こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)


1979年7月発行の書籍

人気の作品

      風の歌を聴け

      村上春樹

      講談社
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      •  大学1年生の頃に読んだ本です。
         こういってしまうと身も蓋もないけれど、これが村上春樹の最高傑作だと思っている村上ファンも多いのでは。

        「ひとつ質問していいかい?」
        「喜んで。」
        「君は何を学んだ?」
         大気がかすかに揺れ、風が笑った。そして再び永遠の静寂が火星の地表を被った。若者はポケットから拳銃を取り出し、銃口をこめかみにつけ、そっと引き金を引いた。

         長いこと、デレク・ハートフィールドを実在の作家と思い込んでいました。どうやら、ハードフィールド=庄司薫説もあるようですね。「赤頭巾ちゃん気をつけて」のレビューに月うさぎさんがコメントをつけていらっしゃいますが、村上春樹に対する庄司薫の影響みたいな話はけっこう有力説なんでしょうか。
        >> 続きを読む

        2013/05/16 by 弁護士K

      • コメント 7件
    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      ジェニィ

      古沢安二郎 , GallicoPaul

      新潮社
      カテゴリー:小説、物語
      3.2
      いいね!
      • 好意的な意見が大半を占める本書ではあるものの…………あえて言おう「駄作である」と

        ある少年(ピーター)が交通事故に遭い、猫世界へと転生します。
        いわゆる異世界転生もののはしりでしょうか。
        そこで、ヒロインであるジェニィと、様々な冒険や葛藤を経験し、ピーターとジェニィは成長する。
        にもかかわらず、意識を取り戻したピーターのラストの台詞は、

        あ・ま・り・に・も・子供っぽすぎます。

        あくまで夢の中での経験にすぎず、現在のピーターになんの影響も及ぼしていない、とするならば、構想としてあまりにお粗末。
        お粗末ならお粗末なりに、台詞をつけないという選択もあるはず。

        当時の日本では『日本婦道記』のような、女性かくあるべしといったプロパガンダ色の強い娯楽小説が出版されていた中、同時期の米国は、こういった現実と乖離したファンタジーを出すゆとりが充分にあった、という考察の一助になる程度。

        必読とは、とうてい思えぬ。

        …………と、我が家の猫が語ってますよ。
        >> 続きを読む

        2017/10/22 by 猫ですが

    • 他1人がレビュー登録、 7人が本棚登録しています
      夏目漱石 決定版

      江藤 淳

      新潮社
      カテゴリー:日本文学
      5.0
      いいね!
      • 夏目漱石の諸作品の解説が目から鱗でした。知らないことばかりで勉強になりました。講演集も含まれているので批評内容の繰り返しが一部見受けられる点が少し難か・・。 >> 続きを読む

        2019/02/22 by Mura_P

    • 3人が本棚登録しています
      金閣炎上

      水上 勉

      5.0
      いいね!
      • 水上さんは「ブンナよ、木からおりてこい」の作者。日本仏教と関わりが深い方のようです。

        三島由紀夫の「金閣寺」はあくまで三島由紀夫の物語だったのでしょう(途中までしか読んでないけど)。けれど、水上勉さんのこの作品は、炎上事件の真相を自らの足で何年もかけてくわしく取材したドキュメンタリー作品のようになっています。水上さんは「事実の八割どおりは書けたように思う」とあとがきに書いています。

        林青年の生い立ち、日本仏教やお寺のありかた、社会の、親子の人間関係などさまざまな視点から見れば、林青年がやったことはよくないけれども心情は理解できる気がします。放火しても(死のうとしていた)何もよくはならない。けれど、林青年がこの世に嫌気がさしてしまったとしてもそれは無智だった(「苦」を冷静に客観的に理性的に観ることができなかった)から、ただただ気の毒だったとしか言えない。

        この作品には水上さんから林青年へ「鎮魂の思いを捧げる」目的があったそうです。水上さんのやさしさですね。

        (ちなみに、日本仏教には魂とか霊魂とかの概念があるのかな?でも、「魂」に縛られると苦しいと思います。上座仏教で言われるように、魂というモノはなく、魂がさまよったり留まったりすることもなく、ただ、こころのエネルギーが「因果法則」によって変化生滅し続ける、大ざっぱに言えば、亡くなったらすぐに他の生命として生まれ変わると理解した方が理にかなってるかと思います。「鎮魂」と言うより、あなたのことをきちんと理解したいという「やさしさの回向(分かち合い)」のための作品と言った方がいいかもしれません)

        観光名所としての金閣寺。
        拝観料で多額の収入を得る会社のような組織になっているお寺。お寺にも上下がある。お釈迦様の教えや禅寺としての役割は、どこへ行ったのか(そもそも禅寺として建てられたわけではない)。お坊様も世間の煩悩を乗り越え悟りに至った人ではないし、もちろん使用人は普通の煩悩に満ちた人間。

        お寺なのに出世などという俗世間の仕組み。日本への伝来の仕方によって、さらに時代と共に変わっていった日本の仏教。政治に利用されてきた歴史があるので仕方がないのかもしれない。(世襲制だったり、檀家制度があったり日本独自のやりかた)

        林青年の生い立ちも。田舎の貧乏寺の住職である父親が結核で亡くなって、地元の寺に住むことができなくなる。村から疎まれた母は実家に帰る。林青年には故郷がなくなる。自身も、吃音の障害と父からもらった結核。出世の見込みもないだろう(出世という欲の概念に執着した時点で仏教ではないね)。

