こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"仏教史"の書籍一覧

      ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)
      5.0
      いいね!
      • ワイド版の方を購入。(文庫版は字が小さいからね)

        カバーの手触りが、スベスベしっとり?していてすばらしく気持ちよい。
        この紙質、何なんでしょうか!? 意味もなく触ってしまう。

        字も読みやすい。・・・・・ワイド版を買ってよかった。



        中味は、2500年以上前にお釈迦様が話したという言葉を、中村先生が現代日本語に翻訳したもの。分かりやすくてしかも詩のように美しい。(YouTubeで朗読してくれてましたね)
        真理の言葉は26章、423の短い文からなっています。感興の言葉は33章あります。後は詳しい注釈(これが多い)。

        そんな馬鹿な、ホントか?違うだろ・・・というような反論が・・・・・できない。
        まさに、真理の言葉です。

        当たり前のようなことだけど、とてつもなく深くて厳しい。

        言葉の意味も分からずワケの分からないお経を何万回唱えるより、真理の言葉を読む方が余程ため(生き方の指針・支え)になると思う。



        第一章 ひと組ずつ (註 対になる二つの詩で一つのことがらを説いている)

        1 ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。もしも汚れた心で話したり行なったりするならば、苦しみはその人につき従う。 ーー車をひく(牛)の足跡に車輪がついて行くように。

        2 ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。もしも清らかな心で話したり行なったりするならば、福楽はその人につき従う。 ーー影がそのからだから離れないように。

        3 「かれは、われを罵った。かれは、われを害した。かれは、われにうち勝った。かれは、われから強奪した。」という思いをいだく人には、怨みはついに息(や)むことがない。

        4 「かれは、われを罵った。かれは、われを害した。かれは、われにうち勝った。かれは、われから強奪した。」という思いをいだかない人には、ついに怨みが息(や)む。

        5 実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息むことがない。怨みをすててこそ息む。これは永遠の真理である。 



        この世は苦、生きるということは苦です。(いや、人生は楽しい、この世は極楽だという人は、そうあってほしいという願望。事実は苦なのです。よ~く観察してみましょう。生まれて死ぬまで楽しかない、なんて人は一人もいません。人間は、苦しいから息をしているのです。苦しいから動くのだし、苦しいから楽を求めるのです。ということは、苦しいことがあっても、それは当たり前ということですね。)

        でも苦しみを少しでも楽に変えようと思うなら、心を清らかにするしかない。汚れた心はさらに苦しみをうむ。(汚れたままに放っておけば、さらに汚れる。人間の心は汚れやすい)

        何があっても怨みの心をもたない人は、平和です。苦しいのは心が汚れているからです。自分の心次第なんです。ということは、自分次第で幸せになれる、ということなんですね。


        な~んだ、清らかな心をもてばいいだけか。
        それが、なかなか・・・・・・ついつい・・・・・・。 さあて、楽しく修行をしよう!!

        少しずつ、何度も読みたいと思います。
        >> 続きを読む

        2014/07/18 by バカボン

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      知っておきたい日本の仏教

      武光誠

      4.0
      いいね!
      • 書籍名のとおり、日本の仏教を知る為の入門書的な内容の本です。例えば、仏教にはどのような宗派がありどのような宗派毎の違いがあるかとか、どのような仏像があるか、また日頃耳にする「仏教用語」の意味等が記載されています。もっと詳しく知りたい方には物足りないでしょうが、この本の内容を把握しているだけでも、より興味深く寺院の参拝や仏像鑑賞が出来るようになると思います。
        なお、ほんの一例ですが、「除夜の鐘」の「除夜」とは、元は「春分や冬至の前日の夜」の意味だったのですが、それが転用されて「大切な日(元旦)の前日」という意味に使用され始めたのが定着したそうです。
        >> 続きを読む

        2011/08/30 by toshi

    • 1人が本棚登録しています
      龍樹

      中村元

      4.0
      いいね!
      • ナーガルジュナの思想に迫ろうとする中村元先生の精緻な記述に圧倒される。空が虚無や断絶とはことなるものであり、縁起や仏性そのものであること、その思想が最初期の仏教の正当な発展と考えられること、等のご見識には非常な感銘を受けた。
        世の仏教者たちは皆このようなことを真剣に考えてるのかな・・・もっと慈悲の心を持って世間の人たちにアピールしてもいいと思うんだけど、と感じる。
        >> 続きを読む

