こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"西洋の建築、その他の様式の建築"の書籍一覧

      境界をこえる

      安藤忠雄

      4.0
      いいね!
      • 建築とは何か?
        そんな安藤さんの思いと、それを支えるバックボーンが書かれている。
        築は、あくまで営みの中にあるものというのが基本。

        営み。
        大地に根を張り、空気を感じ、季節の移ろいを感じること。
        そのためには、生(なま)でいろいろなものに触れることが重要になる。
        その典型の一つが旅。
        現地へ足を運び、全身で感じること、そして考えること。
        これなくしては、感性が磨かれることはないし、自分のものにもならない。

        ウェブからのコピペでは、見かけは良くても、訴えかけてくるものが無いと思っているので、我が意を得たりだ。
        >> 続きを読む

        2015/01/04 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      棟梁たちの西洋館 文明開化の夢とかたち

      増田彰久

      4.0
      いいね!
      •  明治初期に作られた「擬洋風」あるいは「開化式」と呼ばれる不思議でノスタルジックな造形がおもろい。一見すると洋館なのだが、細部を見ると和の要素が見え隠れしている。また、様式に従っているようにみえるが、飾りが龍や日本の植物であったりとどこか違う。それなのに見事な造形となっている。棟梁たちの確かな技術と豊かな発想がもたらした奇跡の産物といえるかもしれない。 >> 続きを読む

        2017/12/02 by 夏白狐舞

    • 1人が本棚登録しています
      ガウディの伝言

      外尾悦郎

      3.0
      いいね!
      • 以前バルセロナ旅行中に唯一二度訪れた場所がサグラダ・ファミリア。エレベーターが大行列で残念ながら上には昇れなかったけど、強く印象に残っている。そこで彫刻を彫り続けている外尾さんの本。次は違った印象で見られるかも知れない。 >> 続きを読む

        2013/06/15 by freaks004

    • 2人が本棚登録しています
      建築探偵の冒険

      藤森照信

      3.5
      いいね!
      • 藤森照信といえば赤瀬川原平の仲間のイメージが強くて、建築系の人ということは知っていましたがあまり詳しくは存じ上げませんでした。
        とはいえ建築好きとしてはやはり読んでおかなくてはね、と思って図書館で借りてきたのですが、めちゃくちゃ面白かったです。まさか看板建築の名付け親とは知りませんでした!

        東京にある名建築を訪ねて歩くエッセイです。1986年初版で、実際に歩いたのはその前なので、もうないものもありますね。東京駅もすでに改築されていますし。既にみられないのは残念ですが、当時の建物について、こうして書き残してくれたのは非常にありがたいです。

        東京駅の章と看板建築の章が特に興味深かったです。あと地元なのでホテル・ニューグランドにはぜひ行きたい。あそこ、敷居が高くて入りづらいのですが、読んだら是非とも中に入りたくなりました。
        しかし藤森さんは文章がうまいですね。内容は濃いのに口調は軽いので、面白くてすいすいよめます。文体が昭和なのが懐かしい感じ。

        ちなみに、ちくま文庫には安野光雅さんが装丁画を描いているのが多いですが、これもそのひとつ。このやわらかいタッチが好きです。
        >> 続きを読む

        2017/04/05 by ワルツ

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています
      錯乱のニューヨーク

      鈴木圭介 , KoolhaasRem

      5.0
      いいね!
      • 錯乱のニューヨーク。レムコールハース先生の著書。世界中の人が憧れるニューヨークの歴史やニューヨークが抱える問題点を建築家の先生の視点から指摘した一冊。ニューヨークに行ったことがある人でもそうでない人でもきっと楽しめる良書です。 >> 続きを読む

        2019/07/19 by 香菜子

    • 1人が本棚登録しています
      サグラダ・ファミリア ガウディとの対話

      宮崎真紀 , 外尾悦郎

      5.0
      いいね!
      • サグラダ・ファミリア教会の細部まで映してくれている、すばらしい写真集。

        こんなにも美しいんだと、あらためて感嘆した。

        この本に書いてあって初めて知ったのだけれど、サグラダ・ファミリア教会の中の彫刻では、天使は羽がなく、悪魔は人間の顔をしているそうである。
        それは、人間は天使にも悪魔にもなりうるというガウディの考えを現しているそうだ。

