こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"文学"の書籍一覧

      はてしない物語

      ミヒャエル・エンデ , 佐藤真理子 , 上田真而子

      4.5
      いいね! Ringo chao snoopy asuka2819 Tukiwami
      • この歳になって今さらながらの「はてしない物語」。なるほど、こういう物語だったのか

        まず、本の造りがすばらしい。
        あかがね色の艶やかな絹の装丁、たがいの尾を咥えた2匹の蛇の絵。
        2色刷の本文。
        小説でしかできない表現によって、読者をぐいぐい小説世界に巻き込んでいく。
        重くて扱いづらい本書だが、これはやっぱりハードカバーで読むべきだ。

        虚無の侵食により危機に瀕したファンタージエンを救うためにアトレーユが旅に出る前半は、とても面白く読めた。どうやら自分が救い主らしいと気づいたバスチアンが、英雄でも王子でもないチビでデブの自分のような者が出て行ったら、幼ごごろの君やアトレーユに笑われるんじゃないかと不安になるところなど、とても共感できて震えるほどだった。

        バスチアンがファンタージエンに入り込んでからの後半、その世界描写は前半と同じく面白かったけれど、急に説教臭くなってしまったのが残念だった。これは読んだ年齢によって受け止め方が変わるのかもしれない。小学校高学年くらいで本書に出会っていたら、教訓話としてもう少し素直に読んだのかも。

        人が物語を読むのは、現実世界では不細工で不器用で頼りない自分でも、物語を読んでいる間はそんな自分を忘れ、主人公と一体となってさまざまな冒険を経験したり、容姿端麗な王子になったり、敵をばったばったとなぎ倒す勇者になったりできるからではないか? なのに、いざ自分の好きなように世界を創造できる力を得たときに、人間世界の記憶を失っていくという代償を払わないといけないのはなぜなのか。なぜ、チビでデブの自分がいる現実世界に戻らなければいけないのか。

        読み進めるにつれて、たえず「物語を読む行為など、所詮は一時の現実逃避。英雄や王子など望んだところで無駄、現実のお前はチビでデブのエックス脚でしかないのだ」と言われているように感じて苦痛だった。これでは、読書を楽しもうとしている読者は、その物語世界を存分に楽しめなくなってしまうじゃないか。人間が物語を想像力を忘れ、ファンタージエンが危機に陥るのも仕方がないんじゃないか?

        ファンタジーを読むこと、想像力を働かせることはこんなにも楽しく素晴らしいことなのだ、そのことが人間世界もファンタージエンも豊かにするのだと心から思えるような展開だったらよかったのに。それだったら、わたしもいつかファンタージエンに行って、幼ごころの君に新しい名を贈る役目を果たしたいなと思うのに・・・

        「はてしない物語」は、ずっと昔に年の離れた弟のために買い与えたものだ。本の虫だったわたしと違い、なかなか本を読まなかった弟のことを心配して、親がわたしになにかいい本がないかと相談してきたのだ。そこで、当時話題になっていたエンデの本書と「モモ」をバイト代をはたいてプレゼントしたのだが、実は自分で読んだことがなかった。幸い、弟は2冊とも気に入って何度も読み返していたようだから、無駄な出費にならなくてよかった。年齢的にもちょうどよかったのだろう。
        いつかはわたしも読もうと思いつつ、実家の本棚にずっと眠ったままになっていたのを、数十年ぶりにやっと読み終えることができた。星の数は3つにしてしまったが、感慨深い本であることは間違いない。
        >> 続きを読む

        2017/08/29 by 三毛犬

      • コメント 4件
    • 他11人がレビュー登録、 57人が本棚登録しています
      からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))

      加古 里子

      4.8
      いいね!
      • 娘2カ月の頃から仲良くしているお友達がいます。
        誕生日も1カ月違いで、お誕生日が来るとお誕生日会を開き、絵本の交換をしています。

        1歳では「おとがいっぱい」
        2歳では「1から100までかずのえほん」
        3歳で「からすのぱんやさん」
        を、プレゼントしてもらいました。

        私自身子供のころに読んだ記憶がないのですが
        定番の絵本としてよく名前を聞く「からすのぱんやさん」は
        いつか娘と読みたいと思ってはいたのですが
        文字数などから、もうちょっと先かな~と思っていました。

        ですが、お友達もこの絵本が大好きということで読んでみると。

        娘の夜のお気に入り絵本の仲間入り。
        そして、それよりもなによりも、私がこの本の面白さに感動!!!

