こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"漫画、挿絵、童画"の書籍一覧

      進撃の巨人 - 1

      諫山創

      3.2
      いいね!
      • アニメは見てませんが原作コミックスを一気に読みました。
        なるほど~、問答無用な設定にぐいぐい引き込まれます。

        そしてこれは自分の殻を破って進み出ようじゃないか!というメッセージを込めているのがわかりやすい!
        だからこの漫画の読者が熱くなれるんですね。

        ビジュアルのネタ的にもおもしろすぎるしね、巨人て(;´Д`)

        (amazon解説)
        巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。
        超大型巨人と鎧の巨人の正体が発覚。エレンとユミルは、彼らに連れ去られてしまう。二人を奪還すべく調査兵団が動き始めるが、エレンとユミルの間に亀裂が走り……!! かつて苦楽を共にした104期の仲間達が、敵味方にわかれて戦うことに!
        >> 続きを読む

        2018/08/23 by motti

    • 他8人がレビュー登録、 31人が本棚登録しています
      るろうに剣心 明治剣客浪漫譚

      和月伸宏

      4.2
      いいね! yutaka nepia stone14 kuuta tadahiko makoto
      • 実写映画化で話題になっている、るろうに剣心。
        少年時代、ジャンプでリアルタイム連載を読んでいた身としては懐かしい作品の一つである。

        一時代を築いた作品の第一巻は

        ①悪者登場
        ②「なんだこの優男は?」
        ③悪党フルボッコ
        ④「えー!お前が幕末最強の剣士人斬り抜刀斎!?うひー」

        といった単調な展開が続くため、
        再読ということもあるが、グッと引き込まれるといったことはない。

        ただ薫はもちろんのこと、
        弥彦や左之助といった今後物語の中核を担うメンバーが続々登場。

        曖昧な記憶と懐かしさだけで、再読を続ける十分な理由になる。
        できれば、続巻で新鮮な発見があるといいな。
        >> 続きを読む

        2012/09/21 by すーくん

      • コメント 2件
    • 他8人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      ONE PIECE 巻一 ROMANCE DAWN -冒険の夜明け-

      尾田栄一郎

      4.2
      いいね! ice
      • すごく楽しかったです

        2018/07/17 by jp-miura

    • 他8人がレビュー登録、 22人が本棚登録しています
      宇宙兄弟

      小山宙哉

      4.2
      いいね!
      • やや遅ればせながら、読み始めた「宇宙兄弟」。
        すでに27巻も出ているけれど、今、9巻まで読み終わったところ。
        夢とか希望とか、若い人に読んでもらいたいマンガです。
        これを読んで「夢は宇宙飛行士です」とか言って欲しい!
        >> 続きを読む

        2015/12/13 by kucoma

    • 他7人がレビュー登録、 19人が本棚登録しています
      パンダ銭湯

      tupera tupera

      4.0
      いいね! dota m4ia_32
      • 会社の同僚から紹介された絵本です。

        パっパンダの秘密を言ってはイケない・・・。
        「サングラスの忘れものに注意」―その伏線にニヤリとさせられます。
        子供にはちょっと刺激が強いかも?!
        >> 続きを読む

        2015/11/30 by FUKUchan

    • 他7人がレビュー登録、 18人が本棚登録しています
      3月のライオン

      羽海野チカ

      4.7
      いいね! kgr
      • 人間ドラマとして秀逸。
        そして将棋が分からない自分が読んでも面白いのが凄い。
        主人公だけでなく、登場人物皆を応援したくなる! >> 続きを読む

        2019/01/17 by ちさと

    • 他6人がレビュー登録、 31人が本棚登録しています
      おおきな木

      村上春樹 , シェル・シルヴァスタイン

      4.1
      いいね! purpleeo
      • --その木は
         ひとりの少年の
         ことが
         だいすきでした。--


        年末、子どもにプレゼントする絵本を探した本屋さんで再会した一冊です。
        小さい頃とても好きだった絵本。
        今は村上春樹の訳で評判になってるんですね。
        絵が、懐かしく嬉しい。


        老いた少年が切り株に腰をおろす最後のシーン。心から素晴らしいと感じます。

        何もかもを木から持って行ってしまう我が儘な少年、
        何もかもを少年に与えてしまう過保護な木、

        でも、そんな二人だからこそ、木は切り株になれて、少年は人生に疲れて帰ってきて、最後を共にできる結末。

        もし木が少年を厳しくたしなめて何も渡さなかったら、少年が腰を下ろす切り株はできていませんし、何より、人生に挫折した少年が最後に帰ってくる場所にならなかったと思います。

