こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"交通政策・行政・経営"の書籍一覧

      コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった

      LevinsonMarc. , 村井章子

      4.0
      いいね!
      • コンテナを使いいかに効率的に物流にかかるコストを減らして儲けるかの歴史。
        主に前半は他に先駆けてコンテナ物流を儲けに結びつけたマルコム・マクリーンという人の話で、後半は世界中に拡大したコンテナ物流のその後の話。

        著者は当初、マルコム・マクリーンについての物語を書くつもりだったと書いているが、個人的にはそうして欲しかった。
        前半のインパクトと面白さが大き過ぎて、後半が物足りなく感じてしまった。
        事実なので仕方ないが、前半が五つ星級に面白かっただけに残念。
        >> 続きを読む

        2013/08/31 by freaks004

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      交通事故示談屋

      吉田透

      4.0
      いいね!
      • 損保代理店のキツイ事故処理についての裏話。

        交渉の現場についての描写がエキサイティングだった。。

        前職で付き合いの有った損保会社の方は、自分達を卑下するように「士農工商犬猫損保」という言葉を何度も使っていたのを思い出した。

        通常、会社組織は販売先に対しては立場が弱く、仕入先に対しては強くなる傾向が有るが、損保は仕入れ先というものが存在しないらしく、どの業界に対しても立場が弱いということを示した言葉らしい。

        代理店は、その損保会社に命運を握られているという点では、確かに気苦労は多そうだと容易に想像がつく訳だが、予想していた以上に損保会社は、事故処理に対して腰が重いことを知った。

        代理店どころか通販で保険を購入する時代。
        事故処理の面倒臭さを考えると、ますます安全運転をしないといけないと思った。

        職業に貴賎は無いが、メンタル面を蝕まれる業種のように感じた。
        >> 続きを読む

        2012/02/04 by ice

    • 1人が本棚登録しています

カテゴリー"交通政策・行政・経営"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本