こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


1978年7月発行の書籍

人気の作品

      カラマーゾフの兄弟

      フョードル・ドストエフスキー , 原卓也

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.6
      いいね! tomato Tukiwami
      • 市原隼人がでているドラマでカラマーゾフにハマり、本も読んでみよう!と思って読んでみた。

        ドラマの前知識があるおかげか、結構スラスラと読めた。
        上巻ではキリストがどうとか神がどうとかそのようなことが語られていて、私や日本人である人はあまりピンと来ないと思う。

        ちょっと哲学的な感じだった。

        上巻なのでまだストーリーは全然進んでいないが、今夜から中巻を読むので楽しみだ。

        内容はたぶん理解出来ていないがとりあえず、ストーリーを楽しもうと思う。

        光文社現代語訳の亀山さん訳のが読みやすいと評判だが、カラマーゾフの空気感が軽いといったレビューを見たため、新潮文庫の原さん訳で挑戦!

        やはり読みやすい=どうしても空気感が軽くなるんだと思う。
        読みにくくても、カラマーゾフの雰囲気を味わいたいのでこのまま読み進めていこうと思う。
        >> 続きを読む

        2015/06/19 by snoopo

      • コメント 4件
    • 他2人がレビュー登録、 31人が本棚登録しています
      赤ずきん

      グリム

      岩波書店
      2.5
      いいね!
      • 初めて読んだときはハラハラして手を握りながら聞いていたわりに、思ったほどのめりこまず。 >> 続きを読む

        2015/02/01 by ぶぶか

    • 他1人がレビュー登録、 2人が本棚登録しています
      文車日記―私の古典散歩 (新潮文庫)

      田辺 聖子

      5.0
      いいね!
      • 長い間探していたが、母の蔵書の中に紛れていた。67編のエッセイがある。見出しに丸がつけてあるのは気に入ったものだろう。
        ざっと読んでみると、想い出すものとそうでないものがある。ジャンルも古典文学に限ったものでなく落語まである。さすがお聖さんだ、面白い!
        二編ずつ読んで考えよう、「その一」と言うことで今日から始める。



        額田女王の恋(万葉集)
         奔放な歌と物語を残した万葉の星。少女の頃に中大兄皇子に従ってきた大海人皇子と恋に落ちた、厳しそうなお兄さんより優しい微笑と優雅な弟の方がいいわ。
        おおらかな歌で斉明・女帝に愛され、有名な歌を読んだ。

         熟田津に船乗りせむと月まてば潮もかないぬ今は漕ぎいでな

        彼女は宮廷の華、周りの人々の心を惹きつけていた。
        兄の中大兄皇子に求められた。斉明帝が崩御し天智天皇(中大兄皇子)が即位し、その男らしい統率力を見て愛人になった。
        ある初夏の一日、蒲生野で狩りがもようされ、大海人皇子をみかけて歌った歌。

         あかねさす紫野ゆき標野ゆき野守は見ずや君が袖ふる

        大海人皇子の返歌

         紫の匂える妹を憎くあらば人妻ゆゑにわれ恋ひめやも

        周りは大喝采。
        座興とはいえ実におおらかな歌だった。
        何十年の前の記憶が浮かび、恋の記憶も、馴れ合いの歌の中にはあったのかもしれない。

        その後も天智天皇の愛人であり続けたが没年は定かではない。

         君待つとわが恋居ればわがやどのすだれ動かし秋の風吹く

        晩年の

         いにしえに恋ふらむ鳥は時鳥けだしや鳴きしわが恋ふるごと

        どちらの天皇を深く愛したのか、巫女の身分でお后になることはなかったが、聖子さんはどちらも同じウエイトで愛したのではないか、と締めている。






        むかしはものを

        百人一首の中で人気がある歌。

        あひみてののちの心にくらぶればむかしはものを思はざりけり

        あなたにあってから物思いが増えました、と私などは読み取ってきた。

        だが聖子さんは「あひみての」に複雑で皮肉な響きがあるという。
        あい見るとは、ただ出会ったのではなくて、既に一夜をともにした。その後男はひょっとして白けてしまったのかもしれない。
        あぁ昔思っているだけの日々の方が良かった。恋は萎んだ。

        ――作者の藤原敦忠は男女の愛の微妙なながれのゆくすえを早逝者の直感で洞察していたに違いありません。――

        こういう読み方は初めて知った。聖子さんの洞察も興味深いものだった。
        >> 続きを読む

        2015/05/19 by 空耳よ

      • コメント 12件
    • 2人が本棚登録しています
      カラマーゾフの兄弟

      フョードル・ドストエフスキー , 原卓也

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.6
      いいね! tomato Tukiwami
      • いよいよ面白くなってきた。

        中巻ではほとんどがミーチャのシーンだ。

        尋問を受けているときのミーチャの二転三転っぷりが本当に面白い。
        ロシア的というか古典文学的というかオペラ的というか、重い空気なのにどこか笑えてしまう。

        ドラマではイワンを軸にしてストーリが転回するが小説ではミーチャなのかな。

        ドラマを見ていたので犯人は誰かわかっているが、もしわからなかったらどういう気持ちでこのストーリーを読み進めていただろうと思うと、犯人を知らずにこの本を読めなかったことに対して少し後悔。

        あと、グルーシェニカってそんなに魅力的な女性なんだと興味を持った。

        今日本屋で下巻を買って早速読む。
        >> 続きを読む

        2015/07/01 by snoopo

      • コメント 6件
    • 18人が本棚登録しています
      カラマーゾフの兄弟

      フョードル・ドストエフスキー , 原卓也

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      4.3
      いいね! tomato Tukiwami
      • とうとう読み終わった。

        私の読書生活、カラマーゾフを読むことを目標としてきたがとうとう読了した。

        神だとかなんとか論者とかそのへんはさっぱり分からなかったがストーリーを追うだけでも面白かった。

        登場人物のそれぞれがしっかり個性を持っていて、満遍なく全体のキャラクターがしっかり描写されとてもバランスの良い小説だ。

        最後、アリョーシャの子供たちに言う言葉の数々がとても素敵で美しかった。

        でもこの本、日本人ではなかなか心底から理解出来る人は少ないと思う。
        ガチガチのキリスト教で育ったわけではないし、日本の社会がそんなに宗教宗教していないので、それぞれのキャラクターが持つキリストへの信仰心に対して共感したり反撥したりの意見を持つのは難しいのかなぁと思う。

        あまり宗教の概念が根強くないから。

        そういえば、高校のときの英語の先生がすごくアメリカかぶれしていて、キリスト教に改宗して子供もミドルネームがある…みたいな英語の先生がいて…なんかそれって、それってお飾りキリスト教?と感じたことがあるのを思い出した。
        まぁ本人がそれで満足しているなら、私はいいんだけど。。懐かしい。
        >> 続きを読む

        2015/07/07 by snoopo

      • コメント 9件
    • 18人が本棚登録しています

出版年月 - 1978年7月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚

レビューのある本

コンタミ 科学汚染