こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"評論、エッセイ、随筆"の書籍一覧

      そして生活はつづく

      星野源

      4.1
      いいね! momomeiai
      • 何気に買ってみたら面白かったです。
        声を出して笑ってしまったエッセイは、最近では辺境ライターの高野秀行さんくらいです。
        ただ、かなり本を読む人間としては、面白いけど文章力は上手な素人感を否定できません。
        別に面白ければ良いと言えばそれでいいのですが。

        値段も安いので暇つぶしにはお勧めです。
        >> 続きを読む

        2020/03/27 by Mika

    • 他7人がレビュー登録、 24人が本棚登録しています
      そうか、もう君はいないのか

      城山三郎

      3.9
      いいね!
      • 妻の死後書かれたエッセイだということを、巻末におさめられている次女のあとがきで知った。
        妻を「天使」「妖精」。妻との出会いを「天から落ちてきた」など、あらあら。とほほえましく読んでいたのだが、妻の死後書かれたものとなると、それも胸が締め付けられる。

        私は、城山三郎の小説は未読だ。
        このエッセイを読む限り、太平洋戦争を題材とした、重い社会派小説を書き続けたような印象を受けるが、それがどうだろう、妻との生活を綴ったこのエッセイの軽やかさは。
        太陽のように明るく能天気な妻。
        多くの物書きがそうであるように、繊細な作者。
        異なるふたりが、戦後の苦しい時代を、楽し気にぴたりと寄り添ってる姿に感動した。

        付け加えると、次女のあとがきも素晴らしい。
        このあとがきをも含めて、ひとつの作品のように思えた。
        >> 続きを読む

        2016/07/03 by shizuka8

    • 他6人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      「やりがいのある仕事」という幻想

      森博嗣

      3.5
      いいね!
      • タイトルにある「やりがいのある仕事」を必ずしも否定しているわけではなく、それを仕事に見出すことにこだわらなくて良いといった話です。本書の肝となる主張は概ね以下に集約できそうです。

        ①仕事は人間の価値を決めるものではない
        ②自分が本当に必要とするものを見極める
        ③社会がどうなっていくのか意識する
        ④他人の目を気にしすぎない(①②にも関連する)

        4章のQAは蛇足にも思えました。
        >> 続きを読む

        2020/09/09 by ikawaArise

    • 他5人がレビュー登録、 15人が本棚登録しています
      生きるとは、自分の物語をつくること

      河合隼雄 , 小川洋子

      4.2
      いいね! oka-azu
      • 当時、文化庁長官もつとめていた心理学者で心理療法家の河合隼雄と、小説家である小川洋子の対談が主な内容です。2005年と2006年に行われた二回分の対談が約100ページ、対談の翌年に亡くなった河合氏に向けた小川氏による追悼文が約30ページです。

        第一回は2005年の雑誌・週刊新潮における対談で、映画化作品も含めて小川氏の小説『博士の愛した数式』を主要な話題としています。これを受けて翌年に行われた第二回は、カウンセリング、箱庭療法、『源氏物語』、宗教(小川氏の両親・祖父母が信仰していた金光教についてを含む)、日本と西洋の価値観の比較など、扱うトピックは様々ですが、大きくは物語とは何であるかを巡る対話となっています。全般に、どちらかといえば小川氏が河合氏から知見を引き出す傾向が強かったように思います。河合氏がときおりダジャレを発すのは、村上春樹との対談同様でした。

        二回目の対談の終わり方を見る限り、継続的な対談が企画されていたように見受けられます。文字サイズも大きく一冊の書籍としてはボリュームが不自然に少ないのは、対談から二か月後に河合氏が倒れて翌年に亡くなったために計画が頓挫した影響でしょう。自然と小川氏による追悼文は、二回の対談を振り返る意味合いが色濃くなっています。

