こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


カテゴリー"その他の東洋文学"の書籍一覧

      朝鮮詩集
      5.0
      いいね!
      • 金素雲という人が1940年、つまり戦前に、1905年から1940年に出された朝鮮の詩人の詩を集めて、日本語に翻訳した本。

        もうだいぶ前にブックオフで百円で手に入れて、本棚に入れっぱなしになっていた。
        てっきり歴史的な詩集と思ったら、意外と近代の作品ということで、買った当初は興味が持てず、本棚に眠っていた。

        ふと他に何も読む気がしないので、今日本棚を眺めていて、何気なく読み始めたのだけれど、読み始めて驚いた。
        非常に新鮮で、わかりやすく、面白く、豊かな詩の世界がそこには広がっていた。

        四十人の詩人のさまざまな作品の詩集なので、それぞれに個性はもちろん違うのだけれど、なんといえばいいのだろうか。
        近代の作品であるのと同時に、朝鮮の深い伝統的な詩心がちゃんとある気がするし、それに何より、どの詩もすばらしい日本語に訳して生かしきっている訳者の金素雲の日本語力がすごすぎる。

        本の後ろについている詩人たちの短い略歴を見ると、その多くは日本の大学に留学経験のある人がほとんどのようである。
        朝鮮半島にとっては、植民地時代という、たぶん日本人からは想像がなかなかできない困難な屈曲を伴った時代だったのだろうけれど、とても豊かな精神はちゃんとそこにもあったんだなぁということを、この詩集を読んでいて感心させられた。

        また、本の後ろの方についている解説によると、この本の出版に際して、随分と訳者の金素雲は朝鮮総督府との間で苦労し、結局後半三分の一ぐらいは当時は出版できなかったようである。
        その一方で、戦後になると、日本文化に媚びたと糾弾されもしたらしい。

        そうこう考えると、非常に稀有な、貴重な一冊なのかもしれない。
        この一冊ができあがるためには、大変な苦労があったのだろう。

        一方で、そうした背景を抜きにして、純粋に文学として見た時にも、この本はとても素晴らしい詩集だと思う。
        岩波が文庫におさめた識見はたいしたものだと思う。

        特に心に響いた作品は、私にとっては「桐の葉」と「その人」という詩だった。


        「桐の葉」   韓龍雲


        風のない空から 垂直に波紋を描いては静かに舞ひ散る桐の葉――、あれは誰の跫(あしおと)でせう。

        霖雨(ながあめ)の霽(は)れ間を 西風に吹き追はれる黒雲の崩れた隙間から ちらりとのぞいた蒼い空――、あれは誰の瞳でせう。

        花もない大木の 苔古りた肌のあたりに 仄(ほの)かにこもるえいはれぬ香り――、あれは誰の息吹きでせう。

        源を知る人もない遠い山あひから流れては 河床の小石転(まろ)ばすせせらぎの音――、あれは誰の歌声でせう。

        蓮(はちす)の踵(かがと)で涯しない海を踏み 紅玉の掌で西空を撫でさする落日の粧ひ 遠茜(とほあかね)――、あれは誰の詩なのでせう。

        燃えくづれ 燃えつきては またしても炎ゆらぐ 消ゆる日のない心の嘆き――、これは誰の夜を護る か細い灯(ともしび)でせう。



        「その人」   朴八陽


        朝な朝な わたしはその人に行逢ふ
        うつくしく聡明なその人に、
        微笑のただよふその口もとに 朝の光が照りそふとき
        え知らぬ幸福にわたしは酔ふ。


        その人は怒りを知らない、
        その人は渝(かは)らぬ親しさで話しかける、
        その人は貧しきを卑しめず、
        その人は富めるを畏れない。


        いつも白い木綿の身づくろひは、
        その人の心根のやうに浄くすがすがしい、
        その人は働きながら書物を読み
        人に逢へば腰をかがめて挨拶する。