        もし少年がお利口さんで優しい性格だったら木は綺麗な大樹のままですが、そんな良い子なら、人生も上手に渡り歩き、孤独と挫折の最後に至ってないように思います。

        少年が木から何もかもを強欲に持って行ったのは勿論「望ましく」ないのだと思います。
        少年に何もかもを無批判に与えた木も、「望ましく」ないのだと思います。
        それでも、そんな二つのマイナスのかけ算だからこそ辿り得た一つの幸せの形。
        望ましくは無かったかもしれないけれど、間違っては無かったんだ、という嬉しさ。
        とても素敵なハッピーエンドと感じます。


        親になり、子どもにどう接するかを思う日々の中で、この作品もまた深く参考になります。
        何歳になっても、ゆっくり子どもの話を聴いてあげられる親でありたいと、改めて感じました。
        >> 続きを読む

        2018/01/06 by フッフール

    • 他6人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      くっついた

      三浦太郎

      4.4
      いいね! Tukiwami
      • 5か月の孫が、いないいないばあを読んであげると、キャッキャと声出して笑います。
        ないいないばあに対抗(なんの対抗なの?)できる絵本はないかと探した末、見つけた絵本がこれ!
        喜んでくれるかなあ(^∇^)
        早く持って行って読んであげたいなあ。
        >> 続きを読む

        2019/05/26 by shikamaru

      • コメント 3件
    • 他6人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      だるまさんが

      加岳井広

      4.8
      いいね! ybook sunflower
      • 1歳前に読んで、娘は特にリアクションがなく、赤ちゃん全員喜ぶって聞いたけど嘘じゃん!!と思っていました。

        1歳半前くらいから、だるまさんと「どてっ」と首を傾けたり、「びろーん」と伸びたりするようになりました。(他の方のレビューでも1歳半くらいでハマるって書いてありますね!)一緒に読むのが本当に楽しい絵本です。

        そして、言葉がゆっくりな娘。ママ、パパ、にゃんにゃん、わんわん、パ(葉っぱ)、ぱーい(カンパーイ)が今しゃべれる全てなのですが、このごろ大きな声で何かを言っているのをよーく聞くと「だーるーまー」って言っているような気がする…!!

        シリーズにもなっていますが、最初の「だるまさんが」が1番良いです。続編は、人気だから作ったのかなぁ?と思わなくもないです。
        >> 続きを読む

        2017/04/25 by chao-mum

      • コメント 6件
    • 他6人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      りんごかもしれない

      ヨシタケシンスケ

      4.4
      いいね!
      • なんて素敵な発想!この気持ちを忘れちゃいけない。

        2016/05/12 by tomolib

    • 他6人がレビュー登録、 21人が本棚登録しています
      坂本ですが? = I'm Sakamoto,you know

      佐野菜見

      3.8
      いいね! cundwo
      • 某書店で「アニメ化」告知という存在が大きかったのと、独特のセンスを持つ坂本さんのポーズが表紙に飾られていることから興味が湧き、購入の決め手となった。

        高校生の坂本さんが、問題児らと非日常的な高校生活を送るという内容。

        反復横跳びで燃えた火を消させたり、蜂の針とコンパスの針で渡り合ったり、同級生をイジメから復讐心を持たせたり、こっくりさんで仲の悪い女子らの仲介だったり、上級生のパシリ相手だったり、過剰な「おもてなし」だったりと、何から何まで行動が半端じゃない坂本さん。

        今までにない新感覚のギャグマンガで楽しめた。
        >> 続きを読む

        2016/03/06 by cundwo

      • コメント 2件
    • 他5人がレビュー登録、 11人が本棚登録しています
      ちはやふる

      末次由紀

      4.1
      いいね! SM-CaRDes
      • いといといといといとおかし。尚且つ、いと面白い。

        ジャンルとしては少女漫画、という声を聞きますが、そんなジャンル分けするのは、いとおかしい(可笑しい)。競技カルタって凄い世界に入っていく、超個性的な小学生男女3人のからみなんぞ、よく出来ていて、いまだ小学生なんだから、この先の展開は果てしないんだろうなとワクワクさせてくれます。

        タイトルは「ちはやぶる」かと思いきや「ちはやふる」だったんですね。(読み終わって気付く。)
        主人公ちはや(千早)FULLって感じを掛詞っぽくしたんでしょうね。

        映画化されるニュースで初めて知った漫画ですが、現代日本の漫画のエネルギーは文学進化のひとつのあり方に違いなくて、まさに「ちはやぶる神代も聞かず」ですね。
        >> 続きを読む

