こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"日本"の書籍一覧

      秘境駅へ行こう!

      牛山隆信

      4.0
      いいね! rantan
      •  たまには毛色の違う本を読もうと読んだ。私も、電車で色々なところを巡るのが好きだが、こういった秘境駅といった場所は行ったことがなかったので、このような世界もあるのかと新鮮だった。運よく、本書でも秘境駅が多いとされている北海道に住んでいるので、この夏にでも、秘境駅の一つにでも行ってみようかと思った。 >> 続きを読む

        2018/04/29 by shinshi

    • 他2人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      日本全国津々うりゃうりゃ

      宮田珠己

      2.0
      いいね!
      • 有名観光地、どーでもいい場所。
        作者の独自のチョイスで編集者と旅する、旅エッセイ。
        自虐的文章に、思わずくくくと笑ってしまう。

        ガイドブックを活用して旅するのは便利だ。
        でも、多用はいけない。
        『ココは必ず訪れて!食べる価値あり!』
        「…ほんとうに、そうなの??」って、自分のアンテナを信じて旅するほうが、きっと楽しい。
        この作者のように。
        >> 続きを読む

        2015/08/07 by shizuka8

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      富士山に千回登りました

      實川欣伸

      3.5
      いいね!
      • 富士山に千回登る。
        これは常軌を逸している行動と言わざるを得ない。

        私は、中学、高校時代と五年間山岳部に所属していた。
        登るときに考えている事といったら、
        「もう二度と登らない」とか、
        「苦しい。苦しい。早く楽になりたい。」とか、
        「また登ってしまった。もう、後戻り出来ない。。」とか、
        とにかくネガティブな事ばかりである。
        帰宅した途端、玄関先でザックを背負ったまま寝てしまう事もしばしばあった。
        富士山より大分低い山でもそうなのだ。

        なのに、この著者ときたらと、淡々と登る。
        日に二回の富士山登山でも、当たり前のようにこなす。
        まるで、日常生活の一コマかのように登るのだ。
        事実、彼にとっては富士山登山は日常の一環なのだろう。
        力尽きる事もない。
        山の捉え方が違うとしか思えない。

        また、本書によるとこの著者の体脂肪率は0%らしい。
        もう、なんだか分からない目茶苦茶な人である。
        著者の人生も書かれているが、高校を何度も辞めたり、
        トップセールスマンだったり、飲んだくれたり、と行動が極端である。
        とにかく、好きな事はとことんと、嫌いな事は一切やらないというスタンスのようである。
        突き抜けている人である事は間違いない。

        山とは、こうも人を狂わしてしまう恐ろしいものなのだ。
        それを理解する為に読んでみても良いかもしれない。
        私も、部活を辞めたら山なんてきっと登らない、と思っていたにも関わらず、
        気づけば定期的に登っている。
        先週も登ってきた。
        そろそろ、また富士山に登ろうか。
        >> 続きを読む

        2012/06/26 by Iris

      • コメント 3件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      東京散歩

      雅姫

      3.0
      いいね!
      • 図書館で借りてみた。パラパラめくってみたけど写真集みたいな趣の本であった。

        2018/07/28 by motti

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      富士山にのぼる

      石川直樹

      4.0
      いいね!
      • 巻末の装備一式のページがたのしかった

        2018/07/11 by motti

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      ひとりたび2年生 2006-2007

      たかぎなおこ

      4.0
      いいね!
      • 旅を考えていて(京都・別府)
        旅の本コーナーにあったので、思わず読み始めてしまった
        絵が多く1日程で読んでしまい、さらに旅に行きたくなった。
        読んでいて、私は1年生にもみたない幼稚園児だなと思った笑
        >> 続きを読む

        2015/03/01 by kotori

    • 他1人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      ニッポンの嵐

      4.0
      いいね!
      • 嵐ファンの友人の家で読んだ。

        見てみると、意外としっかりした内容。
        嵐のメンバーたちが日本を旅した出会いや人との触れ合い。

        よくよく聞いてみると全国の学校に寄贈された内容の縮小版がこの本だということ。
        そして収益は東日本大震災の復興支援のために寄付されるということ。

        内容も優等生的な内容ではなく、とても好感が持てる。

        これを読んで、嵐と日本が好きになりました。
        >> 続きを読む

        2012/12/25 by mahalo

      • コメント 3件
    • 3人が本棚登録しています
      新幹線のたび はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断

      コマヤスカン

      5.0
      いいね!
      • 新青森から、鹿児島のおじいちゃんの家まで新幹線を乗りついでいくお話。

        とにかく全国の景色が見事に描かれていて、
        大人が見ても地理の勉強になります(笑)

