こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

束縛は罪深い優しさで

カテゴリー: 小説、物語
定価: 900 円

犯され続けた末に圭吾から遠く逃げたはずなのに。友衛の前に再び現れた圭吾に捉えられてしまう前に逃げ出そうとする友衛だったが、服を奪われ足首に鎖一つで監禁されてしまう。身動きするたびに聞こえるのは耳障りな鎖の音と自分の淫らな喘ぎ声だけ。躰だけでなく心も...と願う友衛の気持ちと裏腹に、お仕置きという名のセックスで躰の奥まで翻弄される。性器も乳首も圭吾に弄られすぎて犯されるうちに、躰は熱いほど慣らされ絡みついて離さない。そんな禁断の束縛愛。

いいね!

    「束縛は罪深い優しさで」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ソクバクワツミブカイヤサシサデ
    そくばくわつみぶかいやさしさで

    束縛は罪深い優しさで | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本