        以下、印象に残った言葉を私なりに箇条書きで要約して残します。

        ・友情は属性を超える
        ・良い作品(仕事)は作り手の意図を超えて生まれる
        ・分けられないものを明確に分けた途端に消えるものが魂
        ・やさしさの根本は死ぬ自覚
        ・魂だけで生きようとする人は挫折する
        ・カウンセラーには感激する才能が必須
        ・一流のプレイヤーほど選択肢が多い
        ・奇跡のような都合のよい偶然は、それを否定している人には起こらない
        ・物語を必要としなかった民族は歴史上、存在しない
        ・小さい個に執着すると行き詰まる
        ・人間は矛盾しているから生きている
        ・矛盾との折り合いにこそ個性が発揮され、そこで個人を支えるのが物語
        ・望みを持ってずっと傍にいることが大事
        >> 続きを読む

        2020/10/23 by ikawaArise

    • 他5人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      走ることについて語るときに僕の語ること

      村上春樹

      3.8
      いいね!
      • 文系ジョガーのバイブル

        ちょっとジョギングをするようになって半年もたっていない僕としては、一目おく現代の文豪の記したその内容ははたしてどんななのか楽しみに読んでいく。
        いわゆる文系ジョガーという括りだけでなく、僕的には音楽好きとしての部分、自転車乗りとしてもトライアスロンの一部であるバイクについてが興味ぶかかった。

        音楽について。
        ラヴィン・スプーンフル「デイドリーム」「ハムズ・オブ・ザ・ラヴィン・スプーンフル」この辺は聴いたことないと思う。
        エリッククラプトン「レプタイル」か。
        よおし、コレ聴きながらジョギングいこうと思ったり。
        カーラ・トーマス。オーティス・レディング。
        ローリングストーンズ。
        ああそうですか。
        レッチリ。ゴリラズ。ベック。
        この辺はどうなんだろうと思ったり...。
        CCR。ビーチボーイズ。
        ロッキーのテーマですか!

        自転車について。
        パナソニックのチタン製バイクに「18TIl I DIE」(ブライアンアダムス)ですかw

        この本読んだら、もう、毎日10㌔走りたくなってキタ!
        ぁ、でも5キロくらいで...。
        いや、1日おきヵ...
        しかしぁれか、2、3日おきかなw

        フルマラソン...は...。

        結局ヘタレかも。

        村上氏が自ら言う、墓に刻んでほしい言葉...。
        カッコいいぜ!


        *********************************
        村上春樹
        作家(そしてランナー)
        1949~20XX
        少なくとも最後まで歩かなかった”
        *********************************
        >> 続きを読む

        2018/07/18 by motti

    • 他5人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      ねにもつタイプ

      岸本佐知子

      4.3
      いいね! Tukiwami
      • 翻訳家、岸本佐知子さんによる第二作エッセイ集。(第一作は白水社出版の『気になる部分』。)

        日常や過去の記憶から現実に対するなんらかの違和感を察知し、つぶさに観察する。
        独特の着眼点を契機として、類いまれな妄想力が描き出した異世界へと読み手を道連れにする。

        寡聞にしてこれほどユニークなエッセイストを知らない。
        そのジャンルの境界すら危うくする、異能によるエッセイ集。
        >> 続きを読む

        2020/07/24 by ikawaArise

    • 他5人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      サラダ好きのライオン 村上ラヂオ 3

      村上春樹 , 大橋歩

      3.8
      いいね!
      • なんとなく選んだ本。予想以上に面白く、読みながら何度もくすくす笑ってしまった。読みやすくしかも1つ1つが短いため、気軽に「ねぇ、ここ読んでみてよ。面白いよ。」と言える。特に気に入っているのは、オムレツの話。 >> 続きを読む

        2020/08/02 by Rumi

    • 他5人がレビュー登録、 9人が本棚登録しています
      私とは何か 「個人」から「分人」へ

      平野啓一郎

      4.0
      いいね! Tukiwami
      •  著者の平野啓一郎さんは自身の小説の中で「分人」という考えをよく登場させている。その「分人」という概念の本人による詳しい解説となっているので「ドーン」や「空白を満たしなさい」などと絡めて読んでいったら小説への理解が深まっておもしろかった。