        それにしても、とても美しい建築や彫刻の写真の数々を見ながら、二十世紀と二十一世紀は、一方では核兵器をつくったり破壊にばかりいそしんできたけれど、一方ではこのような素晴らしい建築を黙々とつくってきたガウディや外尾悦郎さんのような人々もいたんだなぁとあらためて感動させられた。
        破壊ではなく、創造や建設。
        そのことが、どれだけ素晴らしく、世界にとって救いであるか。
        また、それを支えてきた数多くの人々がこの世界にいるというのも、本当にすごいことだと思う。

        多くの人にオススメしたい、素晴らしい一冊だった。
        >> 続きを読む

        2013/09/23 by atsushi

      • コメント 9件
    • 1人が本棚登録しています
      図解絵本東京スカイツリー 東京スカイツリー公認

      モリナガヨウ

      4.0
      いいね!
      • 現地へ行ったことがない・・・のであるが、十二分の楽しめた。

        こうやって作っていったんだあ~と、驚きだけでなく、新鮮さも感じた。

        それにしても、これだけのものを造るということ、そのバックボーンにある技術の素晴らしさと、はてしなく裾野が広がる関係者の範囲も凄い。

        いうも思うのだが、暴風雨とかにも倒れない構造・地盤つくりなど、文系の自分には、遠い宇宙の世界のようなもの。

        凄い人って、たくさんいらっしゃるんだなあ~っと感心。

        それ以上に、モリナガさんの絵が素晴らしい!
        >> 続きを読む

        2016/07/27 by けんとまん

    • 1人が本棚登録しています
      ニッポンバブル遺産建築100

      橋爪紳也 , 稲村不二雄

      4.0
      いいね!
      •  これを読むと本当に今の建物はつまらないなと思う。機能やコスト面では確かに今のほうが優れているのかもしれない。しかしどれも同じような外観と材料で代わり映えがしない。奇妙な外観であれば良いというわけではないがあまりにも均質的で、ロードサイド店舗の作り出す均質的で奇妙な景観を思いこさせる。しかし、ここで紹介されている建築物は、前衛的で挑戦的なデザインや地元の名士や特産品などから連想したデザインと一つとして同じものはない。また、新たなランドマークを目指しつつ景色に溶け込むことを意識していたり、風土に合わせてデザインを変更するなどの配慮もある。材質も木や漆喰などテーマに合わせたものが使われていたりするなどしっかりと考えられている。こういった建物は税金の無駄遣いと批判されてしまうが、良いもの、残るものを作ろうとしたことはまず素直に評価すべきだろう。なにより現在もちゃんと使われている以上、全くの無駄とはいえない。行政が関わっているからと杓子定規な批判をすべきではない。 >> 続きを読む

        2017/10/29 by 夏白狐舞

    • 1人が本棚登録しています
      廃墟本

      中田薫 , 中筋純

      3.0
      いいね! anko
      • この手の本は大好きです(≧∇≦)b OK 第一弾!!

        写真だけじゃなく建物の歴史もしっかり取材。

        今に至る経緯を想像するだけでも楽しいし
        写真家の腕もあるんだろうね…寂れゆく廃墟に美しさを感じる。
        >> 続きを読む

        2012/06/01 by あんコ

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています
      廃墟本

      中田薫 , 中筋純

      3.0
      いいね! anko
      • この手の本は大好きです(≧∇≦)b OK 第ニ弾!!

        写真だけじゃなく建物の歴史もしっかり取材。

        写真家の腕もあるんだろうね…流れゆく時間に美しさを感じる。
        >> 続きを読む

        2012/06/01 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています
      廃墟本

      中田薫 , 中筋純

      3.0
      いいね!
      • この手の本は大好きです(≧∇≦)b OK 第三弾!!

        今に至る経緯を想像するだけでも楽しい(¬w¬*)ウププ >> 続きを読む

        2012/06/01 by あんコ

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています
      廃墟本 = THE RUINS BOOK

      中田薫 , 中筋純

      3.0
      いいね! anko
      • この手の本は大好きです(≧∇≦)b OK 第四弾!!

        写真だけじゃなく建物の歴史もしっかり取材。

        祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、
        沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理(ことわり)をあらわす…ってのと同じもんだね。



        今に至る経緯を想像するだけでも楽しいし
        写真家の腕もあるんだろうね…寂れゆく廃墟に美しさを感じる。
        >> 続きを読む

        2012/06/01 by あんコ

    • 1人が本棚登録しています

カテゴリー"西洋の建築、その他の様式の建築"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

横濱エトランゼ