        2016/03/04 by junyo

      • コメント 1件
    • 他5人がレビュー登録、 19人が本棚登録しています
      四月は君の嘘

      新川直司

      4.1
      いいね!
      • 2018/6 コミック3冊目(通算21冊目)。Youtubeのアニメ動画で一気に気になった作品。1巻目はとある事情でピアノが弾けなくなった天才有馬公正がバイオリニスト宮園かをりと出会い、ピアノの伴奏を引き受けるところまで。音楽の素養は自分にはまったくないが、漫画を読んでいると音が聞こえてくる。そんな臨場感のある漫画。続きを読んでいきたいと思う。

        >> 続きを読む

        2018/06/05 by おにけん

    • 他5人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      聖・おにいさん

      中村光

      3.8
      いいね!
      • 2014年読んだ本

        2014/12/31 by ブービン

    • 他5人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      不幸な子供

      エドワード・ゴーリー , 柴田元幸

      3.3
      いいね!
      • 狂気の絵本


        う~ん。
        ブラック!
        閉口

        カリスマですな(;´д`)
        >> 続きを読む

        2018/07/09 by motti

    • 他5人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      星守る犬

      村上たかし

      3.7
      いいね!
      • 私は愛情深くないのね。まずは自分なの。
        だからまっすぐ慕ってくる“犬”が苦手なの。
        散歩を怠けても、ゴハンを忘れた時も、屋上に出して一晩、忘れていた時も、なんで尻尾を振るの?

        「星守る…」のお父さんはイイ人だと思う。
        作者が後書きに書いているように「こんな最後」を迎えるような人ではないと思う。今の“あたりまえの生活”が危うい社会保障の上にある事を描いている。
        それでもハッピーをあのままじゃ、可哀想じゃあないか。
        ハッピーの健気さが切なかった。
        同時にこの本が嫌いになった。

        マンガの整理をしていて「星守る…」が出てきた。
        読み返してみた。
        ハッピーは可哀想じゃなかった。
        ハタからどう見えてもハッピーはお父さんに会えて幸せだった。
        何が幸せなんてハッピー自身でしかわからないのだから。
        あの時に感じた、この本に感じた“嫌い”はウチの飼い犬に対する私の後ろめたさだった。

        ネェ、なんで尻尾を振るの?
        >> 続きを読む

        2017/10/04 by たたみ

    • 他5人がレビュー登録、 11人が本棚登録しています
      はらぺこあおむし

      エリック・カール , 森比左志

      3.5
      いいね! sunflower chao
      • むかしからなぜかよく読んでいて今でもなんとなく手に取ってしまう絵本。

        別にこれといってここが素晴らしい!とは言えないのだが昔の思い出とともにこれからもふとしたときに読み続けるんだろうなって

        今なら行ける気がする感じがあるので英語版の購入を検討中だがレジに持っていくのが地味に気恥ずかしい。。。(笑)
        >> 続きを読む

        2014/01/30 by ちあき

      • コメント 4件
    • 他4人がレビュー登録、 23人が本棚登録しています
      僕だけがいない街

      三部敬

      4.0
      いいね!
      • 思った以上にサスペンス

        謎解き要素は早い段階で捨てられてたけど、心理描写とか周囲の人たちとの関係が素晴らしい >> 続きを読む

        2017/03/20 by K@0ru

    • 他4人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      この世でいちばん大事な「カネ」の話

      西原理恵子

      4.4
      いいね!
      • 【再読】
        何故、仕事をするのか、働くのか。
        根本は、生活をするためであり、その仕事が充実したものであれば、人生を彩るものにもなる。
        この本は何度読んでも、心を突き動かされる。
        お金が無いこと、貧困から生まれる暴力や不幸や苦労。
        負の連鎖。
        その実態を見てきた西原さんだからこそ、綺麗事でない現実が語れる。
        金持ちが偉いなんて言っていない。
        自分が生きていく上で、どんな力をつけていくべきなのかを強くメッセージしている本なのだ。
        これは、子供のキャリア教育に活かしてもらいたい。
        格好いい夢や将来の職業の実現を強いるのに、いつも抵抗がある。
        違うよ。
        生きていくことに、精一杯向き合っていることだけで尊いのだ
        >> 続きを読む

        2017/11/09 by ももっち

      • コメント 2件
    • 他4人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      いつでも会える

      菊田まりこ

      4.2
      いいね!
      • ものすごい支持率の絵本らしい。たまたまブックオフにて105円の棚にありまして、中身をパラパラとめくってみて、絵本なのですぐ読み終わるんだけど。....結局買いませんでしたけどねw「 ぉ ぃ !!」 >> 続きを読む

        2018/07/07 by motti

    • 他4人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています

カテゴリー"漫画、挿絵、童画"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本