こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"人形劇"の書籍一覧

      赤川次郎の文楽入門 人形は口ほどにものを言い

      赤川次郎

      4.0
      いいね!
      • 文楽の素晴らしさ、楽しさを、素人目線で丁寧に説明。

        一方、平日の夜の部の、4時、4時半という開演時間。
        勤め人なら到底観るのが難しい時間帯。

        長時間にわたる芸というのも解るが、逆に三部制にして、
        コンサート感覚で、七時開演の部があれば、今日は早めに切りあげて文楽。
        なんて、日常に浸透するのではないかと、私も思いますな。

        私も文楽を聴きはじめたのが、平成二十五年の夏、あの橋下市長時代
        文楽への補助金存続の条件に観客動員数が目安に、応援を兼ねて文楽へ。
        あれから五年、毎年二回のペースで文楽劇場へ。

        まあ色んな、演目見てきましたな・・・わたしは「時代物」より「世話物」が
        お気に入り、でも、人形、お芝居といいながら、よう死にますな。

        死ぬとういう点では、テレビでのサスペンス物に近いです。

        義太夫と三味線、あの節回しに、ほんまはまりますな。
        今年の秋の公演(11月3日~25日)、まだチケット発売してませんが、
        「蘆屋道満大内鑑」と「桂川連理柵」、ということは、
        落語の「天神山」の葛の葉の子別れ、「胴乱の幸助」のお半長。

        落語ファンにとっては、元の浄瑠璃が見れるとは・・・・。

        10月3日のチケット購入、忘れないようにカレンダーに・・・・・。
        >> 続きを読む

        2018/08/23 by ごまめ

    • 1人が本棚登録しています
      あやつられ文楽鑑賞

      三浦しをん

      4.5
      いいね! Tukiwami
      • 三浦しをんさんが、文楽の快楽を紹介。
        それも素人目線で、それでいて核心をズバリと
        人の怖いもの知らずか、ズケズケと文楽の世界に入っていく。

        例えば、人形の使いで、アドリブはあるのかと云う単純な疑問をもつ。
        三味線の鶴澤燕二郎さんの、その答えは、「伝統芸能は「型」のあるものなんです」と、
        しかし、同じ型どおりに弾いても、もちろん上手下手は歴然とあるわけで、つまり
        「型」とはイデア(心の目、魂の目によって洞察される純粋な、ももごとの真の姿)
        なんだな、と、しをんさんは勝手に理解したと・・・。

        次に続く言葉はすべての芸能に通じるものと、私は、大好きな落語に置き換えて読んでみた・・
        「こうあるべき」という最高の理想が設定されていて、それに近づくべく、各人が一心に
        稽古に励み、芸を磨く。理想の語り、理想の音色、理想の人形の動きを目指して。
        「型」とは「不自由な取り決め」では決してなく、物語世界を最良の形で観客に伝えるための
        練りあげられた「枠」なのだ、と、落語でも、まずはどの師匠も一字一句違わぬように喋りなさいと・・。
        すべての芸事は、「型」「枠」から入る・・・、でもその枠の奥の深いこと、深いこと。

        歌舞伎のところでは、文楽との違いで、文楽は第一に聴覚(言葉)を通して築きあげるもの、
        歌舞伎は第一に視覚を通して物語世界に観客を導くもの、と言える。

        歌舞伎に出演する太夫さんと三味線、役者の動きに合わせる。常に役者さんの間合いに気をつけ
        役者さんを立てて、自分の狂言回しに徹する。 文楽の、人形のいる本舞台にには視線をやらず、
        一点を見据えて語ったり弾いたりする文楽の太夫さんと三味線さんとは、役割がまるっきり違うと。

        落語では、第一は聴覚なのか、視覚なのか、・・・・私自身は、DVDよりも音源だけのCDを愛聴するだけに、名人になればなるほど、音感が最優先と思えるだが・・・・・。

        あと、文楽人形は、魂の「入れ物」である・・・と。
        だから、人間以上に「人間」になることもでき、聞き役に徹する「背景」にもなることができる。
        でも、生身の役者が演じる歌舞伎ではそうはいかず、生々しい肉体があるのが邪魔にさえなる。

        文楽と歌舞伎では同じ演目でも、本質的な違いから受ける印象は大いに異なるらしい。
        行ってないのに、ワクワク感で楽しくなる、三浦しをんさんの「あやつられ文楽鑑賞」

        まずは、どちらからでも、体験しなければと・・・私の来年(2012年)の課題でおますな。
        >> 続きを読む

        2013/06/17 by ごまめ

      • コメント 3件
    • 6人が本棚登録しています

カテゴリー"人形劇"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本