         人間は個人というただひとつの分けられない人格を持つのではなく、その時その時で出会った人に対してそれぞれに違った人格を自然に作り出している。自分という一があって分数の様に人格が派生しているので「分人」と呼ぶ。
         たとえば会社では偉そうにしている人が家では奥さんの尻に敷かれていたりなんかがそうだ。会社での人格と奥さんの前での人格は違うけれども決して意識して演じ分けているわけではない。つきあう人の性格やその場の環境に影響されてそういう言動なっている。それぞれの関係性の中で人格が芽生えて成長していった結果で分人が生じている。

         あまり難しくないし理解しにくい感覚でもないと思う。むしろ「なんだ、そんなことか」と思われてしまうくらいかもしれないが世の中は一人の人間にはひとつの個人という感覚が広く理解されている。ちょっとつっこんだところまでいっても本当の人格とペルソナという関係が語られるくらいで、分人という理解は一般的ではない。
         たとえば猟奇的な殺人事件が起こると犯人の同級生なんかが「クラスの中じゃ大人しくて、あんなことをする子には思えなかった」と言っているのが報道されるが、それは殺人犯としての分人と、大人しい子という分人が理解されていないだけだ。
         さらにそこでナレーターが「一見大人しい彼の本性は残虐な殺人鬼だった」と言うのだが、これも本性が殺人鬼なのではなくて殺人犯の分人とクラスメートの分人が別々に存在していて決して主従の関係になっているのではない。

         分人という考え方を納得していると対人関係が楽になるんじゃないかなと僕は思った。分人は関係性の中で生じる。自分と目の前にいる人との関係性の中から今まさに互いに分人が生じて成長しているのだからウラがあるのではと不必要に勘ぐる必要はない。ウラでなにを言われていようがその人と一緒にいる時に自分が心地よければその心地よい時間を築き上げていくことに注力すればよい。その人の陰口を言う分人と自分と居るときの分人は別の人格を生きているのだから。そう言う風に考えることが出来る。
         ただ、分人の説明を頭で理解しても人を勘ぐらずに生きるなんてことは難しい。分人と言う考え方は理屈で解っているよりも皮膚感覚で体得されるべき概念だと思う。それこそ現代社会で人間は一つの個人という人格を持っているということが常識として納得されているのと同じレベルで理解される必要がある。

         一般常識的として理解される為には世間的な広まりが大事だ。オードリーの若林さんも平野さんの読者で色々なところで分人について語っている。人間の多面性をより深く知る物差しになっていくと思うので、分人という概念が世の中に広く理解されていけばいいなと思う。
        >> 続きを読む

        2019/01/07 by Nagatarock

      • コメント 2件
    • 他4人がレビュー登録、 12人が本棚登録しています
      もものかんづめ

      さくらももこ

      4.1
      いいね! Moffy
      • 漫画『ちびまる子ちゃん』のほのぼのとした雰囲気と違って、とても迫力のあるエッセイ集だった。

        内容がポジティブでアグレッシブとかそういうのではなく、とにかく勢いが良い。

        「えいやっ!」と書き上げたようなエッセイばかりだ。
        そのせいか、読みながらも、溢れ出すエネルギーに押しつぶされそうになった。

        特に印象深かったのは、8割が失敗談だということ。

        やらかしたことや、恥ずかしい過去が満載だ。
        もう欠点丸出し。

        その潔さにパワーを感じた。


        過去の失敗を笑い飛ばせるようになった分、人は成長する。
        そして、失敗して恥ずかしい思いをする度に、成長のチャンスがやってくるとも言える。

        さくらももこさんのように、ドカーンと失敗して、ドカーンとでっかくなってゆけるのも悪くない。
        >> 続きを読む

        2019/08/23 by Moffy

    • 他4人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      打ちのめされるようなすごい本

      米原万里

      4.2
      いいね! momomeiai
      •  米原万里さんは、ただの本好きではなく「読書力」が人並みはずれて発達した人で、これは「私の読書日記」という本を中心とした日頃の事が前半、色々な所に書いた書評が後半となっています。

