こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"日本の雑誌"の書籍一覧

      『思想』の軌跡 1921-2011

      岩波書店

      5.0
      いいね!
      •  本書は1921年に創刊された岩波書店の雑誌『思想』の軌跡をたどる座談会形式の特集です。
         全体は大きくⅢ部構成となっており、第Ⅰ部「二一世紀の知とは何か」第Ⅱ部「『思想』一〇〇〇号記念連続座談会 思想の100年をたどる」第Ⅲ部「再録資料『思想』四〇〇号に寄せて『思想』五〇〇号に寄せて」となっています。
         本書の中心は第Ⅱ部です。全体がさらに時代区分で4つに分けられています。1.1921~45年「知の衝撃と再編成」2.1945~65年「戦後の思想空間」3.1965~85年「大衆消費社会と知の変容」4.1985~2007年「ポスト近代の到来」となっています。
         内容は多岐に渡り、基本的に知識のあることを前提とした座談会なので、理解できるところとできないところがあるのですが、ある時代のついて語るときに、その時代に書かれていたものを読むというのは大切な作業だと改めて思いました。自分自身の記憶もそうですが、国民の記憶というものもいつの間にか変化しているのですが、「変化している」という事実に気がつかないために様々な意見の対立や過ちが繰り返されたりするのです。現在、日中、日韓で繰り広げられている領土問題や歴史問題も、そういう記憶の変化が悪影響を与えていると考えられます。もちろん、この場合はそれだけではなく、自国に都合のいいようにあえて事実を歪曲している人もいると考えられますが、大衆レベルの記憶では、それぞれがこれが事実だと思っていることが、当時の認識からはかけ離れているということは大いにあり得ることです。そのような意味で考えると、紙データの出版物の動かしがたさは貴重です。
         2.「戦後の思想空間」には「転向」の話題が出て来ますが、まさに「変化」についての議論です。転向の問題は、後の歴史からの断罪としての側面、共産党員が転向宣言をして戦争協力をしたというような側面ばかりが強調されてきたが、転向によって一貫性がないと言えるのかどうか、非転向者の方が、思考が停止していたのではないかという議論が戦後からされているのは興味深いことです。また、現在から見ると「右」「左」「保守」「革新」といったカテゴリーにわけられている人たちが、戦後に『思想』を含めた雑誌の中で対談をしたり、執筆をしたりして、戦後の日本について考えている、多様な立場の人たちが喧々諤々の議論をしているので、熱気があると対談の中で述べられています。日本が落ち着いてくると雑誌も「右系」「左系」などに別れてしまって交流がなくなってしまうと。対談者たちはむしろ今の分類され、細分化された知の状況に危機感を持っています。私は戦後の対談部分を読んでいて、知の巨人のような人が丸ごと大きな思想問題に取り組んでいるスケールの大きさを感じました。また、人類への期待、未来への期待がまだまだ明るく開けている感じが強くしました。そこではその巨人の大きな思想に、右とか左とか言ってもしょうがないんだろうなと思わせる広さを感じます。こういう横断的な知識人がこれからの日本にこそ必要なのでしょうが、専門化をひたすら進めているのが日本です。その極点に3・11があったのですが、日本の思想はこれから変わっていくのでしょうか、変わらざるを得ないとは思います。第Ⅰ部の「語らなくなった科学者」というところに、1950年くらいまでは科学者が『思想』のような雑誌に寄稿して、科学者の立場で社会的な使命などについて語っていたが、その後、「科学」は「科学技術」という言葉に取って代わられ、科学者が語らなくなっていくと言います。その転換点が「原子力」であると。1956年に科学技術庁が出来ています。
         その時代の記憶を知るということで、衝撃を感じたのは、第Ⅰ部にある「関東大震災」についての記事です。関東大震災の時にすでに、安全神話の崩壊、日本人の驕り、自然との付き合い方、文明論的な議論が必要だとすでに書いてあるというのです。原子力以外の論点は3・11と同じだと。今の私たちから見ると、その議論を生かせなかった、喉元過ぎれば熱さを忘れるという状況で、3・11でまた同じことを議論しているわけです。また、「関東大震災」と名前がついているが、正確には湘南沖地震で伊豆や伊東の方は津波の被害が大きかったらしいです。ところが東京の火事の被害が大きかったことと、書き手が東京にいるからということで、東京中心に語られるわけです。この構図は阪神淡路でも、3・11でも同じで、地震からしばらくは東京の交通や電気のことが語られていました。首都機能がということです。
         もう一つ衝撃的だったのは、原子力の平和利用と被爆地の関係です。冷戦構造と深い関わりのある原子力発電技術の隠れ蓑として、アメリカが「平和のための原子力」というスローガンを打ち出して日本に原子力を導入し、中曽根康弘・正力松太郎などを中心に原子力政策を推し進めていったことは有名です。1958年に広島で「復興大博覧会」が開かれ、そこに原子力科学館というパビリオンがあって、原子力の平和利用や原子核のモデルの展示があったそうです。その3年前1955年に正力松太郎社長の下、読売新聞社がアメリカ大使館と一緒になって、日比谷公園で「原子力平和利用博覧会」が開催されます。1954年に第五福竜丸事件があり、原水爆への反対運動が起こりますが、博覧会日比谷公園に40万人近くを集めて大成功、56年から57年にかけて名古屋、京都、大阪、広島、福岡、札幌、仙台、水戸、高岡と各地を巡回します。広島の博覧会は、中国新聞社・アメリカ大使館・広島県・広島市・広島大学などが一丸となった地域ぐるみのイベントで、会場は平和記念公園、平和記念資料館の建物も使用され、原爆資料展示は博覧会開催中、近くの公民館に一時的に移されたといいます。中国新聞社は、広島は、そもそも原子力と切っても切れぬ関係の土地だからこそ、原子力博をもっと早く催すべきだったとし、さらに広島では、東と西から放射能雨が降り注ぐ原爆慰霊碑前の会場で、アメリカ大使館が約一億円の出品費を負担して成立したこの博覧会が、世界の平和と現代人の新しい生活への願望のためのささやかなサービスとなると主張したということです。
         また、1970年の大阪万博は、この万博開幕と同時に敦賀原発が稼働してします。敦賀で造られた原子の火が未来都市、万博会場に送られるというコンセプトです。同じ年に美浜原発も稼働します。
         私はこの広島で行われた「原子力平和利用博覧会」のことも、大阪万博のことも全然知りませんでした。3・11後のメディアにもこうしたことが語られてはいないと思います。ここには書きませんでしたが、当時すでに反対運動も起きていますし、原子力「平和」利用の問題について発言している思想家もいます。しかし関東大震災での反省が生かされていないのと同様に、原子力についてもその意見は聞かれてはいないのです。1950~1970年くらいに、人類の進歩と平和、原子力の未来を信じて熱狂した日本の大衆は、今は声を揃えて「脱原発」を叫んでいますが、戦後急に反米から親米になった時の日本人と重なってきます。「国にだまされていた」とでも言うのでしょうか。
        「自分の感受性ぐらい 自分で守れ ばかものよ」と茨木のり子の言葉が聞こえてきます。
        >> 続きを読む