        パンがずらっと並ぶ楽しいイラスト。
        てんやわんやの楽しいストーリー。
        言葉の1つ1つ。
        何もかもが魅力的で、本当に読んでいて私が楽しいのです。
        心が躍る絵本ってこういう絵本のことを言うんだなーと。

        特に、言葉選びは本当に素晴らしく、
        「チョコちゃん、レモンちゃん、りんごちゃん、オモチちゃん」
        「よくばりサイチどん」
        「ヤマおばさんにチリチリばあさん」など
        ネーミングがユニークで最高。

        どんどん盛り上がっていくお話は
        「そんなこんなで」でという言葉で繋がっていくのですが
        その言葉自体のテンポでもワクワクを倍増させてくれます。

        こんなに楽しい絵本を娘と読むことができるって幸せ。
        この絵本をプレゼントしてくれたお友達にもありがとうの気持ちでいっぱいです。

        ***

        ちなみに私からのプレゼントは
        1歳「きんぎょがにげた」
        2歳「パンツのはきかた」
        3歳「かいじゅうたちのいるところ」
        です。

        来年はどの絵本をプレゼントしようかな♪
        >> 続きを読む

        2018/11/19 by chao-mum

    • 他3人がレビュー登録、 18人が本棚登録しています
      ルドルフとイッパイアッテナ

      杉浦範茂 , 斉藤洋

      4.3
      いいね!
      • 息子が初めて読んだ児童書はこのシリーズ。

        まだ保育園児なのでちゃんと漢字も習っていないけど頑張って毎日何ページも読み進めてます。今は3冊目の「ルドルフといくねこくるねこ」。このペースなら今年中にシリーズ全4冊を読み終えそう。本の虫街道まっしぐらです。

        自分が絵本を卒業して児童書を読み始めたのは何歳の時で何の本だったのだろう…。息子の最初の本は読書ログで記録しておこう。

        自分は1巻しか読んだことがないので2巻どんな話だったの?って聞いたところ

        子「岐阜に帰れたけど大好きな飼い主の女の子が新しい猫を飼っていたから見つからないように立ち去るんだよ…」。
        俺「…悲しいなぁ」

        6歳になったばかりの男の子にこの情緒性教育はちと早すぎたか!?
        >> 続きを読む

        2016/12/12 by ybook

      • コメント 5件
    • 他2人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      ふたりはともだち

      Lobel, Arnold, 1933-1987

      3.6
      いいね! Moffy Tukiwami
      • 良い本だなぁ:)
        ほのぼのした、こんな友情は本当に素敵だと思う。
        小さなことでも、すぐしっかり心に留めて、最善を尽くして相手の為にする。
        そして、された相手も当たり前と思わず、忘れずに相手にお返しする……
        お互いに欠点を包んじゃう、そして、言葉をケチらずに気持ちを伝えちゃう。
        これら全部がこの二匹にとって、ごくごく自然で当たり前としているのが、素晴らしく感じる。
        >> 続きを読む

        2018/02/10 by deco

    • 他2人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      精霊の守り人

      上橋菜穂子

      3.8
      いいね! decopon_8
      • 第二皇太子チャグムに宿った謎の生命を狙う異世界からの刺客。

        長編ファンタジーだけに、正直1巻だけを読んでもピンと来ない。

        守り人シリーズ、続く?旅人シリーズの全10巻に渡るファンタジーの幕開け。

        これで網羅しているのかは分からないが、各巻毎に別の文学賞を受賞しているという謎のシリーズ。

        ◆精霊の守り人
        野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞

        ◆闇の守り人
        日本児童文学者協会賞

        ◆夢の守り人
        路傍の石文学賞

        ◆神の守り人
        小学館児童出版文化賞

        読む前からハードルはかなり上がっていたのだが、長編ファンタジーは、キャラクターへの感情移入が完了するまでは、そこまで面白くは感じない印象が有るので、比較的フラットな状態で臨めたのではないかと思う。