        仏教の勉強も途中でやる気をなくした林青年が、現実(苦)をありのまま受け入れ、そこから冷静に苦を乗り越えるべく精進しようという気になれなかったのは、どうしようもなかったか・・・。だって人間だもの・・・。

        仏教の基本である真理、「四聖諦(苦集滅道)」だけでも、きちんと学んでたら、、、悲観的になることはなかっただろうなあ。

        太平洋戦争の学ぶ余裕のない時代だったのも原因の一つだろう。若いお坊さんは戦争に取られたり学徒動員で作業させられたり、それどころじゃなかった…。



        仏教をきちんと学ぶには、今はいい時代だと思う。今のうちだね。
        ありのままの現実(苦)をきちんと受け止め、受け流し、乗り越え、小さな苦を楽に変えながら自分の人生を有意義に明るく生きたいと思います。

        人は苦の中で生きています。苦があるから、苦だから生きているという事実。苦を乗り越えるためには個々の智慧が必要です。人間を含めた生命同士が助け合うこと、慈悲の心が必要です。智慧と慈悲を身につける方法はあるのです。絶望せずに精進しようと思うだけでも、幸福への道を一歩前進したことになるのです。幸福への道を歩く(精進する)のは楽しいものです。

        仏教は明るいのですよ。
        林青年には、お釈迦様の教えを知ってもらいたかったなあ。
        >> 続きを読む

        2018/05/02 by バカボン

    • 1人が本棚登録しています
      猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)

      カート・ヴォネガット・ジュニア

      早川書房
      カテゴリー:小説、物語
      4.0
      いいね!
      • 「あなたヴォネガットを読んだことないの?やれやれ、絶対気に入ると思うな。最初の一冊は『猫のゆりかご』をお薦めするわ」(「図書館の魔法」ジョー・ウォルトン より引用)

        ヴォネガットファンからはとても評価の高いSF。
        でも決してハードルは低くはない。少々難解な作風だ。

        なんとも人を食ったストーリーと語り口に、きっとあなたは面食らい、こんな本は読んだことがないと思われるに違いない。
        300ページにも満たない中篇の作品なのに小説の体裁が127の章からなっているのも特徴。

        【ストーリー】
        サン・ロレンゾ共和国という南海の島国にやってきたジョーナは、ボコノン教という宗教を知る。
        それは貧しさから脱出できない民に幸福感を与える方法は幻想しかないとして作られた宗教だった。
        ボコノン教は現大統領“パパ”・モンザーノにより厳しく禁止され弾圧されていたが、実はそれも意図あってのことであった。
        教祖ボコノンは絶対的善を大統領は対して悪を担うという役割分担がなされていたのだ。
        しかし絶対善と絶対悪を一人の人間の内で徹底することは精神的にあまりにも荷重な責務だった。
        絶対権力者の“パパ”の死をきっかけに人類滅亡へのカウント・ダウンが始まる。
        ハニカー博士の発明したアイス・ナインとは?
        3人の独特な子供たちが果たす役割とは?


        この小説の最大の魅力はボコノン教だと思われる。
        教祖ボコノンの教えを著した『ボコノンの書』には魅力的でシニカルな言葉が溢れている。
        例えばそれはこんな文章ではじまっているという。
        「わたしがこれから語ろうとするさまざま真実の事柄は、みんな真っ赤な嘘である」
        嘘を嘘と見抜ける人ならみんなボコノン教徒に改宗したくなるだろう。

        作者自身が本書の巻頭で「本書には真実はいっさいない。」と宣言している。
        それでもあなたはこの本の中に初めて出会う真実を見出すだろう。
        例えば〈カラース〉と〈グランファルーン〉という概念。
        〈カラース〉とは神の御心を行うチームであり、人類はそのようなチームの集合体である。
        自分の人生が誰かの人生とからみあったならその人物は〈カラース〉の一員である。
        しかし〈グランファルーン〉という偽の繋がりの集団のほうが一般に重要で大切だと勘違いしている人が多いものだ。
        それは国家や地方や学校といった括りを共有の価値を持った仲間と考えることをいう。

        つまり我々はいつもありもしないものを追い求め、ありもしないものを見ているつもりになってはいないか?
        『猫、いますか。ゆりかご、ありますか。』
        そうだ。あやとりの「猫のゆりかご」の中に猫はいないのだ。

        そして世界の終わりは突然に訪れる。
        それはなまじ虚構ではない。
        広島に落とされた原爆は世界の終わりを近い将来の現実にしてみせた。
        ヴォネガットは自らの従軍体験で戦争の罪を深く認識している作家だ。

        科学は人を幸せにしうるのか?真実の価値とは何か?
        SF作家である彼があえて科学者の罪を問うたのがこの書だったのではないか?

        様々な人類滅亡が想像されてきたと思うが、こんなアイディアはおそらく誰も思いつかないだろう。

        明るく乾いた笑いを含んだこの小説は、バカバカしくもとても哀しい。


        Cat's Cradle(猫のゆりかご)とはあやとりのこと。
        ですからこの本には猫は特に登場しません。
        猫本ではありませんので、ご注意くださいね。
        >> 続きを読む

        2014/12/22 by 月うさぎ

      • コメント 14件
    • 5人が本棚登録しています

出版年月 - 1979年7月発行,出版の書籍 | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト

会員登録(無料)

今月の課題図書
読書ログってこんなサービス
映画ログはこちら
読書ログさんの本棚