        その人は湖水のやうにもの静かで、
        その人は生帛(きぎぬ)のやうにやはらかで、
        その人は兄弟のやうに温く、
        その人は学者のやうに知慧深い。


        ついぞ愁ひを知らぬその人、
        大空のやうに心のどかなその人、
        澄み透った瞳に知慧はかがやき
        引きしまった口もとに微笑の宿らぬ日とてはない。


        朝な朝な わたしはその人に行逢ふ、
        うつくしく浄らなその人に。
        >> 続きを読む

        2013/02/07 by atsushi

      • コメント 5件
    • 1人が本棚登録しています
      アイヌ神謡集 (岩波文庫)
      4.0
      いいね!
      •  アイヌ民族の神様の話に
        どういったものがあるのか知りたくて
        こちらを読んでみました。
         
         アイヌ民族は文字を持たなかったため、
        先祖代々 口伝で伝えられてきていたものが
        失われてしまわぬよう、
        日本語になおして記述し
        できるだけ音を正確に残そうと
        ローマ字表記を併用した
        工夫を施した筆者の才能に感服します。
         
         物語り自体は非常に簡潔です。
        神様は時にフクロウであったり狐であったり
        海の神様であったりしますが、
        いずれの話もアイヌが自然と共棲していて
        それらを大切にしていた様子が伝わってきます。

         実は、一時期そうではなかったことがあったことを
        悔いて改めた様子などが出てくるのも面白いです。
        まさに昔の行いの反省を
        後世に言葉で伝えようとしたものなのでしょう。
         
         非常に興味深い作品なのですが、
        せっかくのローマ字表記を読んでみても
        音しかわからないため
        本当のアイヌ語の響きをうかがい知れないことが
        無性に残念でした。
         
         YouTube で検索してみても
        正直いまいちピンと来なかったため、
        いつか本当の神謡の響きを聞いてみたいなと思います。
        >> 続きを読む

        2018/05/27 by kengo

    • 1人が本棚登録しています
      雪

      宮下遼 , PamukOrhan

      4.0
      いいね!
      •  トルコ北東部、アルメニア国境近くの街、カルス。何ものかに殺害された前市長の後任を決める市長選と、相次ぐ理由の不明な少女たちの自殺を取材するためにカルスにやってきたKaは、学生時代の友人イペキに再会し、恋に落ちます。
         イペキの元夫で市長候補のムフタル、明日の出来事を記事にする地元紙《国境の街》を発行するセルダル、オールドリベラリストを自称するイペキの父トゥルグト、イスラム主義のカリスマ的指導者〈群青〉、その愛人でイペキの妹カディーフェ、世俗主義に反抗してスカーフを脱がない彼女に憧れる学生ネジプ、Kaがさまざまな登場人物に出会い、さまざまな考え方に翻弄されているうちに、雪は降り積もり、街は外部との交通を遮断され、そこで起こる旅廻りの役者スナイ・ザイムによるクーデター……物語は目まぐるしく動いているはずなのに、不思議な静けさが漂っているのは、絶え間なく降りしきる雪のせいでしょうか。
         
         今年もまた、村上春樹がノーベル文学賞を逃したことが話題になっていますね。ブックメーカーの予測もあまりあてにならないようです。
         さて、ブックメーカーのラドブロークスが、ずばり的中させてその名を挙げたのが、2006年、このオルハン・パムクの受賞でした。
         