        女性ながら槍術の使い手バルサ。
        偶然、第二皇太子であるチャグムを助けたことから、チャグムに宿った運命に寄り添って行く。

        体制側からの追手に加え、異世界からの追手にまで狙われる辺り、ハラハラさせてくれる上、バルサの仲間にも魅力的なキャラクラーが多く、今後に期待できる。

        ただ、残念ながら、やはり児童向けの物足りなさが有るのは否めないように思った。
        >> 続きを読む

        2013/03/26 by ice

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      白鳥異伝

      荻原規子

      3.8
      いいね!
      • 長い!長かった!!
        ハードカバーで590ページは開くのもなかなか億劫になりながら、
        それでも続きを求めて読んでやっとの読了です。


        勾玉三部作、二本目は日本神話の中でもヤマトタケルをモチーフにした話だとか。
        ヤマトタケルと聞いても朧げにしか分かりませんが、
        前作「空色勾玉」からは時が経ち、水の乙女と風の若子が先祖と呼ばれる時代。
        輝(かぐ)や闇(くら)の大御神など世界観は同じだが、全く別のお話。


        幼い頃から姉弟のように育ってきた遠子と小具那(おぐな)。
        いつも強気な遠子に守ってもらっていた小具那は、
        ある日都からやってきた皇子に御影人にならないかと持ちかけられる。

        遠子が自分のことを心配しなくてもいいように強くなる。
        その時は必ず帰ってくると、遠子に約束をした小具那だったが…。

        強くなる約束を果たし遠子に会う決意をした矢先、思わぬ事態に巻き込まれる。

        遠子に会わせる顔がなく帰れなくなった小具那と、
        小具那に会いたい一心でその後を追うように旅に出る遠子。


        行く先々で目の当たりにする小具那の力の数々。
        途絶えた血。
        最後は目的を果たせるのか?
        どうなる?!と思っていたけど、そこはうまく伏線回収していました。
        (→すっかり失念していたけど、そんなこと言ってたよ!!)

        序盤に出てきた白鳥の夢の話は最後まで出てきたけど、
        そこまで不吉な物を暗示させるキーワードではなかったかな。

        どんな作品にも鳥彦や菅流(すがる)のような明るいキャラクターがいるだけで
        心救われるものだなーと思う。
        辛い時でも一緒に励ましてもらっている気になるのかな。
        >> 続きを読む

        2016/09/19 by starryeyed

      • コメント 4件
    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      はれときどきぶた

      矢玉四郎

      4.5
      いいね!
      • 日記に書いたことが本当になった。そして日記を消すと全部忘れてしまう。そういうところがものすごくおもしろかった。 >> 続きを読む

        2015/11/15 by れおっち8

      • コメント 1件
    • 他1人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      ぼくは王さま

      寺村輝夫

      4.3
      いいね!
      •  寺村輝夫さんの「ぼくは王さま」シリーズの1冊目。
        「ぼくは王さま」シリーズは、私が子どもの頃に既に存在していたようですが、なぜか今まで読む機会はありませんでした。
         多分、小学校の図書室に入ってなかったのでしょう。


         巻末に上野瞭(児童文学者)という方の、
        「卵の王様について」
        という小論文が、解説として収められています。

          
        「寺村さんは、そうした風潮の中にあって、じつにまじめに「でたらめ」な物語の効用を考えた人である。最近になって「でたらめ」は「ナンセンス」などというしゃれた言葉で市民権を獲得したが、寺村さんはその出発点を切りひらいた人である。王さまと卵料理に万才!」

         
         私も何十年も生きてきて考え方・発想が教条主義的で硬直化してきていたのですね。
         もっと「でたらめ」「ナンセンス」を楽しむ姿勢が必要です。
         とりあえず、男の料理を作り出すことから始めることでしょうか?

