こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

LiDAR技術の原理と活用法-自動運転の技術- (設計技術シリーズ)

2.0 2.0 (レビュー1件)
著者: 伊東 敏夫
定価: 4,950 円
いいね!

    「LiDAR技術の原理と活用法-自動運転の技術- (設計技術シリーズ)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

       自動運転を実現するための要素の一つであるLiDARを歴史、構造、障害物認識の観点から解説。障害物認識ではライブラリも紹介し、実用面を意識した内容となっている。しかし、LiDARとは何であるか、という定義が見当たらない。他にも、LiDARやその周辺技術を一通り知っていることを前提としているようで説明が足りないと感じるところが多かった。その視点でもう一度見直してみると、知っている人であれば当然もうすでにやっているであろうことしか書かれていないため、やはり内容が足りていないように感じた。

      2021/07/10 by

      LiDAR技術の原理と活用法-自動運転の技術- (設計技術シリーズ)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    LiDAR技術の原理と活用法-自動運転の技術- (設計技術シリーズ) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    砲艦銀鼠号 (集英社文庫)