こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

サマータイム、青年時代、少年時代──辺境からの三つの〈自伝〉

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: J・M・クッツェー
定価: 4,320 円
いいね!

    「サマータイム、青年時代、少年時代──辺境からの三つの〈自伝〉」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      J・M・クッツェーの自伝的?!小説。
      「少年時代」「青年時代」「サマータイム」の3部構成からなる。
      「サマータイム」は"作者が死んだあと、作者に対するインタビューを集めた"形の構造をとっている。
      全680ページと、読みごたえがある。これを読んでおくと、クッツェーの他の作品を読むときの良き布石になるのではないかと思う。この本は、あくまで"自伝的"でフィクション入り雑じりたが、クッツェーの作品を支える土台となるものが感じとれるだろう。

      2017/05/04 by

      サマータイム、青年時代、少年時代──辺境からの三つの〈自伝〉」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    サマータイム、青年時代、少年時代──辺境からの三つの〈自伝〉 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本