こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


1952年8月発行の書籍

人気の作品

      神曲

      ダンテ

      岩波書店
      カテゴリー:
      2.5
      いいね!
      • 人の悪口を言う百の方法が載っている本①。あるいは歴史の授業等で有名な中世初の世俗批評の本。私は仕事に就いて2年目以降結構辣腕家として最大多数の生存のためのベースサービス構築を重視して生きてきたので(ヒポクラテス的)、死後は地獄行きかなーと思っていたので、さて、地獄とはどのような所なのかをちょっと捻くれた視点から見てみようと一度読んでみたことがあります(一獄、七獄一圏/ニ圏、八獄六嚢辺りのどれかに送られそう。あの辺とか行けばカエサルとかチェーザレとかヒポクラテスとかイルマニーフィコとか良そうだし知的好奇心は満たされそうだなぁと、)。というわけで、地獄は私の居場所ですので、そりの合わない方々にはぜひ三途の川を渡れない程度に良くも悪くも事を起こさないか、あるいは大悪党として地獄の空高くから落っこちてきて地獄の底にあるらしい穴にずっぽりと頭から嵌っていただきたいと思っています(ロケットペンシルのごとく、前に落ちてきた人のケツに頭から刺さるらしいです(そこまで読んでおりませんが)。面白いでしょ?)。真面目に解説すると、内容はダンテ・アリギェーリの時代までに生きた人々の批評を全て3文定型詩の形で韻とか踏みまくって記載した本です。キリスト教的美学の側面はありつつも善事も悪事も例を踏まえて記載されています(詩なのに道徳本ですね)。真面目に読むとあまり面白みはありません。ただし、人の悪口を言う際に捻た言い回しをする参考にはなります。私と違ってダンテは割とアレな人なのでヒロインが・・・。でも西洋の詩聖です。あまり、お勧めは致しませんが、興味をそそられた方は読んでみるのも良いかと思います。 >> 続きを読む

        2012/12/04 by Shimada

      • コメント 4件
    • 2人が本棚登録しています

出版年月 - 1952年8月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本