こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"論文集、評論集、講演集"の書籍一覧

      物語の役割

      小川洋子

      4.0
      いいね!
      • 物語は特別なものではなく、誰もが日々作り出しているもの。作家の仕事は、それらの物語を自らの感性でキャッチし、「言葉」によって形作ることである。つまり、「言葉は常に遅れてやってくる」。
        第二部の、小川洋子さんが一つの小説を生み出すまでの過程は興味深い。小説を書いてみたくなる。柳田邦男氏の息子さんのエピソードが印象的だった。人間は、物語を必要とする生き物なのだ。
        >> 続きを読む

        2014/07/25 by seimiya

    • 他2人がレビュー登録、 4人が本棚登録しています
      文芸漫談 笑うブンガク入門

      奥泉光 , いとうせいこう , 渡部直己

      4.0
      いいね!
      • この2人の『世界文学は面白い』は、この本の続編だったと知って
        すぐに購入。

        『世界文学~』とは違い、文学全般について語っており
        文学の現在であったり、創作の苦しみなどについての話もあって
        全体的にトーンは真面目で重いです。

        でも、2人の掛け合いの妙技はここでももちろん楽しめるし
        やはり、公共の場では読みにくい程笑えるし
        渡辺直己の脚注もピリっと効いていて
        何回も読み直せる一冊に出会えたかな…といった感じです。

        私は、奥泉光の小説をアンソロジーの中に入っていた短編一つしか
        読んだことがなかったのだけれど、
        その小説の持つ雰囲気からは想像も出来なかった…。
        こんな人だったとはねー!!

        小説家って、やっぱりすごいです。
        >> 続きを読む

        2012/07/01 by oka-azu

      • コメント 2件
    • 3人が本棚登録しています
      文学全集を立ちあげる

      鹿島茂 , 丸谷才一 , 三浦雅士

      4.0
      いいね!
      • ▶「BOOK」データベースより
        まったく新しい文学観、「いま読んで面白いもの」という大原則で、古典から現代までの世界・日本文学全集を編み直す壮大な試み。ディドロ1巻、ジイド1/3。「プーシキンは原文対訳で」。谷崎3巻、芥川1/2。「大江健三郎は現代の私小説である」などなど。全300巻を選ぶ侃々諤々の編集会議のすべて。

        ▶著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
        丸谷/才一
        1925(大正14)年鶴岡市生れ。『年の残り』(1968)で芥川賞受賞。『たった一人の反乱』(1972、谷崎潤一郎賞)『樹影譚』(1988、川端康成文学賞)『輝く日の宮』(2003、泉鏡花文学賞)などの小説、『忠臣蔵とは何か』(1984、野間文芸賞)をはじめとする評論など、数多くの作品がある

        鹿島/茂
        1949(昭和24)年横浜市生れ。専門は19世紀フランス文学だが、書評、パリや古書に関するエッセイ、性愛論、小説など、広範な執筆を続けている。『職業別パリ風俗』(1999)で読売文学賞、『成功する読書日記』(2002)で毎日書評賞を受賞。明治大学教授

        三浦/雅士
        1946(昭和21)年弘前市生れ。雑誌「ユリイカ」(青土社)、「大航海」「ダンスマガジン」(新書館)などの編集長をつとめながら、文芸、現代思想、バレエなどについて活発な評論活動を続ける。『身体の零度』(1994)で読売文学賞、『青春の終焉』(2001)で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
        ▶<読書百冊意自通ズ覚書>
        三人の対談でまずびっくりしたのは、丸谷があまりしゃべっていない、ということだ。
         まぁ丸谷もお年だし、オブザーバーとしてと考えていたのかな、と思うけれど、それにしてもびっくりするくらいしゃべっていない。今までの対談では、だいたい丸谷の様々な知識や見解が展開されていくパターンだったと思うのだけど。
         それは、一つには、丸谷もお年で、若い二人に任せるか、的なところもあったと思われる。そしてもう一つには、この二人の知識量と意見がハンパない。だから丸谷も、自分がわざわざ言わなくても、この二人が言ってくてるから自分は必要なとこだけ突っ込んでおけばいいや、と思っていたのかもしれない。
         そう、とにかく、鹿島・三浦両氏の人間文学辞書とも言えそうな知識がハンパないのである。
         あまりの博識ぶりに#1、如何に本を読んでいないか痛感させられることになった。なぜなら、名前は知ってるけれど読んだことはない、ならまだしも、名前すら見たことも聞いたこともねえ!という作家がいっぱい出てくるのだ。それも外国文学ならまだしも、日本の文学で、である。
         ある程度は知名度はあるだろうが、マイナーなのだろう、と片づけたいところではあるけれど、この対談のコンセプトを思い出すとそうも言っていられない。そもそもこの本、架空の文学全集を作るとしたら、誰の何の作品を選出するか?という主旨の対談本なのである。丸谷が最初に述べているように、いわゆるキャノン#2的なものにしたい、と言っているのだ。ということは、ここで挙げられている作品及び作家は、それなりに知り、読んでおくべきということで……。

         と、見聞きもしない作品てんこ盛りながらも、中には読んだことのある作品ももちろんある。漱石とか芥川とか太宰とか、外国文学でいうとディケンズとかブロンテ姉妹とかドストエフスキー、ガルシア=マルケスなどである。そういう作家に言及しているところになると、なるほどと思うし、的外れだと感じるところはないので、恐らくこの人々の審美眼は確かで、自分が全っっくわからない作家についても、妥当な、もしくは的確な意見を述べているのだろうと思われる。
         とにかく、今からでも読まなければ!と再認識させられた。同時に感じたのは、読むべき本が多すぎる、ということだ。
         この架空の全集を見るとよくわかる。日本人は日本の歴史が長いので、自国の文学というものがそもそも莫大な上に、現代文学とのつながりという意味でも西洋文学にも重要な書物がたくさんあり、それにプラスして日本の古典と密接な中国文学があり(これは日本の古典を理解する上では必要最小限でもある程度読まなければならないだろう)、さらに日本及び出版の中心・NY発の現代文学、アメリカ文学、そして南米の文学…と、本当に読むべき本が多すぎる。千年以上の歴史のある自国の文学だけ見ても、相当な分量である。こりゃ大変なわけだ。
         そして、人間は一生に読める本の量は決まっている。とも思った。
         どんなに時間があっても、人生のすべてをかけたとしても、世の中のすべての本を読むことはできない。
         そう思うと、読むべき本は種々あれど、限られたチャンスの中で厳選する必要がある。
         そういうことのためのキャノンであり、この全集(架空だけど)なのだろう。

         また、最後の方の、今の若い作家が本を読まない(文学を学ばない)ゆえに才能を枯らしてしまう、という部分が印象に残った。
         感覚だけで書いてデビューして、でも読書量が少なく学んでいないので、技量が身についておらず、そのまま衰退してしまう。出版界でも、その作家が五十、六十代になることを考えて育てることはせず、十代でもヒットしそうならデビューさせて売って終わりだから育たない、もったいない、と。
         そういうことに気づいて、デビューした後、自ら勉強したのが大江健三郎で、彼は今の作家のさきがけというかはしりみたいなところがあるねという話だった。まことに納得させられる。
         文学というのは奥が深く、幅も広くて上を見ればキリがないけれど、とりあえず自分のできることから始めよう。
         さしあたって、この架空の全集から次に読む本を選んでみようか。
        August 7, 2008

        >> 続きを読む

        2018/05/24 by rikugyo33

    • 1人が本棚登録しています

カテゴリー"論文集、評論集、講演集"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