こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

絵巻水滸伝 第一部 第十二巻 祝家荘風雲(下)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 正子 公也森下 翠
定価: 1,620 円
いいね!

    「絵巻水滸伝 第一部 第十二巻 祝家荘風雲(下)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      対祝家荘から李逵が柴進の世話になるまで。
      扈三娘と王英が結婚に至るまでのプロセスがドラマチックで最高。
      呉用先生もノリノリで、戦してない梁山泊は想像するだけで和む。
      祝福ムードから一転して、後半は朱仝と坊ちゃん、李逵とお母さんの件があって気が重くなる。
      ただ、絵巻水滸伝ではのちのちきちんとフォロー入るので、まだ救われるかなと。

      2019/05/16 by

      絵巻水滸伝 第一部 第十二巻 祝家荘風雲(下)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    絵巻水滸伝 第一部 第十二巻 祝家荘風雲(下) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本