こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"航海、航海学"の書籍一覧

      エルトゥールル号の遭難 トルコと日本を結ぶ心の物語

      寮美千子 , いそりょういち

      4.5
      いいね!
      •  130年ほども前におこった
        オスマン帝国の軍艦エルトゥールル号の遭難事件。
        本書はその経緯を非常に分かりやすく
        簡潔な文章でまとめてくれたものです。
         
         絵本の形式をとっていますが、
        絵が子供向けではないことと
        文章も中々しっかりしていることから
        むしろ大人向けといえるかもしれません。
         
         日本人としては そんなこともあったな
        くらいの事件が、トルコでは今でも
        忘れられることなく記憶と心に残っていて、
        日本の窮地には助けの手を差し伸べてくれること。
         
         日本人としてもその返礼として
        トルコが困難に直面した際には
        できる限りの支援をする という好ましい友好関係が、
        この事件を契機に築かれたと言っても過言ではないことを
        本書は分かりやすく紐解いてくれます。
         
         自国優先主義が台頭してきている昨今、
        こうした史実から学べることは
        その重要度を増しているのではないでしょうか。
        >> 続きを読む

        2019/08/17 by kengo

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      海のサバイバル

      鄭俊圭 , 洪在徹

      5.0
      いいね!
      • 魚についてのことが、10ページずつ、細かく書いてある。

        2015/01/24 by ムーリン

    • 3人が本棚登録しています
      何かのために sengoku38の告白

      一色正春

      4.0
      いいね!
      • 【図書館】海上保安庁の説明のあとに事件の経緯を説明。つくづく無能さを痛感。熱い想いが伝わってきた。 >> 続きを読む

        2015/06/19 by おれんじ

    • 1人が本棚登録しています
      キャプテンの責務

      PhillipsRichard , 田口俊樹

      5.0
      いいね!
      • 旅客や乗組員等、船内にいる人すべての避難が済むまで船長は船舶を
        去ってはならない

        でも、ティレニア海で座礁・転覆したコスタ・コンコルディア号は
        さっさと船外に逃げ出して塩害警備隊から「船に戻れ。船にはまだ
        人がいる」と叱責された。

        コスタ・コンコルディア号のように座礁も転覆もしなかったが、船に
        乗組員全員を残したまま、船を離れた船長がいた。

        アメリカ船籍の貨物船マークス・アラバマ号は、ソマリア沖を航行中に
        海賊に拿捕された。リチャード・フィリップス船長は船と乗組員を守る
        為に、自ら海賊たちと共に救命艇に乗り込み、貨物船を離れた。

        2009年4月に発生したソマリア海賊によるシー・ジャック事件の中心
        にいたフィリップス船長の手記が本書である。拿捕される数日前から
        アメリカ海軍特殊部隊による船長救出作戦の成功後まで、自身の航海
        や家族に対する思いや、船乗りとしての体験等を織り交ぜながら綴ら
        れている。

        救命艇で貨物船を離れ、海賊たちに命を脅かされながらも彼らを冷静
        に観察している場面もいいが、なんといっても手に汗握るのは海賊たち
        に乗りこまれた貨物船内で、以前に行った海賊対策訓練を確実に実践し、
        まんまと海賊たちの裏をかき、乗組員たちを守る場面だ。

        救命艇からの脱出の失敗、死の恐怖と対峙した時の心情も正直に記さ
        れており、その臨場感が強烈に伝わって来る。

        船と運命を共にすることで責務を果たす船長もいれば、船から離れる
        ことで責務を果たす船長もいる。それが、船と乗組員を守る為であれ
        ば、船長がいる場所が責務を果たす場所になるのだろう。

        本書は「キャプテン・フィリップス」のタイトルで映画化もされている。
        私はまだ観ていないのだが、原作を読んで俄然興味を惹かれた。そのうち
        に映画も観てみよう。
        >> 続きを読む

        2019/02/06 by sasha

    • 1人が本棚登録しています
      タイタニック号99の謎 驚くべき真実!

      福知怜

      5.0
      いいね!
      • 運命のドラマを積んだ処女航海の謎/
        人知を超えた「遭難の予感と前兆」の謎/
        悲劇を生んだ戦場の不思議/
        巨大な船体と膨大な船客の謎/
        氷山発見と衝突の謎/
        沈没が生んだ悲劇と奇跡/
        死を目前にした感動の秘話/
        救助活動に付きまとう謎/
        事故後に深まる謎と不思議/
        海底に眠るタイタニック号の謎/
        の10章に99の謎を満載!
        >> 続きを読む

        2013/12/08 by books

    • 1人が本棚登録しています

カテゴリー"航海、航海学"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