        新幹線好きの息子はもちろん大好きな1冊。

        「ここは仙台」
        「これは松島」
        「那須塩原を過ぎたら、もう関東だね」
        「N700系さくらは新大阪からどこまで行くの?」

        2歳の子供の発言とは思えません・・・
        >> 続きを読む

        2013/12/10 by アスラン

      • コメント 9件
    • 3人が本棚登録しています
      日本全国離島を旅する

      向一陽

      3.0
      いいね!
      • 「島に行きたい!」と以前からの思いを今年の夏、実行することにしました。ところが、旅行の計画をした島の情報は旅行代理店でも少しだけしか得られませんでした。情報収集に図書館へ出かけ、出会ったのがこの本でした。
        沖縄の島、日本海の島、東京の島まで様々な島の様子が取り上げられています。
        特にそそられたのが「青ヶ島」。見出しには「究極の離島、絶壁の上の楽園」と書かれており、「いつかは行くぞ!?」と思ったのでした。
        >> 続きを読む

        2012/08/05 by montitti

      • コメント 6件
    • 1人が本棚登録しています
      京都の平熱 哲学者の都市案内

      鷲田清一

      4.0
      いいね!
      • 古本屋でみつけて、ふらっと買ってしまいました。
        父親が京都、母親が大阪の出身で、私は関東育ちです。
        鷲田さんがちょうど父親と同年代だったので、興味があって。
        そしてちょうど法事で京都に行く用事があったので、タイミングも良かった。
        鷲田さんの本、初めて読みましたが、読みやすいいい文章を書く人ですね。

        206番、という市バスの道に沿って京都を語る本です。
        散歩している気分になります。楽しい。

        具体的にどんなことが書いてあるかは皆様に読んでいただくとして、鷲田さんの言う「京都人はけったいなもん好き」というのは心当たりがあります。みんなと同じということにあまり重きを置かない、というか、他人と違うということに重きを置く人です。哲学科なんて金にならん学部に行くときも何も言わずに学費出してくれたのは本当頭が下がる。

        しかし京都人のプライドの高さというのもちょくちょく感じるので面白い。父親はいわゆる「洛中」の人なので、たとえ京都市でも洛外は京都ではないとたまにこぼします。母親に言わせれば、父親の母親、私から見た祖母もそうだったようですね。差別というのではなくて、きっちり線を引いている感じ。行政区の線とは違う、ウチとソトの堺。
        今でも「京都市」という名前で残っているから逆にややこしいのでしょうか。東京でいう「江戸」が現在の行政区と必ずしも一致しないのと同じ感覚なんだろうなぁ、と思うと、少しわかりやすいような。

        まぁ、ちょっとくらいは差別意識、というか、選民思想は入っていそうですけど。そして、その血を引いている、という意味で、私は自分についてもちょっと自慢に思っているところがあるのは否めません。本籍が京都!少し誇らしい。なぜでしょうね。


        本の内容に全然触れていなくてすみません。
        しかし京都生まれ京都育ち京都在住の鷲田さんの文章は、いろいろと考えさせられるものが多かったです。歴史と、都市と、食べ物と、産業と、いろんな話題を行ったり来たりして、いろんな角度から京都を見ている感じ。でもやっぱり、目の付け所が「おもろい」のがこの本一番の売りだと思います。買ってよかったです。父親にも読ませないと!



        >> 続きを読む

        2016/05/24 by ワルツ

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      ぼくの仕事場は富士山です

      近藤光一

      5.0
      いいね!
      • 富士山には登ったことがない。
        でも、ここにも描いてあるとおり、その優美な姿とは違って、実は、とても厳しい世界でもある。
        そこを仕事場としている近藤さんの、若い時からのことが、素直に書かれていて親近感を持った。
        若くて、片意地を張っていた頃から、どういう経緯で今に至ったのか。
        そこには、人との出合いが大きな影響を及ぼしている。
        しかも、市井の人たちの風が。
        一つ間違えると、命をなくしてしまう世界で、お客様の命を預かること、しかも、お客様の自力がかなりのウェイトを占めること。
        そういう意味でも厳しい世界だと思う。
        >> 続きを読む

        2015/01/17 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      野武士、西へ 二年間の散歩

      久住昌之

      4.0
      いいね!
      • 久住さんが野武士となって神保町から大阪へ二年かけて散歩!?するってゆうドキュメント!!
        進んでは電車で帰り、次回は進んだ場所まで電車で行ってスタートするってゆうなかなか一般人にはできない羨ましい散歩!
        のっけから野武士がスタバ入店しそうになったり、トイレに行きたくなったり、遂には・・・、伊賀で野武士iPhoneに頼ったりと可笑しいエピソード沢山です。何度も笑ってしまった。
        読んでいて、久住さんてやっぱ人見知りなんだ!と納得。
        野武士だからね!!
        >> 続きを読む