          
         しかし、なぜ私が最初にこの物語を読んで違和感を感じたのかというと、最近、現実の政治が「でたらめ」「ナンセンス」化していて、それに憤慨することが多く、そのことを思い出したからなのです。


         社会がしっかりしているからこそ「でたらめ」「ナンセンス」を楽しむ余裕が生まれてくるのではないでしょうか。
         今後の日本は「でたらめ」「ナンセンス」な作品やお笑いを楽しめる社会ではなくなっていくのではないでしょうか。
         そして、ある日突然、身に覚えなく逮捕されて抹殺されるというシュールで不条理な社会になっていくのでは……。
          http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20140614/p1
        >> 続きを読む

        2014/06/22 by 荒馬紹介

      • コメント 6件
    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      ロ-ワンと魔法の地図

      RoddaEmily , 佐竹美保 , さくまゆみこ

      4.7
      いいね!
      • すごく面白かったです!
        人の、強いとか弱いって、見た目とか、目に見えるものとかじゃないし、比べるものでもないんだなって思いました。
        ローワンは、臆病者で弱々しいと言われているけれど、バクシャーたちのために頑張ろうって思って行動していくのが、カッコよかったです。
        お気に入りの本になりました!
        >> 続きを読む

        2015/08/27 by niko

    • 他1人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      大草原の小さな家

      恩地三保子 , WilliamsGarth , ローラ・インガルス・ワイルダー

      5.0
      いいね! Moffy
      •  最初本を手に取った時、「赤毛のアン」のような物語を想像していましたが、それとは全く異なるタイプの作品で、ローラという小さな女の子目線で語られるお話しでしたが、なんとも壮大なものでした。

         これといった大きなストーリはなく、ローラの一家が大草原で少しずつ少しずつ家を作り、生活をしていく、そんな毎日を綴った一冊。
         歴史や地理、キャンプの知識など、たくさんの情報が盛り込まれています。
         命と力を張って生きていく人々の姿が目の前にありありと浮かび、私も力づけられました。

         また、本当に素敵過ぎるお父さんでした。
         力あって知恵あって、家族に優しく、勇敢で...辛いことや大変なことにあっても、いつでもポジティブで行動力と熱情にあふれ、これ以上の良い父親ってあるかと思うぐらいでした。
         人生を愛し、家族を愛する...お父さんを見ていると、これらがどういうことなのかが分かりそうな感じがしました。
        >> 続きを読む

        2017/08/11 by deco

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      バッテリ-

      あさのあつこ

      3.5
      いいね!
      •  青春は、夢が現実とぶつかり合う時期です。
         真っすぐ全力で走りたくとも、様々な障害物とぶつかる人生の「折り合い期」であり、この期間を通し、本当に進むべき道を見つけていくのです。


         何故かこういった作品に出てくる大人たちは、ほとんどがつまらない人(笑)。
         でもよくよく考えてみたら、確かに大人って、つまらないものですね。
         折り合いをつけ過ぎて、夢も熱情も何もかも犠牲にしてしまうことが多いですから。


         そんな大人たちの中でも一人や二人、少年達に大きな影響を与える大人がいますーー
        「折り合い期」をくぐりながらも夢を守り、
        熱い心のままで育った大人たちです。

         成熟さと冷静さを身につけながらも、本心を忘れなかった大人。
         そういう大人は、やっぱりなくてはならない存在ですし、また、そのようになった方が良いのではないかと私は思うのです。


        十分な力と知識を得た今こそ、
        実はスタートチャンスなのですから。
        >> 続きを読む

        2018/12/19 by deco

    • 他1人がレビュー登録、 3人が本棚登録しています
      影との戦い

      Le GuinUrsula K , 清水真砂子

      5.0
      いいね!
      • ファンタジーにユングの心理学の要素を取り込んでおり、非常にユニークで、完成度の高い作品となっており、今、読み返してみても、なんら古さを感じさせず、むしろ現代にこそマッチした作品ではないかとも思えてくる。

        ”ゲド”という名前を持つ魔法使いが、成熟した人間になる過程が描かれていてるが、一人の人間の人生というものがファンタジーという姿を借りて象徴的に書かれているようにも感じられる。その為、子供の時、この作品を読んだ人は、人生の節目節目にこの作品を読み返すごとに新たな印象をうけるのではないだろうか?

