こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

児童福祉司 一貫田逸子 かくされた子ども (LGAコミックス)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: さかたのり子 穂実あゆこ
定価: 795 円
いいね!

    「児童福祉司 一貫田逸子 かくされた子ども (LGAコミックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      同じ系列の漫画『ちいさいひと』より絵に迫力があるので
      こっちの方が余計リアルに感じる。

      一貫田逸子は1人でも多くの子供を救おうと考える
      とてもやる気があり過ぎる、新米児童福祉司。
      と、言うのも小学生の頃、親友だった小夜ちゃんが
      母親の再婚相手の虐待によって餓死…
      その死を目の当たりにして、
      もう小夜ちゃんみたいな子供を作らない!!って想いが強かったため。
      子供を救うためなら多少の無茶もいとわない( ・`ー・´) + キリッ


      第一話:小夜ちゃんのパン
      小学校の時の友達・小夜ちゃんの虐待による死と
      新米ママさんの子育てノイローゼ

      第二話:かくされた子供
      隣のアパートから聞こえる子供の泣き声
      しかし隣の親子は仲が良く虐待とか考えられないが
      実は押入れに秘密があり……。
      その真相とは!?

      第三話:約束
      2年前:内縁の夫に虐待を受けてた2歳の女の子
      母親は男と別れ子供と2人で暮らしているが
      ある日、分かれたはずの男がまた親子の前に……

      第四話:身代わりにされた子供
      原因不明で入院する子供
      毎回泣きながら検査する子供に対し
      献身的に看病する母親。
      周りからの評判いい母親だけど。
      代理によるミュンヒハウゼン症候群
      病院限定の虐待だった…。


      親の暴力の前に子供は無力……
      虐待の様子がリアルに描かれていて重い。
      ニュースで報道されてるような内容とダブって見える。
      >> 続きを読む

      2016/03/16 by

      児童福祉司 一貫田逸子 かくされた子ども (LGAコミックス)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    児童福祉司 一貫田逸子 かくされた子ども (LGAコミックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    伝染歌