         今回は、月うさぎさんの手法に倣い、小見出しを並べてみたいと思います。この作品の場合、わたしがあれこれ書くよりも、そのほうがずっと面白さが伝わりそうですので。

        01 雪の静けさ──カルス到着
        02 わたしたちの街は安全ですよ──遠い地区
        03 神の党に清き一票を──カルスの貧困とその歴史
        04 本当に市長選や自殺した女の子たちのためにやって来たの?──〈新しい人生〉菓子店にて、Kaとイペキ
        05 先生、一つお伺いしても──殺人犯と被害者の最初で最後の会話
        06 愛、宗教、そして詩──ムフタルの悲しい物語
        07 イスラム主義者なんて、西欧人とか世俗主義者がつけた名前に過ぎません──党本部と警察署、そして街角
        08 自殺をするのは罪だ──〈群青〉とロスタムの物語
        09 失礼ですが、あなたは無神論者ですか?──自殺など思いもよらない不信心者
        10 この詩はなぜ美しいのか?──雪と幸福
        11 ヨーロッパには別の神がおわすと?──Kaと長老
        12 神がいないのなら、貧しい人たちが味わう苦しみにはいったいどんな意味があるんでしょうか?──ネジプとヒジランの物語
        13 自分の信仰について無神論の人とは議論したくはありません──雪の下、カディーフェとの散策
        14 どうやって詩を書いていらっしゃるんですか?──晩餐、愛とスカーフ、そして自殺について
        15 誰しも、生きているうちに叶えたい願いってのを持ってる──国民劇場にて
        16 神なき地──ネジプの目にした光景とKaの詩
        17 『祖国、あるいはスカーフ』──チャドルを焼いた少女にまつわる演劇
        18 撃つな、弾が入ってるぞ!──ステージの上の革命
        19 雪って、なんて美しく降るんだろう──革命の夜
        20 祖国と同胞に栄光あれ!──夜、Kaの就寝中から早朝にかけて
        21 でも、僕は誰も知りません──Ka、寒々しく恐ろしげな部屋へ
        22 まさにアタテュルクを演じるのにふさわしい男──スナイ・ザイムの軍歴と現代演劇のキャリアについて
        23 大切なのは理性や信仰心じゃなくて生き方そのものなんだよ。神だってそれがわかる程度には公正だろうよ──スナイと司令部にて
        24 僕はKa──六角形の雪の結晶
        25 カルスで唯一、自由な時間──Kaとカディーフェ、ホテルの部屋にて

         読んでみたくなりませんか?
        >> 続きを読む

        2014/10/11 by 弁護士K

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      雪

      宮下遼 , PamukOrhan

      4.0
      いいね!
      •  オルハン・パムク、唯一の政治小説、なのだそうです。
         トルコは国民の99%がイスラム教徒でありながら、政治的には世俗主義を国是とし、ヨーロッパの一員たるべくEUへの加盟を目指している国です。その政治情勢は複雑で、クルド人問題も絡み、理解するのは容易ではなさそうです。
         しかし、この「政治小説」は、読者に対してその政治情勢を説明するものでもなければ、作者自身の政治的見解を表明するものでもありません。雪で閉ざされたカルスの街を支配するスナイ・ザイムのクーデターも、何らかの政治的目的で理解することはできないものであり、主人公であるKaの関心も、イペキとの恋を成就し、ともにフランクフルトに戻ることだけです。
         事件と語り手の距離がなんだか遠いものに感じられるのは、そのせいなのかもしれません。地元紙「国境の街」の記事どおりスナイ・ザイムは舞台上で銃弾に倒れるのか、街中の注目を集める中カディーフェはスカーフを脱ぐのか、そういった関心が最高潮に達するはずのクライマックスも、どこか他人事じみています。

         思えば、クーデターそのものの発端からお芝居なのか現実なのかがなかなか区別がつかず、その終焉もまた然り。人々がそれを観客席から、あるいは自宅の居間でケーブルテレビの映像を通じて見守っているというこの小説のシチュエーションは、トルコの政治を描いたものというよりは、現代の世界そのものを描いたものともいえます。

