こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"森林立地、造林"の書籍一覧

      魂の森を行け 3000万本の木を植えた男

      一志治夫

      5.0
      いいね!
      • 「BOOK」データベースより

        生き物は嗅いで、なめて、触って調べろ。過酷な地質調査で自らを鍛えた若き日のドイツ留学で、「潜在自然植生」に基づく森林再生術を習得した植物生態学者・宮脇昭。78歳のいまも効率優先の植林が引き起こす、地球規模の森林崩壊をくい止めるため、植樹指導に奔走する。いのちを守る鎮守の森を取り戻すべく、ゆるぎない信念で前進する男の破格な人生を描く傑作ノンフィクション。


        宮脇昭というおじいさん。youtubeでインタビュー等が諸々聞けますがとにかくパワフルパワフル。自分の言いたいことが口から奔流のように流れ出て制御不可能で、インタビュアーも並の力量では頭に納める事は難しいでしょう。とにかく植物と自然への愛が溢れていることは充分に伝わってきます。

        この本は宮脇先生の著書ではなく、宮脇先生の歩みを黎明期から辿った伝記のような本です(まだご存命で精力的に活動されているようです)
        宮脇先生は家族を顧みずひたすら研究研究また研究。日本全体の植生を網羅し、植生地図で日本列島を覆うという偉業を牽引したお話だけでも充分お腹いっぱい。自分がこれに参加したら間違いなく脱落すると太鼓判を押すくらい過酷なもので、電車で目的の地域についたら紐で四角く囲い、その中に有る植物を一本たりとも落とす事無く確認してその地域の植生や密度、分布などを詳細に確認して行く事を、日本全国で行っていたそうです。しかも戦後の混乱期からずっと。

        そしてある時から先生はふと思うわけですね、日本の山から本来の木で出来た山がほぼ消えて、全体の森林の0.06%しか存在しないという事に。水害や土砂災害。空気汚染などを防ぐには古来のその土地に根付く植物を研究して解明し、正しい木を植えて行く事が重要であると提唱します。
        何しろ元から自生していたものを再度解明するので、土を掘り土壌の成分などを確認して予測する為莫大な時間が掛かります。ところが先生考えた。その土地土地には、古来から変わっていないと思われるン場所が有るではないか。神社や寺の回りに大事に守られている「鎮守の森」これが本来のその土地の持っている植生ではないかと考えるようになります。
        先生はその土地土地に合った緑の処方を行い植樹を進めて行きます。先生の処方は最初の3年くらいはメンテナンスが必要ですが、それ以降はメンテナンスフリー!なんて素晴らしい!定期的にお金が落ちない事を嘆く業者からは嫌われますが、先生地球規模で考えているのでそんなこと歯牙にもかけません。
        そうして先生は日本国内だけでは無く、万里の長城の緑化にも乗り出しこれを成功させます。そして先生の提唱する「鎮守の森」という言葉はこのまま日本語のままで世界の公用語のなるのでありました。

        木に興味無い方ですが、最近ウォーキングで木を見ると気になって仕方が有りません。我が町の森は典型的な植林樹の森ばかりなので、地滑りとか大丈夫かなあなんて密かに思っております。

        ちなみにこの本では3000万本ですが、現在は4000万本オーバーとの事です。
        >> 続きを読む

        2015/09/06 by ありんこ

    • 1人が本棚登録しています
      葉っぱ・花・樹皮でわかる樹木図鑑

      池田書店

      4.0
      いいね!
      • 散歩やハイキングをちょっとだけ楽しくしてくれる良い本です。

        樹って興味が持たれにくい部類だと思うんですが、この本があればかなり興味が持てるようになれると思います。

        近所の公園に生えている謎の樹、山に歩きに行ったときに見つけた見慣れない樹、そんな時ケータイで葉っぱと樹皮を撮っておけば、家に帰ってサクッと調べられます。

        もう少し、掲載種があったなら尚良かったですが、気軽さという意味ではこのくらいでちょうど良いのかもしれません。

        自宅でペラペラめくるだけでも、なかなか面白いです。

        子供から大人まで楽しめる良い図鑑です。オススメ。
        >> 続きを読む

        2014/06/03 by オオスカシ

      • コメント 6件
    • 1人が本棚登録しています
      森はだれがつくったのだろう?

      EckartChuck , 河合雅雄 , JaspersohnWilliam

      5.0
      いいね!
      •  全55Pで綴られている児童書。タイトル通り、森の歴史・自然の法則の変化の様子についてイラストをまじえて紹介している本です。

         森って自然とできてるものと勝手に認識して生活していましたが、当然そんなことはなく、そこには様々な生物の営みがあって、弱肉強食の世界があって…など、当然ある生物の過程が描かれていました。

         こうして見ることで改めて、ここに至るまでに何百年とあらゆる過程を乗り越えてきていたことを再認識させられるとは、ちょっと恥ずかしい。でも、意外に忘れているもんなんですよね。

         子供が出来たら読ませたいな。
        >> 続きを読む

        2014/07/20 by foolman

      • コメント 4件
    • 3人が本棚登録しています

カテゴリー"森林立地、造林"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