こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"社会科学"の書籍一覧

      あなたがもし奴隷だったら…

      LesterJulius , 片岡しのぶ , BrownRod

      5.0
      いいね!
      • 圧倒的な迫力のある絵と、深い文章によって、深く心に響く一冊となっていた。

        奴隷船の悲惨さ。
        途中の海で投げ捨てられた多くの人々。

        単なる商品として、労働力として、ひどい扱いを受け続けた、多くの奴隷にさせられた人々。
        そのような立場に、もし自分がなったとしたら、どれほどの悲しみや嘆きや怒りがあるだろうか。

        ただ、この絵本を読んでいて思ったのは、それほどの苦しみの中でも、しっかりと生き抜いた人々がいたからこそ、今もアメリカに多くのアフリカ系の人々がいるということなのだろう。
        「気高さには無数の顔がある。」とこの絵本で語られるが、フレデリック・ダグラスのようなリーダーも、ほとんど歴史に名が残ることもなく、ただ黙々と耐えた人々も、それぞれに、本当によくぞ耐えて生きた人々だったと思う。

        あと、この絵本に書いてあって、はじめて知ったのだけれど、逃亡した奴隷の中には、インディアンの住む土地に逃げ、そこでインディアンの人々にかくまわれた人々もいたそうである。
        中には、インディアンと一緒に、さらに多くの奴隷を逃がすために引き返してきた人々もいたそうだ。

        また、何もかも剥奪されている生活の中で、自分たちの物語を語り継ぎ、歌をうたいついだ人々の姿には、本当に胸を打たれる。

        白人たちの暴力と残酷さにはただただ唖然とするほかないが、すべての白人がひどかったわけではなく、中には命がけで黒人奴隷の逃亡を助け、奴隷制廃止のために尽くす白人もいたことも、きちんとこの絵本は描いている。
        奴隷を助けることを禁じる法律までのちにできたことを考えると、それでも命がけで黒人奴隷の解放のために尽くしたアボリショニストの人々の勇気は、本当にすごかったと思う。
        自分が同じ立場だったとして、同じ事ができたろうか。

        南北戦争では、多くの黒人が、北軍の兵士となって戦った。
        リンカーンだけが自由を与えたのではなく、黒人たちが、自らのために、また国家のために、なしたことを忘れてはならないのだろう。
        「自由は与えたり、与えられているするものではない。だれかが戸の鍵をはずすことはできる。戸を少し開けることもできる。だが、そこを歩いて出るのは本人だ。」
        というこの本のメッセージは、本当にそのとおりと思う。

        「自由。自分と自分の生き方に責任を持つこと。
        自由。自分を所有すること。
        自由。自分が自分の主であること。
        自由。それは責任をともなうひとつの約束ごとだ。それをどう守っていくかのか、われわれは今なお学び続けている。」

        ラストで語られるこのメッセージは、本当に考えさせられる。

        おそらく、奴隷制を考えることは、自由とは何かを考えることでもあるのだろう。
        そして、人間とは何か、人間の権利とは何かを考え、学ぶことでもある。

        多くの人に、ぜひ一度は読んで欲しい一冊。



        (この本の姉妹版である、同じ著者のジュリアス・レスターの『奴隷とは』(岩波新書)のレビューも以下に書く。というのは、なぜか読書ログではこの本がリストにないからである。)



        この本には、膨大な文献から、南北戦争以前のアメリカの奴隷制度を体験した人々の、さまざまな体験談や証言がまとめられている。

        奴隷制がいかに、想像を絶するものだったか。
        この本におさめられている生のさまざまな証言にまさる証拠はない。
        鞭と暴力と、搾取と、欺瞞と。
        アメリカが自由と平等の国だなんていうのは、奴隷制の時代には全くもって欺瞞そのものだったと思わざるを得ない。

        この本では、人間を奴隷化するためには、二つの方法があり、ひとつは暴力による恐怖で、もうひとつは洗脳することだということが指摘される。
        そして、実際、アメリカの黒人奴隷制においては、その両方が巧妙に使われていた。