        26 我々と神をかくも強く結びつけているのは貧困ではない──西欧に対する〈群青〉の声明
        27 辛抱するんだよ、娘さんや。カルスから応援しているからね──Kaは共同声明に参加するようトゥルグト氏を説得する
        28 待たされる苦痛と愛とは別ものよ──Kaとイペキ、ホテルの客室にて
        29 僕に欠けているもの──フランクフルトにて
        30 次はいつ会える?──つかの間の幸せ
        31 我々は馬鹿ではない、ただ貧しいだけだ──ホテル〈アジア〉の秘密会合
        32 無理ですよ、身体の中に二つの魂があるんですから──愛、どうでもいいこと、〈群青〉の失踪について
        33 カルスに不信心者あり──銃撃への恐怖
        34 カディーフェも承知しないだろう──仲介者
        35 僕は誰のスパイでもない──Kaと〈群青〉、独房にて
        36 まさか、本当に死なれるつもりじゃありますまい?──人生と芝居、芸術と政治の間の駆け引き
        37 今夜、セリフを語るべき者はただ一人、カディーフェの髪だけよ──最後の公演の準備
        38 べつにあんたを悲しませたいんじゃないんだぜ──強引な招待
        39 一緒に泣くよろこび──Kaとイペキ、ホテルにて
        40 二重スパイってたいへんなんですってね──途中で投げ出された章
        41 誰しも雪の結晶を持っている──失われた緑色のノート
        42 トランクの用意をするわ──イペキの視点
        43 女は誇りのために自殺するんです──最終幕
        44 いまじゃあ、この街にあの人を好きな人なんていませんよ──四年後、カルスにて

         なお、主人公Kaの本業は詩人です。事件の合間に訪れる詩想に導かれ、「自殺と権力」、「この世の果て」、「神なき地」等、19篇の詩を書いています。その詩を書いたノートは失われましたが、その19篇を想像、記憶、理性という三つの軸で構成された雪の結晶図に従って配置されたメモが残りました。
         率直にいって、このメモが何を意味しているのかわたしにはまったく分かっていないのですが、そういった観点から読み直してみると、また違う作品像が浮かびあがるのかもしれません。
        >> 続きを読む

        2014/10/12 by 弁護士K

      • コメント 3件
    • 1人が本棚登録しています
      千夜一夜物語 バートン版

      大場正史 , リチャード・フランシス・バートン

      4.0
      いいね!
      • 魅惑の世界に引き込まれる。

        2016/03/23 by one

    • 5人が本棚登録しています
      世界でいちばん大切な思い

      笛木優子 , イミエ

      4.0
      いいね!
      • じーんと心に響いて、読み終わって泣きそうになりました。

        2017/03/07 by ふみえ

    • 1人が本棚登録しています
      ハル 哲学する犬

      Barunson. , クォンデウォン , 蓮池薫

      3.0
      いいね!
      •  哲学書ではありませんが、
        それっぽいテイストをもった
        詩集のような本です。

         韓国の詩人さんの作品を
        蓮池薫さんが和訳したものです。

         絵本のように
        かわいらしい絵がほどこされており、
        著者の世界観に入っていくのを手助けしてくれます。

         内容は好き嫌いがあるというか
        ひろいにくいものもあると思いますが、
        私はとにかく絵が気に入りました。
        ほんわかあたたかく、そして寂しげ。
        詩の情緒ですね。
        なんとなく★3つです。
        >> 続きを読む

        2015/02/03 by kengo

    • 1人が本棚登録しています
      おじいさんのぼうし

      Parrocha-DoctoleroBeth , こうむらしほこ , GatmaitanLuis P

      4.0
      いいね!
      • フィリピンの絵本。

        戦争中は、日本の兵隊と友達だったという思い出を話してくれるおじいさん。
        面白くて、優しいおじいさんだが、ある時から物忘れがひどくなり、ついに孫である主人公のこともわからなくなってしまう。

        認知症の祖父を、それでも愛し続ける孫。
        人の死と生は、大きな樹がやがて枯れても、その実から新しい樹が育っていくようなものだと、優しく諭す親。
        そして、最後には再び一度孫のことを思い出して名前を呼んでくれた祖父。