        2015/09/23 by maki_kus

    • 2人が本棚登録しています
      ブッダとは誰か

      吹田隆道

      4.0
      いいね!
      • 文献学、つまり文献を精緻に考証することによって最も古い文献から釈尊の姿を描こうとしてあり、面白かった。

        ビンビサーラ王が釈尊にはじめて会う時も、同盟締結を釈迦族で目指していたのではないか、また釈尊がスパイではないかと疑っていた、それでわざわざ王自ら会おうとした、という動機が推察してあり、たしかにそう考えるとリアルな感じがして面白かった。

        また、ラーフラが釈尊の出家の六年後に生れたという伝承があるそうで、これも興味深かった。

        個人的にとても興味深かったのは、ジル・ボルト・テイラーの『奇跡の脳』の話だった。
        左脳の機能が停止した著者は、右脳だけになった時に、あらゆる生命と自分との垣根が消えたような、不思議な体験をしたそうで、あたかも「ニルヴァーナ」のようだったそうである。
        ぜひその本も読んでみたいと思った。

        あと、オープン・キャノンとクローズド・キャノンという言葉がとても興味深かった。
        仏教は閉じられた経典でなく、開かれて後世も改変可能なオープン・キャノンだったから、膨大な大乗経典が生じた、というのはとても面白い視点と思う。
        仏典の素晴らしいところは、オープン・キャノンなところかもしれない。

        般舟三昧経を引用して、夜空の星空の星のように、無数のブッダがこの宇宙にはいる、ということが書かれている箇所は、読んでいて、本当に仏教の最も面白いところであり、オープン・キャノンであることの最大の理由はそこにあるのかも、とあらためて思った。

        とてもシンプルにわかりやすく書かれているので、歴史や文献の問題として仏陀に興味がある人には、良い一冊と思う。
        >> 続きを読む

        2013/02/23 by atsushi

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      日本人に「宗教」は要らない

      ネルケ無方

      4.0
      いいね!
      • 日本人が意識していない日本人のよさ。それは、無宗教、宗教には関心がないと言いながらも、実は生活の中に仏教の教えや実践がしっかりと根付いているから。(いや、根付いて”いた”・・・?)

        神道や武士道は国家(政治)に利用されたけど、本来はりっぱな教えだと思います。欧米の歴史は宗教と政治の歴史(切り離せない)。神を信じるとか救いという意味での宗教はどうでもいいけど、どう生きるかという道徳実践としての宗教?(政治に利用されない、普遍的な道徳)は、必要だと思う。

        日本人の徳の高さは、やっぱり一神教でない日本の歴史の中にあるのですね。概して日本人には一神教はなじまない。その理由も分かります。(なじむ人もいます。それはそれでいい)

        私は初期仏教の本をけっこう読んでるけど、禅(曹洞宗)の教えもいいと思います。
        ただ、(初期仏教の)「まず自分が救われたい」という根性を利己的だと問題視し、大乗仏教は「自分のことを忘れ、まず他人を先に救う」その心こそ菩薩の心だと説く、と書かれてるのは、ここはネルケさんの解釈が違います。誤解されてます。初期仏教は「救われたい」などとは考えず、「まず自分を高める努力をしましょう」という教えです(救いを求める”宗教”とはちょっと違う)。もちろん「無我」「エゴをなくす」ということは同じです。「慈悲」の心を最も大事にします。まったく利己的ではなく(逆です)、理性的なんだと思います。

        日本の葬式仏教についての否定的な考えも書かれてます。
        おかしな事がいっぱいあります(お金がらみ)。
        拝金主義に飲み込まれないで、自営業の”商売”になってしまわないように、みんな(人類、生きとし生けるもの)のためにがんばってもらいたいと思います。(戒律を守らない僧侶ってのも、なぜ僧侶と言えるのかが???)

        ネルケさんはドイツ人なので、西洋の宗教やものの考え方や価値観などがとても分かりやすく比較できました。西洋は西洋の歴史があり、日本には日本の歴史がある。
        日本には日本のいいところがあって、日本に合った文化があって、それは大事にしたいなあと思いました。

        これからも「日本人に宗教は要らない」といえる日本であればいいなあ。
        でもそろそろ宗教が必要・・・?
        >> 続きを読む

        2014/12/04 by バカボン

      • コメント 2件
    • 2人が本棚登録しています
      シャカ

      油野誠一

      5.0
      いいね!
      • お釈迦様の生涯を描いた絵本。

        よくまとまっていて、とても良かった。

        まっすぐに目的に向かって努力し、そのあとはひたすら原因と結果の法則と無常と輪廻の真理を説き続け、多くの人にそれぞれにあった形でその心を慰め、目を覚まさせていったお釈迦様。

        あらためて、その慈悲と真実の姿に、思いを馳せさせてくれる、良い絵本だった。
        >> 続きを読む

        2013/05/01 by atsushi

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています

カテゴリー"仏教史"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