        にもかかわらず、黒人奴隷たちは、それらに耐えて、人間であり続けた。
        鞭や暴力に耐えて、絶望せずに生き続けた。
        キリスト教の教会において、欺瞞に満ちた説教を聞かされ、主人に忠実であることが神に仕えると教えられても、それらの説教を換骨奪胎して、旧約聖書のイスラエルの人々に自らを投影したり、宗教をかえって自分たちの心のよりどころとしてとらえなおしていった。

        奴隷制のもとで、いかに黒人の人々が人間の声をあげ、さまざまな形の抵抗を編み出したかもこの本には詳細に語られている。
        サボタージュや逃走、音楽やダンス。
        時には真っ向からの主人への言葉による抗議。
        あるいは諷刺や、歌を通じた皮肉。
        土曜日の夜は踊り明かして、人間としての喜びをなんとか確保すること。
        過酷な条件のもとで、もちろん多くの絶望や自殺もあったが、それでもなおかつ多くの黒人の人々が耐えて生きのびたことは本当に驚嘆に値すると思う。

        「奴隷であるとは、人間性が拒まれている条件のもとで、人間であるということだ。
        かれらは、奴隷ではなかった。
        かれらは、人間であった。
        彼らの条件が、奴隷制度であったのだ。」
        (17頁)

        というこの本の中の言葉は、簡潔に本質を指摘した言葉だと思う。

        また、この本には、リンカーンによる奴隷解放令を知った時の黒人の人々の喜びの証言もたくさん集められている。

        と同時に、現実には何も生きていくための手段も財産も与えられず、一文なしで放り出された元奴隷の人々は、多くが再び奴隷の時とあまり変わらない農業労働者の立場での酷使と搾取に甘んじざるを得なかったことも語られる。

        南部では、リンカーンの死後、急速にかつての南部の支配層が復権し、事実上の差別と「隔離」のための法律がつくられ、そのうえKKKが暴力と恐怖で黒人を支配しようとした。

        制度としての奴隷制の廃止のあとも、黒人の本当の自由への道は、険しいものだった。
        単なる形式的な自由だけでなく、自由の実質こそが大切なことが、黒人の奴隷解放前後の歴史を見ても、あらためて考えさせられた。

        また、この本を読んでいて、あらためて驚いたのは、南部においても奴隷を所有していた白人は、白人人口の四分の一に過ぎなかったということである。
        つまり、南部の白人の四分の三は奴隷を所有しておらず、奴隷制からは直接的な恩恵は受けていない人々だった。
        また、奴隷所有者も大半はほんのわずかな奴隷を所有しているだけで、百人以上の奴隷を所有する人は南部全体でわずか三百人ぐらいだったという。
        つまり、「風と共に去りぬ」に出てくるような、あたかも貴族のような豪華な暮しをしている南部の大地主というのは、ほんの一握りの存在だった。
        にもかかわらず、彼らが政治的な実権を握っていたために、南部全体が戦争に巻き込まれた。
        それは、この本にはそのことはあまり語られないけれど、黒人のみならず貧しい白人にとっても、本当は不幸な出来事だったと思われる。

        そしてまた、この本では、奴隷制度のもとでは、多くの奴隷所有者が、奴隷の反乱を恐れ、不安や恐怖を抱いていたことも指摘している。
        奴隷制というのは、結局、人を不幸にするシステムだったのだろう。

        この本は、奴隷制がいかにひどいものだったかということと、そのような制度のもとでも耐えて生き続け、人間であり続けた人々がいたことの、貴重な記録と思う。

        「今は名前を知られることのないひとびと。
        わたしは、かれらを知ることがなかったが、かれらの子孫のひとりであることを誇りとしている。
        かれらの生涯、その力強さ、その勇気に値するようになれることを、わたしは念願としている。」