        私も学生時代にこの作品を読んだ事があったが、つい最近、また読み直してみた。年齢を重ねた現在は、また違った目でこの本を読む事ができ、大きな満足が得られた。
        >> 続きを読む

        2018/01/02 by くにやん

    • 1人が本棚登録しています
      クマのプーさん

      A・A・ミルン

      4.0
      いいね!
      • ディズニーのプーさんは知ってても、原作は初めて読みました。


        とにかく、プーさんがとぼけていて、でも一生懸命なのが、伝わってきます。

        それから、友達思い。

        「プー横丁にたった家」では、後半、成長していくクリストファー・ロビンが、だんだん、プーさんの前から居なくなる時間が増えてきて、二人は最後はさよならをすることになっていきます。

        成長とともに、居るべき場所が変わっていく切なさが伝わってきます。

        でも、ミルンが言っているように、私たちは、いつでも会えるんです。
        私たちが思い出したり、振り返ったりしたら、また、いつでも会えるんです。

        そうやって、空想の世界を宝物にして、現実の世界を乗り気っていけるのかもしれません。
        >> 続きを読む

        2014/01/05 by ヒカル

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      そんなわけで名探偵

      杉山亮 , 中川大輔

      3.3
      いいね!
      • どろぼうおばけが面白かった。

        2016/12/27 by Na-chan

    • 5人が本棚登録しています
      闇の守り人

      二木真希子 , 上橋菜穂子

      4.7
      いいね!
      • よかった。感動した!

        読むうちにぐんぐん引き込まれ、最後には胸が熱くなり涙が・・

        1作目は、
        100年に一度卵を産む精霊〈水の守り手ニュンガ・ロ・イム〉に卵を産みつけられたチャグム?・・・
        と、精霊?体に卵を?怪物?と、やや理解しにくい所も正直あったのだが、

        今回は、山の底の世界も山の王も、ルイシャ(青光石)も、闇の守り人も、
        登場するいろんなものが私の中で現実の世界とリンクした。 (慣れただけ?)

        ユグロの愚かさ・・・宝を自分の自由にしようとする欲、権力欲、??欲、・・とにかく欲。と傲り。
        優れた兄ジグロに対する嫉妬や妬み、逆恨み、怒り。

        ジグロとバルサの中にある自分の今までの人生に対する怒り
        とそれを乗り越えようとする思い。
        ふたりの絆。

        まっすぐなカッサ・・・

        読む前は、こんなに登場人物がいて理解できるのかと思ったけど、
        それぞれのキャラがしっかりしていてまったく平気だった。(たまに人物紹介をチラ見したけど・・;)




        これは次もかなり期待できる。
        >> 続きを読む

        2013/01/10 by バカボン

      • コメント 2件
    • 8人が本棚登録しています
      夢の守り人

      二木真希子 , 上橋菜穂子

      4.7
      いいね!
      • いやあ、深いねえ~~~~~~。

        児童書なんだけど、これ、子どもたち、読み取れるのかな? 読み取ってほしい!!!



        夢・・・ 現実ではない過去の思い出、幸せだった感覚に囚われるな。
        現実に不満を抱くものほど、そしてそれを受け入れられず、人にせいにしたり羨んだりするものほど、
        自分で道をつくっていこうという意志の弱いものほど囚われやすいものだ。

        過去はもうないのです。過去にはもどれないのです。未来は分からない。でも、これから作っていける。
        今をしっかり生きていけば・・・

        やさしすぎて人の感情にまきこまれるのも気をつけなければなりません。感情というものには気をつけなければいけません。冷静に、客観的であれ。



        「あんたは、自分で思っているより、はるかに強い。・・・死ぬ気なら・・・ほんとうにすべてをすてる気なら、別の人生を生きられるだろうよ。・・・あんたの知らないことが、まだまだいっぱいある」

        「組織というものは、一度かたちができると、また、そのなかで、みにくい争いがはじまるのです。そして、一度は風が吹き込むようになったはずの箱に、また、よどんだ気がたまりはじめるのですよ」

        「まつのはつらいわな。でも、できることをやるしかないだろう?・・・すぐに役にたたないものが、むだなものとはかぎらんよってね」

        「ここにいるのは自分を不幸だと思っている人たちだ。その不幸には、きっと二通りある。ひとつは不治の病にかかっているとか、・・・行き止まりにきている人たち。もうひとつは、別の人生もあるはずなのに、なぜ自分はこんなに不幸なのか、と、運命を呪っている人たち」