        2012/08/31 by nekotaka

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      フリーペーパーの衝撃

      稲垣太郎

      2.0
      いいね!
      • フリーペーパーがビジネスとして成り立つものであって...。
        その利益は広告収入によるものであって...。
        フリーペーパーが雑誌業界に与えた衝撃は...で...。

        と、フリーペーパーをビジネスと捉えてのことしか書かれておらず、ちょっと残念。(興味のあった”記事そのもの”についてはほとんど記述されていない。)

        フリーペーパーは今の時代において

        「表現の場、自分の個性をおもいっきし発揮できる媒体、誰もが手軽にアピールできる手段」

        であって、お金儲けの手段として発行されているものは、フリーペーパーとは言えない”チラシ”です。
        >> 続きを読む

        2017/06/22 by タバティー

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      昭和少年SF大図鑑 昭和20~40年代僕らの未来予想図

      堀江あき子

      4.0
      いいね!
      • 完全にリアルタイムでない年代ではあるが、何となく、懐かしい。
        やはり、その絵のタッチからくるものかな。
        今の時代になっても、まだまだ到達できそうにないことも描かれているが、何故か、夢があっていいなあ~と思う。
        その裏側には、絵を描かれた人たちの、少年のようなこころがあるからかなと思う。
        科学については、いろいろ言われているが、やはり、科学をどう扱うのかは、ヒト次第。
        そこがポイントだと思う。
        >> 続きを読む

        2015/01/08 by けんとまん

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      コドモノクニ名作選 大正・昭和のトップアーティスト100人が贈るワンダーランド!

      アシェット婦人画報社 編

      5.0
      いいね!
      • 【ココロ ガ ユタカ ニ ナルヨ】
         コドモノクニという児童書をご存知ですか?
         1922年から1944年まで刊行されていた素敵な絵画と、素晴らしい文章で構成されていた結構デラックスな本です。

         本書は、「名作選」と題して、その一部を大判のカラー本にまとめた復刻書です。
         いや、素晴らしい。
         文章は、まだカタカナ書きの時代です。

