こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


1975年5月発行の書籍

人気の作品

      荘子

      荘子

      岩波書店
      カテゴリー:先秦思想、諸子百家
      5.0
      いいね!
      • 『荘子 第二冊(外篇)』読了。

        内篇は、自分の小さな物差しを捨てて「それをそのままに見る」ことが主に書かれていると読んだ。
        その中で、儒者のいう仁義のようなものは「それをそのままに見ていない、ことさらなこと」として戒めていた。
        そのような表現は、あくまで荘子の考え方を説明するための一つの手段であると思う。

        しかし外篇になると、手段であったものが話題の中心になり、徹底的に仁義を攻撃する。
        そうかと思うと一転して、仁義のあり方が自然なのでそれに従うべきだ、などと言ったりする。

        さらには「自然のままに任せておいて、何もしない」ことを「無為」と言って、「無為であることですべてがうまくいく」とまで言ってしまう。
        内篇では「それをそのままに見て、ことさらなことをしない」あるいは「自然、運命に無理に逆らわない」ことを「無為」と表現していたと思うのだが。
        それに、うまくいく、という考え方がすでに自分の小さな物差しをあてていることになるのではないか?

        荘子の元来の思想であろう内篇の内容からは、はなはだ離れてしまっている感がある。
        むしろ、内篇で学んだことが自分の中でぶれていないか、という観点で読むべきなのかもしれない。

        それでも、深くうなずける箇所も少なからずあった。
        自身の備忘のためにもいくつか挙げておく。
        特に最後に挙げた「魚の楽しみ」は、内篇の庖丁の逸話を彷彿とさせ、感動的ですらある。
        以前、セミナーの講師が「私の先生だったコンサルタントは、顧客のオフィスに行くだけで話を聞く前にもう課題をピタリと当てた。『なぜ分かるのですか』と聞くと『こうして眺めると分かるのだ』と答えた」という話をしていたことを思い出す。

        ----------
        【天地篇 六】堯と封人の問答
        封人が堯に「寿、富、男子多き」という世俗的な祝福を願い出て、堯は「それを受けると徳を養うことができない」として拒否する。
        封人は「それらを受けてもそれぞれに対応すれば何ら問題ないはずだ」とし、「あなたを聖人と思っていたが、せいぜいのところ君子だ」と言って堯を退ける。

        【天地篇 九】孔子と老子の問答
        人の力ではどうにもならない動止、死生、廃起を人の力でコントロールしようとすることを諌め、物をも自然をも忘れた「忘己」を勧める。

        【天地篇 十一】子貢と丈人(老人)の問答
        苦労して水を汲む丈人に、子貢は楽に水を汲むことができる仕組みを教える。
        丈人は「その仕組みは知っているが、ことさらなことをしないのが師から学んだことだ」と子貢を退ける。
        子貢は恥じ入るが、その話を聞いた孔子は子貢に次のように話す。
        「その丈人は一面だけしか学んでいない。内面はそのようでありながらも、外面は世俗に立ち交じって楽しむものだ」

        【天道篇 十】桓公と輪扁の問答
        古代の聖人の書物をありがたく読んでいる桓公に対し、言葉にして伝えられないことがあると輪扁が諭す。

        【天運篇 四】顔淵と師金の問答
        古代の聖人のやり方をそのまま今に活かそうとする孔子について、時代や人によってそれぞれにやり方があるのだと師金が避難する。

        【秋水篇 七】荘子と恵子の問答
        ゆうゆうと泳ぐ魚を見て、荘子は「これこそ魚の楽しみだ」と言う。
        「あなたは魚ではないのにどうしてそれがわかるのか」と問いかける恵子に対し、荘子は次のように答える。
        「あなたも私ではないのに『魚ではないのだからわからない』と知っているだろう。私もここから魚を見て、魚の楽しみがわかるのだ」
        ----------
        >> 続きを読む

        2019/06/22 by IKUNO

    • 1人が本棚登録しています
      愛の試み (新潮文庫)

      福永 武彦

      5.0
      いいね!
      • 福永武彦は『草の花』だけ読んだことがありました。そんな福永さんの恋愛論です。彼は案外リアリストなんですね。でもロマンチストでもある。リアリスティックなところは年の功かもしれません。晩年の著作なので。ちょくちょく挿話が挟んであるのが面白かったです。

        「僕は愛について語りたいと思う。」という冒頭の一文にやられて読み始めたのですが、もう、外見の薄さからは想像できないほど内容が深いので、しばしば読み返して考えたい。10年後にはまた違う考えになっていそうなので。

        孤独というものと絡めて語っているのが、草の花を彷彿とさせるし、福永さんそういう考えなんだな、とよくわかります。反論したいところもあり、深くうなずくところもあり。
        ただ、愛とはこういうものである、と定義することはできないので、この本に書かれているのはあくまでも福永さんにとっての愛とはこういうものだという、そういうことです。
        冷静で、ロマンチックで、何度も読みたい良書でした。

        しかし愛の持続のなんと難しいことか。融晶作用の項目が非常に興味深かったです。
        >> 続きを読む

        2015/12/06 by ワルツ

    • 2人が本棚登録しています
      りんごがたべたいねずみくん

      中江嘉男 , 上野紀子

      ポプラ社
      カテゴリー:芸術、美術
      4.0
      いいね!
      • 「ねずみくんのチョッキ」を読んで以来、なんとなく注目しているねずみくんのシリーズ

        今回は「りんごが食べたいねずみくん」♪

        内容は(絵本に対して真面目にこんなこと言うのもどうかと思いますが)たいしたことありません。ストーリーあるといえばあるけどどうということもなく、はらぺこあおむし的な「絵本っていいね♪」という感じも特になく、ユーモアがあるようにも思えず、面白いわけでもない…

        でもこのちっちゃすぎるねずみくんの表紙はたしかにカワイイ。
        集めたくなっちゃう感じ。

        先日本屋さんでもシリーズでずらっと平積みされていたけど、この可愛らしさが子供たちに愛される理由なんだろうなぁ。
        >> 続きを読む

        2013/04/06 by sunflower

      • コメント 3件
    • 5人が本棚登録しています

出版年月 - 1975年5月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

野村證券第2事業法人部