        2013/08/19 by ata-chu

      • コメント 8件
    • 3人が本棚登録しています
      トーキョー・ストレンジャー 都市では誰もが異邦人

      姜尚中

      4.0
      いいね!
      • 姜さんの声がする。
        聴こえてくるようだ。
        日曜美術館のようでもある。
        絵を場所に変えてみたら、こうなったという感じがする。
        東京ではなくて、トーキョーとしてあるところにも、意味があると思う。
        いい意味でも、悪い意味でも、日本の中における位置づけはおおきなものがある。
        ただ、それでいいのか?ということも、たくさん触れられている。
        こうやって、地元のあちこちを訪れるのも、刺激があっていいなと思う。
        >> 続きを読む

        2014/08/27 by けんとまん

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      青春18きっぷで愉しむ鉄道の旅

      青春18きっぷ探検隊

      4.0
      いいね!
      • ブックオフに立ち寄って思わず買ってしまいました。

        昔は青春18切符という名前なので学生専用なのかと思っていたのですが、立派な大人の我々でも使えると知った時は感動でした。

        この本はまさに青春18切符の入門編とも言える本なので、普段あまり旅行に行かない人にもオススメできます。

        夏休みにぷらっと旅行にでも行こうかなぁ。

        学生の時にはそんなこと感じませんでしたが、大人になってみるとゆったり電車の旅って贅沢ですよね。

        駅弁もまた楽しい♪
        >> 続きを読む

        2013/08/01 by ただひこ

      • コメント 5件
    • 2人が本棚登録しています
      オキナワなんでも事典

      池沢夏樹

      2.0
      いいね!
      • かなりの項目があるのだが、意外と知ってることが多いのに驚く。ここ5年くらいは毎年行ってるんだけど、観光ってより帰省に近いから、新たな発見をしたってことあまりない。3日4日居ても観光しないし。 >> 続きを読む

        2013/06/15 by freaks004

      • コメント 1件
    • 2人が本棚登録しています
      浅田次郎と歩く中山道 『一路』の舞台をたずねて

      浅田次郎

      3.0
      いいね!
      • この本を開くことで、先日読み終わった「一路」の参勤交代がより鮮明に妄想できます(*^-^*)

        何度か訪れたことのある妻籠と馬篭ですが、また足が向きそうです(^^)
        >> 続きを読む

        2013/08/01 by あっ!いち

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      沖縄上手な旅ごはん 美ら島に遊び、うま店で食べる

      さとなお

      2.0
      いいね!
      • そもそも旅は美味いものを食べに行くことだと思っている。自分は沖縄ではてびち、アバサー、ゆし豆腐がマスト。早くまた沖縄行きたいなぁ。 >> 続きを読む

        2013/06/15 by freaks004

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      空から見る日本ふしぎ絶景50

      渋川育由

      4.0
      いいね!
      • 目線を変えると、こんなふうに見えるのか・・・と、驚くような風景がたくさん。
        色調は加工されているので、ちょっと好みに合わない写真もあるが、それ以上の感動がある。
        鳥達は、こんなふうに観てるんだろうなあと(色を認識できているか知らないのだが)。

        そんな50の中に、地元富山や近県の風景がけっこうあって、単純に嬉しい。
        黒部ダムは何度も行ったことがあるし、砺波の散居村は教科書にものったりするくらいだし。
        こんな風景は、ずっと残さないといけないと思う。
        >> 続きを読む

        2015/03/05 by けんとまん

      • コメント 1件
    • 1人が本棚登録しています
      東京ウォーキングコース 青い空と風を感じる全20コース! (散歩の達人テーマ版MOOK)
      4.0
      いいね!
      • 友達に借りたロードのチャリでどこまで行けるか?みたいなことをやっていましたが、目的の場所までチャリで行ってそこからウォーキングっていうのもありかな?と読んでみました。

        今まで近くを通りながら素通りしていた良さそうな場所が見つかったり家の近辺にも結構いい道があったりなかなか為になりました。1つ残念なのが家で見る時はこの大きさで見やすいのですが自転車の時はウェストバッグなので入れていけないということですね
        >> 続きを読む

        2013/02/12 by yan

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています
      シブい渋谷 知られざる魅力、もりもり発掘
      3.0
      いいね!
      • ここで見た店に今週行きます。

        2014/03/26 by haruakubi

    • 1人が本棚登録しています

カテゴリー"日本"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本