こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


1966年10月発行の書籍

人気の作品

      銀のいす

      C.S. ルイス

      岩波書店
      カテゴリー:小説、物語
      5.0
      いいね! Moffy
      •  王子探しにおいて、三人の主人公(ユースチス、ジル・ポールと泥足にがえもん)はそれぞれの役割がありました。
         まず、ジル・ポールはアスランより王子を見つけるヒントを四つ教わり;
         ユースチスは第3部の冒険での経験をいかし、冷静な判断力を働かして物事を先へ先へと動かし;
         泥足にがえもんは身体をはって命をはって、仲間を危機から引き出しました。

         本当にこのチームは絶妙に
         互いに補足し合って、最高のバランスを保っているのです。

         人は育った環境や価値観の違いによって、見えてくるものが異なります。
         自分には見えなかったものが他の誰かによって明らかにされたり、
         他人には分からない、自分だけの気付きもあります。
         それゆえ、何人か集まることによって、全体像が見えてくることもあるのです。

         一人一人、
         それぞれの活躍があるのです。

         なので、誰に対しても見下すようなことをしてはいけません。
         また、誰もが自信を持つべきではないでしょうか。
        >> 続きを読む

        2018/08/16 by Moffy

    • 3人が本棚登録しています

出版年月 - 1966年10月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本