        という冒頭の著者の言葉は、読み終えたあとにもう一度読み直すと、本当に魂に響く。

        多くの人に読んで欲しい、古典の一つに数えられるべき一冊と思う。
        過去を忘れずにいることが、なんらかの歴史に対して後世の私たちができる最大のことだとしたら、まずはこの本などを読んで、過去の声に耳を傾けることから、何かが始まるのだと思う。
        >> 続きを読む

        2013/02/24 by atsushi

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      日本国憲法

      童話屋

      5.0
      いいね!
      • my Kindleへ「日本国憲法」と「あたらしい憲法のはなし」をダウンロードしました。(無料版です)

        日本国民ならちゃんと読んでおかないとね。 じっくり読んでみました。



        前文には、
        「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」
        とある。そう、この権利は誰も奪うことはできない。めざすはすべての人のこの権利が守られること。
        お金持ちや権力者だけでなく、一人残らず。どんな人も。

        「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」

        ・・・・・はい、誓います
        現実に合わない(できそうにない)からといって憲法を変えるのではなく、
        大事なのは理想と目的に向かって全力を尽くすことです。
        前文を読んだだけで、何だか感動する・・・

        目指すところだけは変えてはいけません。


        問題になってる第九条は・・・?

        「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

        前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」



        どこが問題?何でだめなの?
        「全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成する」よう全力をあげて努力すればいいと思いますが・・?

        当時の文部省が出した「あたらしい憲法のはなし」では、子どもたちに向けて次のように書かれています。
        「じぶんの国のことばかりを考え、じぶんの国のためばかりを考えて、ほかの国の立場を考えないでは、世界中の国が、仲よくしてゆくことはできません。
        世界中の国が、いくさをしないで、なかよくやってゆくことを、国際平和主義といいます。
        ・・・こんどの憲法で民主主義のやりかたをきめたからには、またほかの国にたいしても国際平和主義でやってゆくということになるのはあたりまえであります。この国際平和主義をわすれて、じぶんの国のことばかり考えていたので、とうとう戦争をはじめてしまったのです。

        いまやっと戦争はおわりました。二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。
        こんな戦争をして、日本の国はどんな利益があったでしょうか。何もありません。
        ただ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。
        戦争は人間をほろぼすことです。世の中のよいものをこわすことです。
        ・・・・またこんな大戦争をおこしてしまったのは、まことに残念なことではありませんか。
        そこで、こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。

        その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
        これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄と言います。・・・・・

        しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。

        もう一つは、よその国と争いごとがおこったとき、けっして戦争によって、相手をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。
        おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。
        なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、じぶんの国をほろぼすようなはめになるからです。
        また、戦争とまでゆかずとも、国の力で、相手をおどすようなことは、いっさいしないことにきめたのです。これを戦争の放棄というのです。

        そうしてよその国となかよくして、世界中の国がよい友だちになってくれるようにすれば、日本の国は、さかえてゆけるのです。
        みなさん、あのおそろしい戦争が、二度とおこらないように、また戦争を二度とおこさないようにいたしましょう。」

        平和な日本をつくろうという強い気持ち、純粋な気持ちが伝わってきます。実際、憲法はアメリカの指導でできたのかもしれませんが、大事なのはメンツなんかじゃなくて、その中身。
        これらを読む限り、すばらしいものだと言わざるを得ません。いいものはいい。
        日本は(その後)アメリカの力(都合)に屈することなく、この憲法を守り抜く(“軍隊”“戦力”・・・)べきだったのでしょう。子どもにウソをついてはいけません。(…と思います)

        これからも守っていくべき、すばらしい理想を掲げたすばらしい憲法だと、私は思います。
        「あたらしい憲法のはなし」も必読です。

        憲法とは関係ないけど、Kindleいいですね~。(読書好きの人はもう持ってるかな。オススメです)
        >> 続きを読む

        2013/09/10 by バカボン

      • コメント 9件
    • 1人が本棚登録しています

カテゴリー"社会科学"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本