         時代がアメリカが湾岸戦争、イラン・イラク戦争を始めた頃と重なっていて、米原さんの反米感情は並々ならぬものがあります。

         そしてアメリカに追従する日本の政策にも怒りを感じています。
        政治に関する固い本、娯楽とは言えないハードな世界にも興味、関心を持って接しています。

         米原さんはロシア語通訳が本業。それ故、ロシア、ソビエト関連の書籍が多くなっていますが、自分の仕事に誇りを持って、本から知識を得なければ成り立たない、範囲が広い、政治から文化、色々な産業まで知識がなけば(言葉を知らなければ)通用しない世界に対して実に貪欲に読書をしています。

         病気になるとその関連図書を読みあさり、色々な医者や治療法を変え、医者に対して疑問と反論をして医者から嫌われてしまう、という経験もします。

         本に対して、どう向き合うか、米原さんのような「強い読書力」は無理としても、この本を読んで、良かった本に対してどれだけねじりこんでいくか・・・を考えてしまいました。

         本を読む気分、体調ではない時もある。本ばかり読んでいて机上の空論ばかりの地に足がついていない生活になっていないか?

         米原さんの読んだ本を追いかけて読みたいよりも、本(ひいては好きな物)への対峙の姿勢を見せつけられたような気がします。

         米原さんの興味、嗜好はわたしとは同じではない。しかし、読んでみたい、という気持にさせて引き金のような役目を果たすにはこれだけの強引さがないとダメであることを実感します。

         ネットに情報はあふれているけれど、映画や本について他の人が書いたものを読んで(いわば要約)読んだ気分になり自分のものにしたような錯覚には警鐘を鳴らしてもいます。
        >> 続きを読む

        2018/06/18 by 夕暮れ

    • 他4人がレビュー登録、 13人が本棚登録しています
      人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)

      曽野 綾子

      3.8
      いいね!
      • 曽野綾子さんが、人間にとって成熟とは何か。

        自分らしく、品格ある生き方とは・・・十八の提言を。

        いずれにしても、根底にあるのは、人間とは弱いもので、
        常に善と悪の間で彷徨っていると・・・・ゆえに、
        善の領域で、少しでも考え、立振る舞いできることはどれだけ尊いか。

        例えば、品というものでは、品とは多分に勉強によって身につく。
        本を読み、謙虚に他人の言動から学び、感謝を忘れず、利己的にならないこと、と。
        受けるだけではなく、与えることは光栄だと考えていると、それだけで
        そのひとには気品が感じられる・・・・と。

        といいながら「他人を理解することはできない」「人間の心は矛盾をもつ」
        「正しいことだけをして生きることはできない」など、
        各人の心に宿る正義とは何かと、聖人君主の生き方を奨めているのではない。

        ゆえに、成熟した生き方とは、羨ましいものである.
        >> 続きを読む

        2018/11/12 by ごまめ

    • 他4人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      大人の流儀 a genuine way of life by Ijuin Shizuka

      伊集院静

      2.6
      いいね!
      • 続いて、伊集院静さんの本。

        久しい人を失った時、別れはいつか訪れるものでありながら、切なく苦しい。

        でも、そこから一歩踏み出したときは、目に見えない力が備わっていると、

        すべては、父親から、母親から、幼きときに教えられたことばかり、

        大人はこうあるべき、男はこうあるべき、お金が全てではなく
        日本には四季があり、風情があり、人には人情がある。

        男も女も、凛として、背筋を伸ばして生きる姿は美しい。

        大人の流儀・・・は、続きます。
        >> 続きを読む

        2015/07/22 by ごまめ

      • コメント 4件
    • 他3人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      野心のすすめ

      林真理子

      4.0
      いいね!
      • 高校生のころ、林真理子さん大好きで、よく読んでいました。
        大人になって、なんとなく読まなくなってしまいましたが、久しぶりに手に取ったこの本は、やはり面白く、林文体?とでもいう気持ちよさがありました。