        「・・・絶望した魂に共鳴して、どうする!相手をあわれに思うなら、力のかぎりすくう努力をせんかい!・・」

        『夢を見ずにはいられない人の痛み』
        「もしっていうのは、苦しくなったときにみる夢だよ。目ざめてみれば、もとの自分がいるだけさ」


        後半はハラハラドキドキ。

        メッセージがいっぱいつまった作品です。

        〈守り人〉三部作。よかった。
        >> 続きを読む

        2013/01/18 by バカボン

      • コメント 3件
    • 6人が本棚登録しています
      虚空の旅人

      佐竹美保 , 上橋菜穂子

      4.7
      いいね!
      • 今回はチャグムの話。バルサはチャグムの思い出の中にだけ出てきます。

        前半は舞台背景、布石なのでゆっくり理解しながら読みます。
        そして、後半は、チャグム、シュガ、サルーナ王女たちに目が離せなくなります。

        それにしても、チャグムはいい皇太子に成長したね。

        国を守るとは?人を道具としてみることのできるカリーナ王女・・

        「はるかな世界。・・・人の世は、そんな壮大なめぐりをを感じることもなく、人を動かしのみこんでいく。
        陰謀をめぐらし、戦をおこし・・・小さな人の命など、みすててもしかたのないこと、と思わせててしまう。
        (人はなぜ・・・・・こんなふうにしか生きられないのだろう。)」

        「人とは、ふしぎな生き物だと思ったのだ。自分をはぐくんでくれる世界が、どんなふうにめぐっているのかに、まるで無関心だ。もっぱら頭にあるのは、こういう・・・人と人のかかわりや、国と国とのかけひきだ」

        「国のために生きよ、という。それがなにより大事なことだと。・・・ほんとうにそれでいいのだろうか?」
        チャグムは自分自身に問う。国のため?一人ひとりの命の方が重いのでは?

        「わたしは殿下に誓いましたから。陰謀を知りながら、だれかを見殺しにするようなことは、けっしてさせぬと。・・・・
        清い、輝く魂を身に秘めたままで、まつりごとをおこなえる方がいることを、わたしは信じます。」
        シュガさん、私も信じます。

        「いつか、新ヨゴ皇国を、兵士が駒のように死なない国に・・・・・わたしが、うす布などかぶらずに、民とむきあえる国にしたいと思う」
        そうだ、チャグム。あなたなら、きっとできるよ!

        アルジェリア事件。テロをつぶす為に犠牲になった人たちがいる事実・・・ 
        何とかならなかったのかなあ。
        >> 続きを読む

        2013/01/24 by バカボン

      • コメント 3件
    • 7人が本棚登録しています
      ジャングル・ブック オオカミ少年モウグリの物語 オオカミ少年モウグリの物語

      KiplingRudyard , 金原瑞人

      5.0
      いいね!
      • 上巻では主人公モーグリの幼少期が描かれていましたが、
        下巻では成長したモーグリがジャングルの王として君臨する様子が描かれます。

        侵略してくる人間や凶暴な赤犬の群れとの戦いなど、ハラハラドキドキする展開が待ち受けています。
        ぜひ、ジャングルの王モーグリの最後を見とどけてください!
        >> 続きを読む

        2015/04/21 by メガネ萌え

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      ムンジャクンジュは毛虫じゃない

      岡田淳

      5.0
      いいね!
      • ムンジャクンジュって、いったいなんだ?
        毛虫のように見えるけど、ふわふわしてぬいぐるみみたい。
        いいにおいがして、人なつっこいところもある不思議な生きもの―。
        伝説の山・クロヤマで良枝が花畑を見つけた日から、やがて大騒動が持ちあがってゆく十五日間の物語。
        自然とひととのかかわりあいを考えさせる傑作児童文学。
        小学上級から。
        >> 続きを読む

        2013/12/06 by books

      • コメント 3件
    • 2人が本棚登録しています
      ちいさいモモちゃん

      菊池貞雄 , 松谷みよ子

      5.0
      いいね!
      • モモちゃんが2歳になって注射を泣かずに頑張ったり、帰りの遅いママに怒って電車でお空に昇って行ってしまうお話が大好き。

        文字通り擦り切れるほど読んで、大事にしている本。当初は絵が少ないので面白くないようだったけど、そのうち自分自身の生活とじかに重ね合わさるお話が出てくるとがぜん興味が湧き、小2になった今でも自分で何度も読み返している。シリーズ全部お気に入り。
        >> 続きを読む

        2015/02/25 by ぶぶか

    • 4人が本棚登録しています

カテゴリー"文学"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