こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ビッグバン宇宙論は根幹が間違っていた

祝相対性理論崩壊
カテゴリー: 恒星、恒星天文学
定価: 760 円

アインシュタインの光速度不変の原理は、人類の理性の上に置かれたまさに“アイン・シュタイン”(一つの巨大な重石)だった。その束縛から解放し続けてくれたのが、コンノケンイチ氏の一連の著書による明快な主張である。時間の遅れを証明したとされる原子時計の実験も、データ捏造だったことが発覚した。これもコンノ氏の主張どおりの結果となった。科学の巨塔は、とっくに崩壊の過程にあったのだ。本書は科学というマインドコントロールを維持しようとする者と、それを突破しようとする者が織りなすビビッドな現場の息吹を余すことなく伝える本である。

いいね!

    「ビッグバン宇宙論は根幹が間違っていた」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ビッグバンウチュウロンワコンカンガマチガッテイタ シュクソウタイセイリロンホウカイ
    びっぐばんうちゅうろんわこんかんがまちがっていた しゅくそうたいせいりろんほうかい

    ビッグバン宇宙論は根幹が間違っていた - 祝相対性理論崩壊 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本