        もっともこの本でも書いているように、「野心」の量は人それぞれですし、あとは、何に対する野心か、ということもあるので、林さんとは価値観が違うなぁと思うところもありました。例えば「ハードルが低い結婚相手=佐川急便の男の子」のように読み取れる部分がありますが、佐川急便の配達員のどこが悪いのか、わたしにはよくわかりませんでした。
        同じように「安らげる人」「一緒にいて楽な人」もハードルが低い例に挙げられていますが、わたしからみればそれらの条件はとても優先度が高く思います・・・なんて言うと、

        >いま、「低め安定」の人々がいくらなんでも多すぎるのではないでしょうか。

        と、真理子さんに叱られてしまうのかもしれませんね。

        でも、そんなふうに価値観が違うなあと思いつつも、真理子さん自身の苦労や努力、バッシングのことなどを買い荒れた部分は面白くて、どんどん読み進めてしまいました。やはり筆力がある、プロの物書きなのですね。久々に真理子さんの小説も読んでみたくなりました。
        >> 続きを読む

        2016/12/11 by みやま

      • コメント 2件
    • 他3人がレビュー登録、 16人が本棚登録しています
      あの頃ぼくらはアホでした

      東野圭吾

      3.6
      いいね! momomeiai
      •  東野圭吾ってこんな人だったのか!と良い意味で衝撃を受け、作品だけでなく人として興味を持つことができた。東野氏自身の小学生時代から就職するまでの出来事が書かれているが、関西弁の軽妙なトーク主体で書かれているため、とても楽しく読み進めることができる。また、(親近感を感じる)タイトル通りのアホっぷりで、思わず笑ってしまうようなシーンも多い。特に、不良に囲まれた中学生時代や、自らの過去の悪行をさも友人K(圭吾のK?...)がしでかしたことのように語っているところなどは、アホっぷり全開で面白かった。彼は無類のゴジラ好きだったようで、途中当時のゴジラ作品の魅力などが語られている部分があるが、私は全く知識も興味もないので、そのあたりは読んでいて少し退屈感があった。物語は就職時点で終了となっていて、今後もそれについて語るつもりはないらしい。いつか、自分ではなく友人Kのこととして(笑)語ってくれることを期待している。。 >> 続きを読む

        2019/06/18 by shinkai

    • 他3人がレビュー登録、 21人が本棚登録しています
      春になったら莓を摘みに

      梨木香歩

      4.1
      いいね! niwashi
      • この本は、自分にとって何がそんなに良いのか言葉にできないけれど、大好きな作品で、一度目は確か図書館で借りて読んで気に入って、数年後に「あぁ、そうだった、これ好きだった」と思い出し、単行本を買って読んで、またそののちに、文庫版には単行本に載っていないエピソードが書き下ろされていることを知り、「いつか文庫本も買わなきゃ」と思いつつ、なぜ今かわからないけど、文庫本を買い、読み終わったところ。私の記憶が正しければ、三度目の読了。大好きな作品といいつつ、まだ三度目だけど。

        三度目にしても、何がそんな良いかやっぱり言葉にできない。単純に私の文章力の無さが一番の理由だと思うけれど、私はこの作品というより、この作品の中の梨木香歩が好きなんじゃないかと思う。ウエスト婦人を主とした、外国での、異文化を持つ人々との交流、それだけでも魅力的なのだが、それが、梨木さん独特の低いトーン(と私は感じる)の落ち着いた文章で語られているところにすごく惹かれる。梨木さんは、対象人物や、出来事に対して、思慮深く、それを的確な文章で表現していて、夜中にしんしんと降り積もる雪のように、言葉が、文章が、心に積もっていく感じがする。読んでいてすごく落ち着く。梨木香歩にかかるとどんな人物も出来事も「思慮深く、落ち着きをもったもの」になるんじゃないかと思うほど。明るくパッと華やぐようなエッセイではないけれど、また、人生の折々で再読したいと思う。(やっぱりうまく言葉にできなかった)
        >> 続きを読む