        老いや認知症という難しいテーマを、よく絵本にしてあったと思う。
        >> 続きを読む

        2013/06/22 by atsushi

      • コメント 4件
    • 1人が本棚登録しています
      ユダヤ・ジョーク人生の塩味

      ミルトス

      5.0
      いいね!
      • 今日、『ユダヤ・ジョーク 人生の塩味』を読み終わった。
        最近ちょっとずつ読んでいたのだが、とても面白かった。

        ユダヤ人は冗談が好きなようで、この本にはそのエッセンスが詰まっていたのだけれど、しばしばとても笑わされたし、なんというか、笑いを通してユダヤ人の歴史が垣間見えた気もした。
        しばしばブラックなユーモアも多かった。
        ユダヤの抱えてきた困難な歴史と、それを咄嗟の知恵で生き抜いてきた様子もうかがえた。
        いかなる人生の辛苦も笑い飛ばす逞しさも感じた。

        いくつも笑える話はあったけれど、以下の三つの話は特に心に残った。

        一つは、こんな話。
        ナポレオンが諸君の願いごとを何でもかなえよう、とある時に兵士たちに向かって言った。
        ポーランドの兵士は祖国を。スロヴァキアの兵士は土地を。ドイツの兵士はビール工場を。それぞれ願った。
        それに対し、ユダヤ人の兵士は「今晩の食事に大きなニシンを一匹ください。」と願い、ナポレオンは即座にかなえてくれた。
        他の兵士たちが何でもかなえてくれると言ったのに馬鹿だなぁとユダヤ人の兵士に言うと、いずれ誰が賢く誰が馬鹿だったかは気づくよ、私は少なくともニシンを一匹確実に手に入れたんだから、と言ったという話。
        ユダヤ人の現実主義がうかがわれる。

        もう一つは、こんな話。
        ある人が神さまに向かって、神様、あなたにとって人の百万年は人にとってのどれぐらいでしょうか、と尋ねた。
        すると神さまは、一分間ぐらいだね、と答えた。
        さらに、そのある人は、神さまに向かって、それでは神さま、あなたにとって人の百万ドルは人にとってのどれぐらいでしょうか、と尋ねた。
        すると神さまは、そうだな、一セントぐらいだな、と答えた。
        それでは、その一セントを私にください、と人は言った。
        すると神さまはこう答えた、わかった、それでは一分後に。

        もう一つは、ある人がノアの箱舟から学んだこと、として挙げられていた以下の十一のこと。

        一、舟に乗り損なうな。
        二、われわれは同じ船に乗っていることを忘れるな。
        三、先だって計画せよ。ノアが箱舟を造ったとき、雨はまだ降っていなかった。
        四、元気を保て。六十歳の時に、誰かがでっかいことを頼みに来るかもしれない。
        五、批評に耳を傾けるな。しなくてはならない仕事をやりつづけよ。
        六、高い地面に未来を築け。
        七、安全のためには、ペアで旅せよ。
        八、スピードはつねに有利とはかぎらない。カタツムリもチーターと一緒に乗っていた。
        九、ストレスに悩むときは、しばらく漂っているがよい。
        十、覚えておくこと、箱舟はアマチュアが造ったが、タイタニック号はプロが造ったのではなかったか。
        十一、どんな嵐が襲っても、神が一緒なら、いつでも虹が待っている。


        三つとも、単なるジョークというより、考えさせられる話だった。

        他にももっと単純に笑い転げるいろんな、かなりきわどいジョークもたくさんあった。

        やや大人のテイストの、ブラックでビターなジョークも多いけれど、多くの人にお勧めした好著。
        >> 続きを読む

        2013/06/18 by atsushi

      • コメント 6件
    • 3人が本棚登録しています

カテゴリー"その他の東洋文学"の書籍一覧 | 読書ログ

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本