門にするドクターが教える、能力を最大限に引き出す「集中」の技術。脳の「認知」機能と、心を「揺るがず」「とらわれず」のフローという状態に導く「ライフスキル」機能のバランスを整えれば、ゾーンがやってくる!だから、「仕事」「勉強」「スポーツ」「ダイエット」で結果が出る。

いいね!

    「ゾーンに入る技術」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      時間の感覚がなくなるほど、ある行為に没頭した状態『フロー状態』から生まれる極限の集中状態が『ゾーン』。
      認知脳が感じる外的要因から来る囚われや揺らぎに影響されず、内なる楽しい・嬉しいという感情から生まれるフロー状態(それを作るのはライフスキル脳としている)から集中力が生まれゾーンに入れるのだそうだ。外界を認知する脳と内部から集中力を生み出すライフスキル脳の2つをバランス良く使えるバイブレインが理想的、との事。
      以下、備忘録
      ・脳の認知機能が集中を邪魔する、フロー状態が集中力を作る、外からやらされているのではなく内なる気持ちから進んでやっている状態、バイブレイン、ノンフロー状態はゆらぎや囚われの状態、環境、出来事、他人の影響、
      ・脳は勝手に意味付けする、集中を生み出すライフスキル脳、外部に向く認知脳。
      ・ライフスキル脳の磨き方、知識・実践・シェア。ミスするなと注意するとミスに囚われ集中できない。
      ・楽しい、嬉しいなどのフロー感情でスタートする、内発的動機でゾーンに近づく、文句は集中の最大阻害要因、カイロスタイムとクロノスタイ
      ・2つの脳をバランス良く使うバイブレイン、内側に向くライフスキル脳、認知脳が意味付けしているという事を意識する、自分の意味付けに敏感になる。言い訳は外部要因に任せている事の宣言でしかない、自分の感情・心は自分で決める事がライフスキル脳につながる。
      ・集中出来る言葉を選ぶ、どんな言葉を自分に投げかけているか、好きな事を考えるとフロー状態に近づける、好きという感情を大事にする、一生懸命と楽しいの並列が大事、結果に楽しさを求めるのは認知脳でフローに入りづらい。
      ・過去か未来を引っ張られずに、ライフスキル脳は今を考える、今に全力、今に生きる。揺らぎや囚われのリストアップから起こった後に変えられるか確認、変えられないモノは脳に持ち込まない、プリペアリング思考、起こらないように準備する、与える心がフローを作る、マイケルジョーダンのリスペクトマインドとフォワード法則、嫉妬はノンフローを作りやすい、応援思考はフロー化につながる、好きだという感情からはいる
      ・深い呼吸と笑顔が大事。
      >> 続きを読む

      2017/12/04 by

      ゾーンに入る技術」のレビュー

    • 評価: 2.0

      どうすればフロー状態に入れるのかについて詳しく書かれた本.
      ただし,脳機能との関連性についてはあまり触れられず,
      読んだ感想としては,なんだかただ,上手くいっている状態に
      『フロー状態』とラベリングしただけで,とにかく信じなさい,
      とも取れる書き方な点が残念.

      2016/05/25 by

      ゾーンに入る技術」のレビュー

    • 評価: 4.0

       パフォーマンスの質を高いレベルで決定する心の状態は、「FLOW(フロー)状態」と呼ばれています。
       辻先生は、フロー状態について、「集中力が抜群で、活動に完璧に没頭している最高の状態」である、と表現しています。
       
       フロー状態が進むと、「ゾーン」と呼ばれる状態がやってきます。
       野球でバッターが「ピッチャーの球が止まって見えた」という逸話がありますが、「ゾーン」に入ると、そのような状態になり得るのだそうです。

       本書は、脳機能を磨くことで、人間の「気が散る」という習性を改善し、常に集中状態を作り出せるようにするためのアイデアや方法を分かりやすく解説した一冊です。

       著者は、脳機能を活性化させて、「フロー状態」になるために最も重要なことのひとつに「今に生きる」意識を持つことを挙げています。
       つまり、何をするにしても、余計なことを考えずに、今、目の前のことを一生懸命取り組むべきということです。

       するべきことを明確にして「今に生きる」。その先に、「フロー状態」があり、「ゾーン」という究極の集中状態があります。
       いつの日かそんな状態を味わってみたいところですね。

       詳細なレビューはこちらです↓
      http://yosshy0322.blog.fc2.com/blog-entry-897.html
      >> 続きを読む

      2013/03/08 by

      ゾーンに入る技術」のレビュー

    • 気が多いので、ボクは中々・・・w

      2013/03/08 by makoto

    • うん♪
      なんかわかります☆

      集中力を必要とする仕事なので、レベルは低いかもしれないですが、少し体験しているかもしれません。

      でも、集中の後ってドッと疲れるのよね・・・
      >> 続きを読む

      2013/03/08 by emi


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ゾーンニハイルギジュツ キョウイノシュウチュウリョクガサイコウノノウリョクオヒキダス
    ぞーんにはいるぎじゅつ きょういのしゅうちゅうりょくがさいこうののうりょくおひきだす

    ゾーンに入る技術 - 「驚異の集中力」が最高の能力を引き出す! | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本