        2020/10/23 by URIKO

    • 他3人がレビュー登録、 14人が本棚登録しています
      妻に捧げた1778話

      眉村卓

      3.7
      いいね! Tukiwami
      • 淡々として情に訴える感じがないのがいい。

        羨ましい夫婦だと思う。
        夫の仕事に理解があって押しつけがましくなくサポートする妻ってすごい。

        やっぱお互いがどういう仕事してるかよく理解している夫婦って少ないと思う。
        作家は特殊な職業だけど、それでもこの著者は今まで書いた作品を最初に読んでもらっていたといい、そこまで信頼できる関係はなかなか無いんじゃなかろうか。
        >> 続きを読む

        2019/07/29 by W_W

    • 他3人がレビュー登録、 11人が本棚登録しています
      父の詫び状

      向田邦子

      4.0
      いいね!
      • 読後感に余韻がある。戦前の生活がどのようなものか体験していないのでわからないが、きっとこんな感じなんだろうなと思う。子どもの頃の話が中心だが、くすりと笑うようなエピソードがちりばめられている。読んでいて楽しくなる。
        断片的な話がいくつも集められているようだが、最後に、キーとなる話があって、なるほど、そういうことでこの話があったのかと合点がいった。テレビやラジオの作家だけあって、目の前に光景が展開するような表現力がある。心温まる話でほっこりした。
        >> 続きを読む

        2018/01/26 by KameiKoji

    • 他3人がレビュー登録、 10人が本棚登録しています
      夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011

      村上春樹

      4.2
      いいね!
      • 村上春樹氏のインタビュー本。たまに見かける「村上作品解説本」よりも有益であろう。

        2018/07/19 by motti

    • 他3人がレビュー登録、 8人が本棚登録しています
      にょにょっ記

      穂村弘

      4.5
      いいね!
      • 何だ!この日記は!?
        短い文章の中に、ギュギュッと笑いのエスプリが散りばめられている。
        日々のちょっとした引っ掛かりや空想が面白い。
        よく自分の日記を後から読み返すと恥ずかしいとか、誰かに読まれたら恥ずかしいとか聞くけれど、この日記に限っては当てはまらないだろう。
        変な話だが、こんなに面白く書けるなら、死ぬ前に日記を償却処分しなくても良さそう。遺族もきっと長く悲しまずこれを読んで笑ってほのぼのしてしまうだろう。
        >> 続きを読む

        2020/04/13 by taiaka45

      • コメント 2件
    • 他3人がレビュー登録、 6人が本棚登録しています
      三谷幸喜のありふれた生活

      三谷幸喜

      4.0
      いいね!
      • 図書館にて。
        最近割りと頭使う本を読んでいたので、なにも考えずに笑える本をと思い、ちょいとイタズラ心も働いてカウンターにいる図書館のお姉さんにお勧めがないかと尋ねてみる。いやきっと本好きなんだからそゆこと聞かれたらむしろやる気がでて楽しいはず!私だったらそうだ(そして正直ちょっと面倒くさいと思うはず)

        若いお姉さんは困惑顔をみせるわけでもなく、アルバイトの新人店員さんが「これはマニュアルにない。教わっていない。対応がわからない、まずい。」というような申し訳なさ顔で奥の先輩?図書館員の方を呼んでくる。すんません。

        例えば、と聞かれ、最近だと清水みちこさんのエッセイなんかが笑えました、と答え(「主婦と演芸」というタイトルだった記憶している。この本もお勧め!)そこからこちらが導かれたようです。清水みちこさんと三谷さんはラジオもやってますもんね!その発想が、たまたま私が知っている世界だっただけだがサブカルっぽくてなんだかうれしい。

        ありふれた生活、新聞でもチラチラと読んだことあったんですがこんなに前から連載が続いてたんですね~
        >> 続きを読む

        2015/08/10 by nananann55

      • コメント 1件
    • 他2人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています

カテゴリー"評論、エッセイ、随筆"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本