         でも、画家も、作家も(童謡の掲載もあるのですが、その作曲家も)超一流どころをとりそろえています。
         東山新吉(魁夷)、中原淳一、竹久夢二、藤田嗣治……
         室生犀星、サトウハチロー、金子みすず、草野心平、北原白秋……
         「兎のダンス」、「雨降りお月さん」、「アメフリ」(♪雨、雨降れ降れ、母さんが)、「あの町この町」、「鞠と殿さま」(♪てんてん手鞠、てん手鞠)……
         童謡など、巻末に言葉で振り付けが説明されていたりもします。
         
         何て豊かなのでしょう!
         素晴らしく夢があります。
         おそらく、お母さんたちが、子供達に音読してあげたのでしょうね。
         その言葉のリズムと素晴らしい絵画とで、子供達はどれだけ夢中になったのでしょうね。

         これは大変素晴らしい本だと思います。
         本書は復刻版ですが、大判の2巻組、オールカラーという豪華本です。
         図書館から借りてきたのですが、何だか手元に一冊欲しくなってしまいました。
         買っちゃおうかなぁ……。
        >> 続きを読む

        2019/06/30 by ef177

    • 1人が本棚登録しています
      雑誌の人格

      能町みね子

      4.0
      いいね!
      •  たとえば、小悪魔agehaは「一見ファンタジーのようで実はドキュメンタリー。地方に住む現実的な女の子。」
         
         このように全40の雑誌(小悪魔ageha、SWEET、Regina、ランドネ、SPA!、LEON)の読者像を掲載されている商品の値段、頻出する言葉、記事等から予想した本です。読者像が年齢、居住地、職業、容姿(イラスト付き)、どのような部屋に住んでいるのか(これもイラスト有)などの表面的なことから生き方、生きがい、何に悩んでいるか、どのような欠点があるのかまで考られているところがすごいです。
         
         この読者像、知り合いに似ているような気がすると考えるのが楽しかったです。同じ年齢層なのに予想される読者像は全然違う(20歳前後でまだ学生もいれば、もうママもいる)のも面白いところでした。
         
         ただ、「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている」、「家が全焼しても(実話)、上品コーデ命」というように数々の名キャッチコピーを世に送り出したメンズナックルが載っていないのが残念です。著者はこの雑誌をどう読み解くのか?気になります。

         
        >> 続きを読む

        2014/06/14 by hiyoko

      • コメント 3件
    • 4人が本棚登録しています
      クイック・ジャパン86

      森山 未來鈴木 おさむやしき たかじん西島 大介伊集院 光川島 海荷上原 ひろみ空知 英秋ウィスット ポンニミット小島 慶子矢野 顕子長尾 謙一郎

      4.0
      いいね! kgr
      • 匿名

        吉田大助さんが、空知先生の「今」への肯定感を取り上げてくれてよかった。

        2014/08/30 by 匿名

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      ケトル VOL.16

      真山りか(私立恵比寿中学)河瀨直美西田善太伊藤弘マキタスポーツ岸勇希山本兼一Charisma.com南馬越一義

      3.0
      いいね!
      • やっぱりタモリが大好き!
        タモリ特集。

        今、日本人に一番うける男タモリ。
        あの惚けた表情に皆が安心するんだろうね。
        今年3月で終了する「笑っていいとも」が32年の歴史に幕を下ろすことが決まって、さらにタモリ人気が高まった感じ。
        この雑誌もそういう流れである。

        まあ、知っている内容もあるかもしれないが、
        タモリ好きなら常識トリビア集を3つお届けする。

        ①テレフォンショッキングは当初、「タモリが大ファンの伊藤つかさまで芸能界交友関係をつなげてたどりつけるか」という企画だった。

        ②最初は普通のメガネをかけていたが、高平哲郎が「素顔は迫力がないから」と私物であるレイバンのサングラスをかけさせ、それ以降定着。

        ③テレフォンショキングのお友達紹介でゲストの泰葉が誤って一般会社に電話してしまったところ、次の日は間違い電話に出た女性会社員が出演した。

        最後にこの雑誌で一番心に響く言葉を紹介。


        ”最高のサラリーマン。
        松岡正剛さんはいう、「タオリの芸は仕込まない」。
        だから誰がゲストでも、どんなハプニングがおこっても、
        その場で対応してしまう。
        まるで、ジャズミュージシャンのようなインプロビゼーションを
        作り出す。なにしろ、その伝説の「イグアナ」だってジャングル風呂で赤塚不二夫に面白いことやれって言われて、背景のジャングルにあわせてとっさに生まれた芸なのだ。
        そんなタモリさんは秋葉原が好き。「過去を振り返らない街」だから。絶えず変化する状況に自分をミックスして、クリエイティブな表現を作り出すタモリさん。
        まさに時代の変化に対応して次々イノベーションを生み出して来た。それってビジネスマンに求められる姿勢そのもの。
        タモリさんは最高のビジネスマンだ!”
        >> 続きを読む

        2014/02/02 by 本の雑酒

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています

カテゴリー"日本の雑誌"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