こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"経済政策、国際経済"の書籍一覧

      世界から貧しさをなくす30の方法

      田中優 , マエキタミヤコ , 樫田秀樹

      5.0
      いいね!
      • 読みすすめるほどに なんだか苦しくなってきた。

        難民に届けた支援の毛布がまた難民を増やすことにつながってしまうだなんて。

        その国を豊かにしていくための支援が一層その国の財政を追い詰めることになるだなんて。

        釣った魚を分け与えるのではなく、魚の釣りかたをおしえよ。の言葉を思いだしました。
        >> 続きを読む

        2015/06/24 by nekoya

    • 1人が本棚登録しています
      最も大切なボランティアは、自分自身が一生懸命に生きること

      池間哲郎

      4.0
      いいね!
      • 「本屋さんがくれた奇跡」で紹介されていて読みました。 『夢は大人になるまで生きてゆくこと』という冒頭から衝撃! 人間が人間らしく生きてゆく、今の日本で当たり前のことを、あらためて感謝させられます。 感謝する気持ちが、薄い今の日本人、そして、その子どもたち。 「有難い」=有ることが難しい、という言葉を考えさせられます。 子を持つ親が読むべき1冊。「自分がしてもらう」ことばかり考えていませんか? >> 続きを読む

        2014/09/18 by てるゆき!

    • 1人が本棚登録しています
      エンザロ村のかまど

      さくまゆみこ , 沢田としき

      5.0
      いいね!
      • すばらしい絵本だった。

        ケニヤのエンザロ村という村には、とても便利なかまどがある。

        そのかまどは、実は今から二十年ぐらい前に、岸田袈裟さんという日本人の女性が発明したものだった。

        それまでは、エンザロ村では、地面に石を並べてその上に鍋を載せて料理をしていた。
        石の間から熱が逃げるために多くの薪を必要としたし、子どもが火傷することも多く、一度に一つの鍋しかかけられないので食事に多くの時間が必要だった。

        しかし、エンザロ・ジコは三つの煮炊きができる。
        日干し煉瓦と泥でつくるのでエンザロ村でも簡単にできる。
        薪は少なくて済む。
        わかした水を飲めるようになったので、乳幼児死亡率が激減したそうである。

        岸田袈裟さんは、簡単にエンザロ村で誰でもつくれる水をろ過して飲む装置も発明したそうだ。

        岸田さんはもともと、岩手の遠野村の出身だそうで、小さい頃うまやで見たかまどを思い出して、それを工夫してエンザロ・ジコを発明したそうである。

        今は、エンザロ村だけでなく、このかまど「エンザロ・ジコ」はケニアの他の州にも、また隣の国のウガンダにも広がっているそうである。

        岸田さんは、小さい頃に遠野村で習い覚えたぞうりづくりもエンザロ村で始めた。
        それまでは裸足でほとんどの人は過ごしていたため、ケガや病気が多く、特に助産婦さんなどがHIVウイルスに感染するリスクが心配だったそうだ。
        しかし、エンザロ村で「パティパティ」と呼ばれるようになった、バナナやトウモロコシの皮やパピルスの茎を使うぞうりのおかげで、けがや病気も減り、学校を休む子どもの数もぐんと少なくなったそうである。

        こういうのが、本当の国際交流や国際援助というものなのだろう。
        とても感銘を受けた。
        一番大切なことは、どでかいダムや道路を高い金でむやみにつくることよりも、こうした本当に生活に役に立つ知恵を一緒に出しあうことなのだろう。

        そういえば、アフガンでペシャワール会の中村哲さんは、蛇籠工法という柳川に江戸時代から伝わる技術を使って、現地の人でもいつでも修繕できるような方法で用水路を建設したという。

        岸田さんや中村哲さんに感銘を受けるとともに、そのような知恵をかつて編み出した江戸時代等の昔の日本人は本当に賢かったとあらためて思う。
        こういう人々こそが日本の本当の宝なのだろう。
        >> 続きを読む

        2013/04/07 by atsushi

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています
      経済幻想

      平野泰朗 , ToddEmmanuel

      3.0
      いいね!
      • 著者トッドさんの「日本の読者へ」と題した一文だけでも読んで損は無い。
        世界の平和のためには「経済レベル」の安定もまた軍事レベル同等に重要なんだなあ。日本はそっちのほう一本で平和貢献すればいいのに >> 続きを読む

        2014/10/27 by junyo

      • コメント 2件
    • 1人が本棚登録しています

カテゴリー"経済政策、国際経済"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本